ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『トップ・ハット(1935)』Top Hat

f:id:urara1989:20180211130948j:image

『トップ・ハット』とは

1935年公開のアメリカのミュージカル映画。 

アステア&ロジャースコンビの4作目。

音楽は「ホワイトクリスマス」などを手がけたアーヴィング・バーリン

舞台化され、2012年ウエストエンド で初演し、オリヴィエ賞を作品賞を含む3部門で受賞。

日本では宝塚歌劇団により2015年初演。

あらすじ

公演のためにロンドンを訪れていたブロードウェイダンサーのジェリーは、同じホテルに滞在していたモデルのデールに一目惚れしてしまう。

一時は心を通わせる2人だったが、ジェリーのことを友人の夫だと勘違いしたデールはベニスに逃れ、当てつけにデザイナーのアルベルトと結婚してしまう。

ジェリーは慌てて後を追うが…

キャスト

ジェリー  フレッド・アステア

デール  ジンジャー・ロジャース

ホレース  エドワード・エヴェレット・ホートン

アルベルト  エリック・ローズ

マージ  ヘレン・ブロデリック

ベイツ  エリック・ブロア

感想

ミュージカル映画黄金期の代名詞になるような作品で、アステア&ロジャースコンビの作品で一番評価が高いですが、お話の内容は『コンチネンタル』と瓜二つです。

音楽は、アーヴィング・バーリンによる秀逸な楽曲ばかりですが、なかでも「Cheek to Cheek 」は有名。


Fred Astaire - Cheek to Cheek

「Top Hat, White ties and Tails 」という曲がありますが、この作品でアステアのポートレイトでよく用いられる、シルクハットに黒燕尾のスタイルが定着したと言われています。

f:id:urara1989:20180211133501j:image

この映画では冒頭からアステアの華麗なタップダンスを楽しめます。

最初は、ホテルで自由気ままに踊ってしまう迷惑な客なのですが。

眠れない階下の彼女を思って、砂を撒いてその上でタップを踊るsand danceはロマンチックだなぁと思ってしまいました。

アステア&ロジャースは前回までの作品の成功で気持ちに余裕が出て、しかしその人気に驕ることなく、さらにダンスや歌、演技に磨きがかかったように思いました。

雨宿りしながらダンスする「Isn’t it a Lovely Day」もとてもチャーミングな一曲。


Top Hat: Isn't This a Lovely Day (To Be Caught in the Rain)

アステア&ロジャースは本当にevergreenですね。