ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『ONCE ダブリンの街角で(2007)』Once

https://static.rogerebert.com/uploads/movie/movie_poster/once-2007/large_rYTm7urLOyTO1NsCwdxJkGjHUMd.jpg

ONCE ダブリンの街角で』とは

アイルランドミュージカル映画

映画の撮影前からthe swell seasonsとして活動していたミュージシャンのグレン・ハンサードとマルケタ・イルグロヴァの2人が主演し、映画のオリジナル曲の全ての作曲と演奏を行っている。

楽曲「Falling Slowly」は第80回アカデミー賞歌曲賞を受賞し、サントラは全米チャート2位、グラミー賞ノミネートと好評であった。

この映画を元に同名のミュージカルが制作され、2012年にブロードウェイで初演された。

あらすじ

ダブリンのストリートミュージシャンである30代の"男"がいつものように歌っていると、チェコ移民の花売りの"女"が"男"の歌に惹かれて近づいてくる。

"女"と"男"が音楽を通して距離を縮めていく様子が描かれていく。

キャスト

男 グレン・ハンサード

女 マルケタ・イルグロヴァ

ティミー(ドラマー) ヒュー・ウォルシュ

リード(ギタリスト) ゲリー・ヘンドリック

ベーシスト アラスター・フォーリー

エイモン ゲオフ・ミノゲ

男の父 ビル・ホドネット

女の母 ダヌシュ・クトレストヴァ

感想

ダブリンを舞台に、手持ちのラフな撮影で、音楽を通した男女の束の間の心の触れ合いが描かれています。

2人ともミュージシャンであり、下手に演技している感じがない、自然な演技で、何かドキュメンタリーを見ているような錯覚に陥りそうになるような作品です。

実際に、この作品の制作中にプライベートでも互いに惹かれあっていたという2人。

時折見られる様々な恋する表情は、演技ではなかったのかも。


Once - main trailer

アカデミー賞を受賞した「Falling Slowly」をはじめ、楽曲がとにかく素晴らしいです。

歌詞を何度も味わいながら聴きたくなります。

そして、2人の歌声が優しく、時に強く、心に響きます。

楽器店に入り、女がピアノ、男がギターで「Falling Slowly」を歌うシーンは初めて見た時鳥肌が立ちました。

I don't know you, but I need you.

この曲が最後にrepriseするときは、また違った感慨に浸ってしまいました。

この辺りを説明するとネタバレになってしまうので。

ブロードウェイでミュージカル化される時は、映画で主演した2人も制作に携わり、その年のトニー賞8部門受賞の快挙を成し遂げました。

まだ見たことがないので、いつか見たいですね。

↓ブロードウェイミュージカル『Once』のトニー賞授賞式でのパフォーマンス


The cast of Once performing at the 2012 Tony Awards

『ふしぎの国のアリス(1951)』Alice in Wonderland

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/M/MV5BMTgyMjM2NTAxMF5BMl5BanBnXkFtZTgwNjU1NDc2MTE@._V1_UY1200_CR88,0,630,1200_AL_.jpg

ふしぎの国のアリス』とは

1951年のディズニーによるミュージカルアニメ映画。

原作はルイス・キャロルによる同名小説。

あらすじ

ある日の昼下がり、静かな川辺の野原で、アリスは姉と一緒に本を読んでいたが、退屈していた。その時、アリスはチョッキを着ている白うさぎが大きな懐中時計を持って走り去るのを目撃し、急いで追いかけるのだった。

キャスト(吹替)

アリス キャサリン・ボーモント(土井美加

白うさぎ ビル・トンプソン(牛井茂)

ドードー ビル・トンプソン(吉水慶

ハートの女王 ヴェルナ・フェルトン(小沢寿美恵)

マッドハッター(いかれ帽子屋) エド・ウィン(西本裕之)

三月うさぎ ジェリー・コロンナ(逢坂秀実)

チェシャ猫 スターリング・ホロウェイ(関時男)

