ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『ファニー・ガール(1968)』Funny Girl

http://static.rogerebert.com/uploads/movie/movie_poster/funny-girl-1968/large_4b5ZtYmVtwz5R0UDavj3rvQJrBj.jpg

『ファニー・ガール』とは

1968年のミュージカル映画
1920年代に活躍した喜劇女優ファニー・ブライスの半生を描いたブロードウェイ・ミュージカルを映画化したもの。
バーブラ・ストライサンドが映画初主演した作品で、アカデミー主演女優賞を獲得した作品。
アカデミー賞授賞式のスピーチで、劇中の台詞「Hello,gorgeous!」と言ったことは有名です。
「People」「Don't Rain on My Parade」「My Man」など有名なナンバーがあります。

あらすじ
「ファニー・ブライス」のネオンが光るウィンター・ガーデン劇場。
開場前のしばしの時間、ファニーは物思いに耽っていた――。
若い頃のファニーは、容姿の問題と度重なる失敗でコーラスガールを解雇されかけていたが、それが逆にウケ、評判が評判を呼び、ジークフェルド一座にスカウトされる。
ちょうどその頃、踊り子の間では有名だったギャンブラーのニック・アースティンと恋に落ち、二人は結婚して一女をもうける。
しかし、ニックの仕事がうまくいかなくなってから、ニックは「ミスター・ブライス」と呼ばれるようになり、自尊心を傷つけられ、ギャンブルに溺れるようになる。。。

 

 


I'M THE GREATEST STAR - BARBRA STREISAND

キャスト・スタッフ

監督…ウィリアム・ワイラー ハーバート・ロス

ファニー・ブライスバーブラ・ストライサンド
ニック・アースティン…オマー・シャリフ
ローズ・ブライス…ケイ・メドフォード
ジョージア・ジェームス…アン・フランシス
フローレンツ・ジークフェルド…ウォルター・ピジョン

感想

この映画の主人公のファニー・ブライスと同様に、バーブラ自身も一躍スターダムに上り詰めました。

映画初主演なのに、すでにバーブラ独特の個性が歌や演技に現れています。

「Don't Rain on My Parade」以外にも、「People」や「My Man」など、

全ての楽曲がいつ聴いても素晴らしいです。

ストライサンドは歌声を、時に力強く、時にはかなく、自由自在に変化させています。

圧倒的な歌唱力と表現力です!

この歌声を聴けるだけで、私にとっては、もう感動ものなのです(T_T)

 

お話は、ミューによくありがちなシンデレラ・ストーリーですが、

田舎娘から、ジークフェルドのレビューのスターまで、

バーブラ・ストライサンドの演技のふり幅の大きさには、何度も驚かされます。

 

実在の人物、ファニー・ブライスをモデルにしています。

1920年代当時、美人さんを各地から集めてつくっていたジークフェルドのレビューで、

お世辞にも美人とは言えないのに、花形として活躍していたのがブライスです。

が、作品中のエピソードは全て実話というわけではないようです。

例えば、ジークフェルドの考えに背き、

レビュー「美しい花嫁」で、妊婦の格好でウェディングドレスを着た場面などは、

スタッフの思いつきで、実際、ファニーとジークフェルドの間で、議論や言い争いはなかったそうです。


"People" from Funny Girl