ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『ニュージーズ(1992)』Newsies

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/M/MV5BMjVjNWM5MjgtYzdhMy00N2E4LWJlMmYtM2JmMDFjNGFjZDk3XkEyXkFqcGdeQXVyNTAyODkwOQ@@._V1_UX182_CR0,0,182,268_AL_.jpg

『ニュージーズ』とは

1992年公開のディズニーによるミュージカル映画

『アラジン』『美女と野獣』などのディズニールネサンスを築いたアラン・メンケンが楽曲を担当した。

『ハイスクールミュージカル』シリーズのケニー・オルテガの監督デビュー作でもある。

この映画は舞台化され、2012年にブロードウェイで初演された。

https://timeentertainment.files.wordpress.com/2012/05/christian_bale_03.jpg?w=600

あらすじ

1980年代、ニューヨーク。

孤児の少年ジャック・カウボーイ・ケリーは新聞販売少年Newsies仲間とともに、ピューリッツァーの元で、新聞売りとして生計を立てていた。

ライバル社ハーストに勝つために、ピューリッツァーは新聞を値上げし、Newsiesの取り分をさらに減らした。

不当な給料に抗議するため、少年たちは結託してストライキをしようと計画するが・・・

キャスト

ジャック"カウボーイ"ケリー クリスチャン・ベール

デイヴィッド・ジェイコブズ デイヴィッド・モスコウ

レス・ジェイコブズ ルーク・エドワーズ

サラ・ジェイコブズ エル・キーツ

メダ・ラークソン アン=マーグレット

ブライアン・デントン ビル・プルマン

感想

隠れた名作と陰ながら呼ばれているミュージカル作品。

アラン・メンケン、この作品でもいい仕事をされています。音楽が素晴らしいです。

これは、舞台化によってアレンジされて、一層際立つようになりましたね。

「Seize the Day」「Carrying the Banner」「King of New York」など名曲揃いです。

特に「King of New York」はテレビやラジオでも挿入曲としてよく用いられているので、聞いたことがある方も多いのでは?

新聞売りの少年達が知恵を使って、欲にまみれた大人達に、自分たちの権利を主張する物語。

弱いものが集まって力を合わせて圧倒的強者に打ち勝つストーリーは何度見ても気持ちいいものです。

出演者がほとんど男性であるため、劇中のダンスはアクロバティックなものが多く、見ごたえがあります。

男性ばかりのミュージカルというと、『ウエストサイド物語』を連想してしまいますが、まさにそういう男臭さ満載の場面が多いです。

ドラマ色が強いので、ミュージカル映画という枠組みにこだわらず、普通に物語を楽しみながら観ることができます。

ぜひ様々な方に観ていただきたいです。


Newsies: King of New York

 

舞台版はすでにクローズしてしまっているので、いつかまたどこかで巡り会えますようにと心から祈っています。

日本版も可能だと思うのですが、いかがなものでしょう、劇団四季さん?


Carrying the Banner - Newsies - Good Morning America