イモムシ リチャード・ヘイデン(玉城伸吾)

感想

VHS世代です。

幼少期の心象風景の一部ですね。

ミュージカル映画の印象はないかもしれませんが、劇中には17曲の楽曲が使用されており、ミュージカル映画に分類されます。

冒頭のタイトル曲は、サウンドトラックの域を超えて、様々なアーテイストにカバーされ、特にBill Evansのものは有名ですね。

やはり、アリスの金髪に青のドレス、白のエプロンというスタイルが、私の中のアリスのイメージとして定着してしまっています。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/M/MV5BMTQyMDk4ODMwN15BMl5BanBnXkFtZTcwMjg4NDg1NA@@._V1_.jpg

他の同年代のディズニー作品に多かったプリンセスシリーズと比べると、アリスは普通の女の子であり、独特なカオスの世界観があり、当時でも異色だったようです。

私は日本語版しか見たことがないのですが、もしかしたら英語版では原作小説に見られるような言葉遊びもあるのかもしれません。

シンプルですが、耳に残る楽曲「Alice in Wonderland」「In A World of My Own」「All In the Golden Afternoon」なども魅力です。

幼少期に見ていてやはりセイウチと大工のシーンは印象に残っていて、なんでカレンダーでAprilのrが赤く点滅するんだろうとふしぎに思っていましたが、牡蠣の食べごろの時期であるrのつく月であることを強調しているんですね。

たまにこのカオスの世界に迷い込みたくて、見てしまうふしぎな物語です。


(Original 1951) Alice In Wonderland Trailer

『レント(2005)』Rent

https://i.ytimg.com/vi/FOaLc1Wb7ps/movieposter.jpg

『レント』とは

1996年オフブロードウェイ初演の同名ミュージカルを映画化したもの。

元々の舞台は、プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』を元に、パリからニューヨークに設定を変え、若い芸術家たちの群像劇を描いている。

ジョナサン・ラーソンという一人のミュージカル作家により、構想立案、作詞、作曲まで行われた。

彼はブロードウェイプレビュー公演初日に35歳の若さで急逝している。

映画版では、ミミ(妊娠のため辞退)とジョアン(年齢のため辞退)以外、オリジナルキャストが演じている。

あらすじ

1989年12月24日から1年間のニューヨーク・イーストヴィレッジが舞台。元ロックミュージシャンのロジャーとルームメイトで自称映像作家のマークは、スクウォッターハウス化した倉庫ビルを占拠してボヘミアン的な生活を送っているが、ビルのオーナーのベニーから滞納している家賃(rent)を払うか退去するよう求められる。彼らを中心に、ゴーゴーダンサーのミミ、ニューヨーク大学講師でハッカーのコリンズ、ストリートドラマーでドラッグクイーンのエンジェル、アングラパフォーマーのモーリーン、ハーバード大卒の弁護士ジョアンらが、貧困と病魔に苛まれる日々の中に愛と生きることの喜びを見出していく。

キャスト

マーク(straight) アンソニー・ラップ

ロジャー(HIV+,straight) アダム・パスカル

コリンズ(HIV+,gay) ジェシー・L・マーティン

エンジェル(HIV+,gay) ウィルソン・ジャーメイン・ヘレディア

ミミ(HIV+,straight) ロザリオ・ドーソン

ベニー(straight) テイ・ディグス

ジョアン(lesbian) トレイシー・トムズ

モーリーン(bisexual) イディナ・メンゼル

感想

大好きな作品で、呆れるほど何回も見ています。

舞台版はセリフがほとんどなく、全て歌という、オペレッタ形式ですが、映画ではVoice Mailをはじめ、部分的に歌なしでセリフのみにしています。

また、冒頭に作品のテーマ的な代表曲「Seasons of Love」が歌われますが、舞台では二幕の冒頭に歌われるなどの違いがあります。

「Seasons of Love」は、ホリデーシーズンに街中でもよくかかるようになりましたね。

さあ、あなたは一年をどのように数えますか。


Seasons of Love (HD)

