ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『戯伝写楽2018』2018.1.25.so

f:id:urara1989:20180128095851j:image

『戯伝写楽2018』とは

2010年に上演された、脚本・中島かずき、音楽・立川智也の『戯伝写楽』を、作詞・森雪之丞、演出・河原雅彦によりリニューアルされたミュージカル。

あらすじ

たった10ヶ月の間に、145点余の作品を残し、忽然と姿を消した浮世絵師、東洲斎写楽

写楽は女だったという発想で写楽に迫りながら、喜多川歌麿葛飾北斎十返舎一九大田南畝(別号・蜀山人)など、寛政の時代に己の才能のまま、熱く自由に生きる芸術家たちの姿を描く。

キャスト

藤十郎兵衛  橋本さとし

おせい  中川翔子

喜多川歌麿  小西遼生

与七  東山義久

浮雲  壮一帆

鶴屋喜左衛門  池下重大

鉄蔵  山崎樹範

大田南畝  吉野圭吾

蔦屋重三郎  村井國夫

感想

リニューアル前の作品は観ておらず初観劇でした。

東京芸術劇場のPlayhouseにて。

平日夕方でしたので、ガラガラの2階席より観劇いたしました。

心に残る音楽は少なかったですが、随所のギャグで笑いが度々起こり、飽きずに楽しめました。

やはり村井國夫さん、素晴らしいお声。

橋本さとしさんのエンジニア感、といいますか、自分の名声を気にして悪いことするけど実は情にあつい感じが、まさに適役でした。

舞台全体を引っ張っていらっしゃいましたね。

そして、予想外の名演だったしょこたん

舞台のしょこたんは初めてでしたが、いつものコケティッシュさを捨て、絵を描くことに取り憑かれたおせんを熱演されていました。

よかったです。

東山さんもお久しぶりにお会いできてよかったなぁ。

うーん、題材がいいので、少し期待してしまった分、ちょっと残念でした。

アクションシーンや演技は素晴らしいのですが、やっぱりミュージカル好きとしてはもう数曲メロディアスな音楽を加え、間延びしてしまったシーンをカットしていただければと思いました。

日本産ミュージカルは、劇団四季のオリジナル作品、ミュージカル座、秋田のわらび座などをこれまで観て来ましたが、これからも機会を見つけて観にいきたいです。