ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『オン・ユア・フィート』2018.12.29.17:00 @シアタークリエ

f:id:urara1989:20190103223421j:image

『オン・ユア・フィート』とは

2015年にブロードウェイで初演されたジュークボックス・ミュージカル。

25回エミー賞を受賞したグロリアとエミリオのエステファン夫妻の人生を基にしている。

音楽は2人が手がけた楽曲が主に使用されているが、グロリアと彼女の娘エミリーが手がけたオリジナルナンバー「If I Never Got To Tell You」も劇中で歌われる。

あらすじ

歌の大好きなグロリアはキューバ移民の両親のもと、マイアミという開放的な場所で暮らしていたが、戦争によって身体が不自由な父親や妹の世話に追われ、歌の才能を発揮できずにいた。

ところがある日、祖母の計らいで、地元で名の知れたバンドのプロデューサー、エミリオ・エステファンの前で歌を披露することに。

それは輝かしいスターへの階段を駆け上がるとともに、栄光と挫折の日々の始まりでもあった。

f:id:urara1989:20190103223514j:image

キャスト

グロリア・エステファン 朝夏まなと

エミリオ・エステファン 渡辺大

レベッカ 青野紗穂

ホセ 栗原英雄

コンスエロ 久野綾希子

グロリア・ファハルド 一路真輝

リトル・グロリア  藤巻杏慈

リトル・エミリオ  木村咲哉

感想

こちらで2018年は観納めとなりました。

私は基本的にジュークボックス・ミュージカルというジャンルが苦手で、なるべく避けています。

ストーリーありきで後から歌が生まれる通常のミュージカルとは異なり、既存曲を組み合わせてストーリーを作ることが多いため、少し違和感が生まれてしまうことが多いからです。

最近のブロードウェイでもこのタイプの作品、非常に多いんですよね。

ジャージー・ボーイズ』は言うまでもありませんが、ヒットしているのはキャロル・キングの『Beautiful』やその他シェールの『Cher Show』など枚挙に暇がありません。

今回は、栗原英雄さん観たさ、そしてマチネで近くの劇場にいたこともありせっかくならということで、直前で観劇を決意しました。

↓ブロードウェイでの公演のtrailerです。


The Estefan's Story Comes To Broadway | ON YOUR FEET!

 観劇直後の感想です。

あまり予習をしていかなかったため、もちろんエステファンさんたちの音楽を聴いたことは一度もありませんでした。

さらにダンスミュージックのようなものは普段聴かないので、そこまで夢中になることはできなかったのですが、寒い冬にラテンダンスミュージックを聴くと体が温かくなりますね。

本作は特にグロリア・エステファンの人生にスポットを当てて描かれていました。

幼少期のグロリアが成長し、エミリオに出会い、スターダムに駆け上がっていく中で、想起シーンでエミリオの幼少期も部分的に描かれます。

朝夏さんは初めましてでしたが、声域的にもスタイルからしても、ものすごくラテン系のこの役がお似合いでした。

背が高いので非常に舞台映えしますね。

一路さんともお顔の系統が近いので、本当の親子のようで感情移入しやすかったです。

エミリオ役の渡辺さんは、母国語がスペイン語だけれど英語を話しているという設定なので、やや片言の日本語を話すのですが、これがものすごくお上手でした。

後でOBCRを聴くと、OBCもまさに同じイントネーションで話していたので、きっと耳のいい方なのだろうなと感じました。

栗原さんは『リトル・ナイト・ミュージック』以来ですが、今回はグロリアのパパ役。

多発性硬化症に罹患している難しい役柄でしたが、見事に演じられていました。

そして、リトル・エミリオにはなんと『ビリー・エリオット日本初演時のビリーのひとりである木村咲哉がキャスティングされていましたが、終演後の帰り道でようやく気づきました。

「On Your Feet=自分の足で立ち上がる」

グロリアは母と衝突しながらも、エミリオとの出会いを通して「自分の足で立ち上がり」次々と歌手として夢を叶えていきますが、思いがけず病に倒れ、もう一度夢のために、家族のために「自分の足で立ち上がる」決意をするところに、彼女の力強さを感じました。