芸術家の肖像、ニューヨークで夢を追うこと、友情、異性愛、同性愛、両性愛、貧困、不治の病、仲間割れ、友人の死、日々を大切に生きること・・・

『レント』にはそういった多くのテーマがあり、何度見ても、その時その時の悩みを抱えている心に響きます。

また、ラーソンによる歌詞は韻を踏んでいたり、一つ一つ味わい深いです。

rentとは、家賃の意味ですが、元々はrendの過去形・過去分詞形です。

タイトル曲の最後の「Because everything is rent」は「すべては借りられたもの」つまり「すべては神様のもの(神様からの借り物)」と理解できます。

エンジェルが、ベニーの飼っているエビータという秋田犬を始末するエピソードも、非常に興味深いです。

Akita, Evitaと韻を踏んでいるだけではないのです。

1990年当時のブロードウェイ界隈は、アンドリュー・ロイドウェバーの『エビータ』をはじめとしたロンドンのウェストエンドの作品が劇場街を占め、ブロードウェイオリジナルの作品は下火でした。

ラーソンはそういった状況を憂い、ブロードウェイのかつての活気を取り戻して欲しいと思い、「エビータを始末した」のです。

余談ですが、秋田犬は当時のニューヨークで高級犬として扱われており、拝金主義のベニーを象徴していたのですね。

キャストはほぼ舞台版のキャストが担当しているため、それぞれ演じ込まれており、個性が際立っています。

言うことなしですね。

モーリーン役で一躍注目を浴びたイディナ・メンゼルは、『ウィキッド』エルファバ役でトニー賞受賞、『アナと雪の女王』エルサ役などを演じていますが、本作のモーリーンのステージパフォーマンスは決してオーバーではなく、89年当時まさにあのような前衛的なパフォーマーがニューヨークに多くいたそうです。


Rent (2005) - Trailer

それぞれが傷を抱えながらも、自分の愛に忠実に生きていこうともがいている姿に、いつしか自分を重ねているのです。

『舞妓はレディ(2014)』Lady Maiko

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/024/954/52/N000/000/022/141119046882504633179.jpg

『舞妓はレディ』とは

2014年公開の周防正行監督による日本のオリジナルミュージカル映画

タイトルは『マイ・フェア・レディ』をもじったもの。

主役は半年のオーディションを経て、上白石萌音が選ばれた。

あらすじ

京都の花街、下八軒の芸舞妓は後継者不足に悩まされ、老舗のお茶屋・万寿楽の百春が12年も襟替えをできずたった一人の舞妓を続け、他はアルバイトの舞妓に頼っている状態だった。その万寿楽に、きつい訛りの鹿児島弁と津軽弁を話す少女・春子が突然訪れ、舞妓になりたいと訴える。誰からの紹介もない春子は、女将の千春に門前払いされるが、研究のために万寿楽に出入りしている言語学者の京野は、逆に強く興味を惹かれ、春子の後見人となる。

キャスト

西郷春子 上白石萌音

小島千春 富司純子(舞妓時代:大原櫻子

百春 田畑智子

里春 草刈民代

豆春 渡辺えり

青木富夫 竹中直人

京野法嗣 長谷川博己

北野織吉 岸部一徳

高井良雄 高嶋政宏

市川勘八郎 小日向文世

西野秋平 濱田岳

感想

この映画は映画館で観ました。

日本的な題材を使いながら、古典ミュージカルへオマージュを捧げている本作は、透き通るような歌声を持つ上白石萌音ちゃんと脇を固める豪華俳優陣によって演じられています。

マイ・フェア・レディ』との類似点は、方言を話す女性が男性言語学者によって方言を矯正される、という点。

さらに、「京都の盆地に雨が降る」の「京都の雨は大体盆地に降るんやろか」は、イライザが「-ain」の訓練に使った「The Rain in Spain」の中の「The rain in Spain stays mainly in the plain」から来ているのでしょう。

