ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『雨に唄えば(1952)』Singin' in the Rain

http://www.nylon.jp/blog/miri/files/2014/10/Singing_in_the_rain_poster.jpg

雨に唄えば』とは

有名すぎるほど有名なミュージカル映画
MGM制作で、ジーン・ケリーが、監督&主演を務めています。
タイトル曲「雨に唄えば」がとても有名。
この曲は、このミュージカル映画がつくられる以前にプロデューサーであるアーサー・フリードの作曲により既に完成していて、MGM初期作で歌われていたらしいです。
無声映画からトーキー映画への移行期の、映画界の裏側を描いたコメディー。
日本では、宝塚による公演が多い。
作品中には、MGM初期のミュージカル映画である『ブロードウェイ・メロディー』の制作過程が描かれている箇所があり、MGMの歴史を描いた作品とも言える。。。みたいです。

あらすじ
無声映画からトーキー映画へ移り変わろうとしていた時代。
ドンとリーナは、名コンビとして映画界のトップスターとなり、一世を風靡していた。
しかし、トーキー映画の導入により、ある問題が発生する。
リーナは顔にふつりあいな悪声の持ち主だったのだ。
ドンの親友であるコズモの発案で、ドンの恋人である新米女優のキャシーをリーナの吹き替え役に採用することに。
以前キャシーに嫌なことをされたことがあり、プライドの高いリーナは、このことを知って憤慨する。
さらに、ドンに気があるリーナは、キャシーとドンの仲をよく思っていない。
リーナは裏の手を使い、映画会社を追い詰めるが、とうとう映画試写会当日となる・・・

キャスト・スタッフ

監督…ジーン・ケリースタンリー・ドーネン

ドン…ジーン・ケリー
キャシー…デビー・レイノルズ
コズモ…ドナルド・オコナー
リーナ…ジーン・ヘイゲン
ゼルダ…リタ・モレノ(←こんなところに!のちの映画『ウェストサイド物語』のアニタ役)

感想

見どころは、随所随所で登場するジーン・ケリー(ドン役)とドナルド・オコナー(コズモ役)の圧倒的なダンスシーン。
スピード感に溢れて、激しい難しそうな動きを、いとも簡単にこなしていく様子は、観ていて爽快です。
とくに、ドナルド・オコナーによる「Make 'em Laugh」は、素晴らしすぎて、何度もリピートして観たくなってしまうほど!
いまいちど観ても、驚異的な動き方ですwww
この場面のオコナーは、無敵の喜劇俳優です~!!

また、書かずにはいられないのは、有名な、あの雨の中を歌い踊るシーン♪
どうやったらリーナの悪声を克服できるのかを、キャシーやコズモとともに夜通し考え抜いた末、
キャシーが吹き替えを担当するというアイディアを得て、
キャシーを無事に家まで送り届け、上機嫌で帰宅するところ。
雨が降っているのに、タクシーを使わず、傘を片手にルンルン♪
歌の最後に、傘を通行人にあげてしまうという部分からも、ごきげんぶりがよく分かります。

悪声でさんざんな目に遭うリーナ役の女優は、あれが地声なのか作っている声なのか、よくわかりませんでしたが、本当にお粗末なキンキン声!
地声だとしたら、よくあんな声の役者を探してきたなぁ、と思うし、
作っている声なのだとしたら、よく自然にあんな声が出せるなぁ、と思うし、
いずれにしろ、いい悪役でしたww


Singin' in the Rain Trailer