さて、着物を着て踊るのはなかなか難しそうに思うのですが、軽くジャンプするなど、着物でも動きやすい動作を工夫してありました。

普段歌うことのないみなさんが歌われていますが、みなさんお上手でした。

しかし、何と言ってもやはり上白石萌音ちゃんの初々しさ、潜在能力の高さはピカイチ。

「これが恋」などは魅力全開でしたね。

日本の映画で、突然歌い出すシーンはやはり違和感を持たずにはいられませんが、京都の街とミュージカルシーンが合わさって、他の作品にはない魅力がある一作です。


映画『舞妓はレディ』予告編

『王様の耳はロバの耳』2017.12.23.ma

f:id:urara1989:20171224201836j:image

『王様の耳はロバの耳』とは

1965年初演の劇団四季によるファミリーミュージカル。

同名の童話が原作。

作は寺山修司。作曲はいずみたく

あらすじ

昔々ある国に、とてもわがままな王様がいた。その王様の髪を切るために、床屋たちが次々とお城に行くのだが、誰も帰ってこない。ついにその国では床屋がたった一人になってしまう。しかし、その若い床屋もお城に呼ばれてしまう。そこで彼は、王様の耳がロバの耳であることを見つけてしまう。この秘密を守るため、今まで呼ばれた床屋は城に閉じ込められ、貧しい食事しか与えられていなかったのだ。国に1人くらい床屋を残しておこうと、その若い床屋は秘密を守る代わりに国に返すが守らなければ父親を殺すと言う。仕方なく承諾した床屋は国へ帰るが、我慢できず森の木にそのことを言うと、木がその言葉を繰り返し言うようになる。

f:id:urara1989:20171224201916j:image

キャスト

王様 牧野公昭

ローストビーフ卿 青羽剛

アブラハムハム公爵夫人 八重沢真美

黒い探偵 鎌滝健太

詩人チキン 野村数幾

将軍ボイルドエッグ 中橋耕平

床屋 鈴本務

ニボシ 神保幸由

ナタネ 柴本優澄美

陽だまりの精 小林由希子

ウメボシ 松尾千歳

アンズ 中村ひかり

スモモ 小山百合恵

ナマボシ・ミリンボシ 前田員範

キリボシ 村田晃一

バラの精 柿野麻季

蝶の精 小澤真琴

露の精 杉野早季

綿毛の精 深沢萌華

街の女たち/朝焼けの精 林美菜子

街の女たち/夕暮れの精 池浦紗都子

街の男たち/木の精/兵士 市田繕章

街の男たち/木の精/兵士 田川雄理

いばらの精/将軍 文永傑

f:id:urara1989:20171224201927j:image

感想

みなさんメリークリスマス!

クリスマスイヴに行ってきました。

前日にチケットをたまたま見直したところ、開演時間が11時半であることを発見。

危うく遅れて行くところでした。

ファミリーミュージカルは通常公演とは開演時間が違うので要注意です。

さて、今回は2階最前列からの観劇。

自由劇場のコンパクトな舞台にこれだけの出演者なので、群舞や形態変化など2階からだと見応えがありました。

今まで観たファミリーミュージカルの中で一番対象年齢は低いかなと思いました。

幼稚園〜小学校低学年向け。

2幕で、客席もみんなで歌を歌って、王に真実を言うことの大切さを伝えるのは、『魔法をすてたマジョリン』に似ていますね。

キャストはほとんど初めましてでした。

八重沢真美さんは『マンマ・ミーア』以来とお久しぶり。

相変わらずお美しかったです。

ストーリーはシンプルで、何度も繰り返される「王様の耳はロバの耳」のフレーズは園児たちも簡単に覚えられるものになっています。

夜の森の様子の電飾とか、森の精たちのキャラクターが際立つ衣装、聞き取りやすいセリフから、当時の天井桟敷ってこんな感じだったのかなと思い、故・寺山修司を偲びました。

劇団四季のファミリーミュージカルはバラエティに富んでいるので、まだまだ観たことのない作品ばかり。

機会を逃さず観劇を続けていきたいと思います。


劇団四季:王様の耳はロバの耳:プロモーションVTR

『マペットめざせブロードウェイ!(1984)』The Muppets Take Manhattan

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/thumb/d/dd/Muppets_take_manhattan.jpg/220px-Muppets_take_manhattan.jpg

マペットめざせブロードウェイ!』とは

セサミストリートで知られるジム・ヘンソンによるマペットを用いたミュージカル映画

同じキャラクターのマペットを使った映画としては、『マペットの夢見る映画』、『マペットの大冒険/宝石泥棒をつかまえろ!』に続く3作目。

日本ではVHSのみでDVD未発売。

あらすじ

カーミットたちは大学の卒業式に上演した『ブロードウェイ・メロディ』というショーをブロードウェイで上演しようと、ニューヨークにやってきた。しかし、資金がなく仲間たちは仕事を求めてマンハッタンを去ってしまう。落胆したカーミットだったが、雇われたレストランの看板娘ジェニーとともに夢の実現のための作戦を立てる。一方、ミス・ピギーは思い人であるカーミットを忘れられず、密かにマンハッタンい戻ってきていた。しかし、ジェニーと仲良くハグするカーミットを見かけたピギーは激しく嫉妬する。・・・ブロードウェイで上演することは果たしてできるのか。

キャスト

カーミット、ウォルドーフ、ロルフ、Dr. ティース、スウィーディッシュ・シェフ、アーニー、ニュースキャスター、馬技師・・・ジム・ヘンソン

ミス・ピギー、フォジー、アニマル、バート、サム、クッキーモンスター・・・フランク・オズ

ゴンゾ、ズート、チェスター、ビル・マペットペンギン、ブンゼン・・・デイヴ・ゴールズ

カミラ、ルージーランド、フロイド、クレイジーハリー、ポップス、犬・・・ジェリー・ネルソン

リゾ、ギル、犬・・・スティーブ・ホイットマニア

スクーター、スタトラー、ジャニス、ビーカー、犬・・・リチャード・ハント

感想

日本DVD未発売、ということでNetflixで視聴しました。

マペットを見ると、セサミーストリートのような子供向け作品を連想しますが、決して子供向けではなく、幅広い年齢層を意識した作品になっています。

かといってR指定はなく、ファミリーフレンドリーです。

ジム・ヘンソンは、元々セサミストリートのような子供向け作品を作りたかったわけではないようで、本来のスタイルはこの映画に近いそうです。

カエルのカーミットとブタのミス・ピギーは、キャラクターとして何度か見かけたことがありますが、作品の中で見るのは初めてでした。

映画についてですが、ストーリーとしてはマペットたちがなんとか頑張ってブロードウェイでミュージカルを上演しようと奮闘するというもの。

実際にニューヨークの各地でロケされていて、ニューヨークに行かれたことのある方ならきっと懐かしくなるのではないかなと思います。

ジェニーに嫉妬するミス・ピギーがとにかく可愛いんです。

ミュージカルナンバーはそれほど多くないですが、シンプルで軽快なナンバーばかりです。

マペットの動きが非常に自然で、途中どういう風に操作しているのかなって不思議に思っていたのですが、メイキングを見たら納得しました。


The Making of "The Muppets Take Manhattan"

キャストを見るとわかるように、声の多くを製作陣が担当しているんです。

しかも、一人で何役も。

上の映像(4:18-)のように、babiesマペットの可愛い映像からは想像できませんが、babiesの声があんなおじさまから出ているとは・・・アテレコ現場がシュールすぎ。

babiesマペットが可愛すぎる「I'm gonna always love you」↓


I'm Gonna Always Love You - The Muppets Take Manhattan

楽しいナンバー♡「Somebody's getting married」↓


Somebody's getting married - muppet takes Manhatten

セサミーストリートのメンバーも友情出演しています。

実は、カメオ出演で、あるシーンでライザ・ミネリも出演しているので、探して見てください。

ブロードウェイミュージカル『アヴェニューQ』は、これらの映画にインスパイアされたんだと思うのですが、見た目とは裏腹にこちらは内容が大人向けなので、ご注意ください。

↓『Avenue Q』からの一コマ。


AVENUE Q - 'Everybody's a Little Racist,' Broadway Cast

 

『プリンス・オブ・エジプト(1998)』The Prince of Egypt

http://muryo-eiga.com/data/content/SID0025449/SID0025449_main.png

『プリンス・オブ・エジプト』とは

ドリームワークスによるミュージカル・アニメ映画。

スティーブン・スピルバーグがその製作に関わった。

旧約聖書出エジプト記にある、モーセによるイスラエル人のエジプト脱出を描いている。

音楽は『ウィキッド』や『ゴッドスペル』などのステファン・シュワルツによる。

あらすじ

はるか昔のエジプト。ナイル川のほとりに住み着いたイスラエル人はエジプト王の奴隷として虐げられていた。ヘブライ人の増加と反乱を恐れたエジプト王ファラオは生まれてきた男子全てを殺す命令を下す。その最中、我が子を殺させまいとパピルスの籠に入れてナイル川に流した母親がいた。その子は流れ着いた先でエジプト女王に拾われ、モーセとなづけられ、実の子のように大切に育てられた。

時は過ぎ、エジプトの王子として成長したモーセは、自分のことを弟と呼ぶミリアムと偶然出会う。遠き日の記憶が錯綜し混乱する。そんなある日、奴隷のヘブライ人の老人が鞭で打たれているところを制止しようとしたところ、誤ってエジプト人を殺害してしまう。弟を庇おうとするラメセスを振り切り、モーセは砂漠へ放浪の旅に出る。

キャスト(吹替)/歌(歌の吹替)

モーセ ヴァル・キルマー寺脇康文)/アーミック・バイラム(森田浩貴)

ラメセス レイフ・ファインズ椎名桔平)/レイフ・ファインズ(水野賢司)

ツィッポラ ミシェル・ファイファー天海祐希)/ミシェル・ファイファー(しらいみちよ)

ミリアム サンドラ・ブロック(吉岡小鼓音)/サリー・ドゥワースキー(新里久良良)

感想

何気なく見始めましたが、想像以上に聖書に忠実、かつ映像が美しかったので、印象に残っています。

私は今のところクリスチャンではないですし、おそらく多くの日本人と同じく聖書に関して無知なのですが、ロイドウェバー作品などを観る上でも聖書の最低限の知識は必要なので、何冊か関連本を読みました。

旧約聖書に関して、要点を押さえて概略を知ることができるのは、岩波少年文庫の『旧約聖書物語』です。中学生以上向けで子ども向けですが、大人でも導入本としてはうってつけかと思いますのでぜひ。

さて、この作品は、モーセの出生からヘブライ人らを引き連れ、紅海を渡ってエジプトを脱出するまでを描いています。

モーセに焦点を当てながらも、大きな軸となっているのは兄と慕ったラメセスとの兄弟愛、分裂を描いた大河ドラマです。

曲は少ないながらも、シュワルツによる印象的な楽曲となっていました。

また、何と言っても映像美。

紅海が割れる様子や、割れた断面にクジラが泳いでいる場面などは鳥肌が立ちました。

聖書については、日本の公立学校ではなかなか扱わないのに、ヨーロッパ絵画をはじめ西洋芸術を理解しようとすると必ず最低限の知識を求められます。

この映画は小学校低学年でも十分理解できる描き方で旧約聖書の一部を描いているので、聖書の優れた教材なのではないかと密かに思っています。


The Prince of Egypt - Trailer

アカデミー歌曲賞を受賞した「When You Believe」↓実際には同曲のホイットニー・ヒューストンマライア・キャリーver.が受賞。


When You Believe - The Prince Of Egypt