ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる舞台ミュージカルを中心とした、ミュージカル映画、演劇、オペラに関するブログ

『Just Around the Corner(1938)』

f:id:urara1989:20210418101514j:plain

 

『Just Around the Corner(1938)』とは

1938年の20世紀フォックスによるミュージカル映画

原作はポール・ジェラルド・スミスによる小説『Lucky Penny』。

監督はアーヴィング・カミングス。 

日本未公開のため、邦題はない。

あらすじ

寄宿学校に通う10歳の女の子ペニーは突然帰省するように言われる。

久しぶりに父親と過ごせると喜ぶペニーだったが、帰ってみると元々住んでいたペントハウスには別人が住んでおり、父親は地下に住んでいた。

建築家の父親は新事業に対して多額の融資を受けており、ペントハウスを引き払い、ペニーの通学も停止しなければならないほど経済的に追い詰められていた。

そんな父親をペニーは健気に励まし、家事の手伝いをする。

ペントハウスに住んでいた時はペニーの家で給仕をしていたウォーターは、以前とはすっかり態度が変わり、ことあるごとにペニーの態度が悪いことを指摘するが、優しいキティやガス、ジョーンズなどのホテルスタッフとペニーは楽しく暮らした。

ペニーの父親はローラと親しくなるが、ローラの伯父サムは建築家としてペニーの父親を一度雇ったものの契約を打ち切ってしまう。

ローラがサムに掛け合うが、状況はさらに悪化してしまう。

ペニーはある日、サムが詰問されているところを見かけ、彼をアンクル・サムアメリカを擬人化したキャラクター)と勘違いし助ける。

キャスト

ペニー・ヘイル  シャーリー・テンプル

ティー  ジョーン・デイヴィス

ジェフ・ヘイル  チャールズ・ファレル

ローラ  アマンダ・ダフ

ジョーンズ  ビル・ロビンソン

ガス  バート・ラー

ウォーターズ  フランクリン・パンボーン

ジュリア  コーラ・ウィザースプーン

サミュエル・G・ヘンショウ  クロード・ギリングウォーター

ミルトン  ベニー・バートレット

感想

日本では未公開のため邦題はありませんが、もし邦題をつけるとしたら『幸せはすぐそばに』などとなるのでしょうか。

シャーリー・テンプルがお決まりの筋書きで、場を明るくしてくれます。

経済難にある父親を健気に手伝う様子は「小さな奥さん」とでも呼びたくなるほど、とても可愛らしいです。

たくさんの犬が登場しますが、その中にテンプルちゃんが実際に飼っていた犬Ching-Ching Ⅱもいたそうです。

ビル・ロビンソンとのタップダンスを交えたミュージカルシーンは何度見ても楽しいものです。

▼「A Happy Little Ditty」


www.youtube.com

父親がボルネオに行くという話が持ち上がり、何とか父親をとどまらせたいペニーはショーを企画し、お金を集めようとします。

その時のナンバー「I Love to Walk in the Rain」。

黄色い雨合羽を羽織ったペニーが雨の中をお散歩するナンバーです。

舞台上のセットの手作り感とともに、よく観察するとカエルの目が動いているなど凝った作りになっている点も注目してみたいところです。

雨の中を歌うといえば「Singin' In the Rain」もありますが、こちらも非常にiconicだと感じました。

▼「I Love to Walk in the Rain」


www.youtube.com

残念ながらこの作品でのキャスティングについて、テンプルちゃんの母親が難色を示したことがきっかけで、テンプルちゃんの20世紀フォックスとの契約は終焉へと向かっていきます。

『ハーヴェイ・ガールズ(1946)』The Harvey Girls

f:id:urara1989:20110208124836j:plain

 

『ハーヴェイ・ガールズ(1946)』とは

1946年のMGMによるミュージカル映画

実在したハーヴェイ・ハウスのウェイトレスについて書かれた1942年の同名小説を基にしている。

ミュージカルナンバーの作曲はハリー・ウォレン、作詞はジョニー・マーサー。

監督はジョージ・シドニー

あらすじ

1890年代、ハーヴェイ・ハウスというレストランでウェイトレスとして働くため、各地から女性たちが鉄道でアリゾナ州サンドロックに向かっていた。

そんな中、スーザンだけは広告を介して知り合ったまだ見ぬ相手と結婚するためにサンドロックに向かっていた。

スーザンは不安に思いながら、彼から受け取った手紙に書かれていた美しい文章を思い返していた。

しかし、実際にその男性は老人でスーザンの理想とは程遠く、彼自身は結婚願望がそれほどなかったため、すぐに結婚を取りやめることになった。

しかもスーザンが受け取った手紙を書いたのは彼ではなくネッドという別の男性だった。

スーザンはネッドに腹を立てながらも惹かれていく。

結婚が無くなったスーザンはハーヴェイ・ガールズの一員となって働き始める。

向かいにある酒場はことあるごとにハーヴェイ・ハウスに嫌がらせをする。

その酒場で歌手として働くエムはネッドに想いを寄せていたが、ネッドはそれほど彼女に気がない様子。

ネッドのこともあり、スーザンとエムは対立し、ある日取っ組み合いの喧嘩になる。

キャスト

スーザン・ブラッドリー  ジュディ・ガーランド

ネッド・トレント  ジョン・ホディアック

クリス  レイ・ボルジャー

エム  アンジェラ・ランズベリー(歌唱部分の吹替  ヴァージニア・リーズ)

パーヴィス判事  プレストン・フォスター

アルマ  ヴァージニア・オブライエン

テリー  ケニー・ベイカー

ソノラ  マージョリー・メイン

H・H・ハーツィー  チル・ウィルス

デボラ  シド・チャリシー(歌唱部分の吹替  マリオン・ドゥエンジズ)

感想

ジュディ・ガーランドの歌やダンスを楽しめる作品ですが、それ以上に注目すべき点がいくつかあります。

▼trailerです。


www.youtube.com

この頃はまだ元気なジュディ。冒頭の歌唱シーンから魅せられます。

見知らぬ土地で仕事に恋に一生懸命なジュディがとにかく可愛いです。

両手に銃を持って果敢に制したり、恋敵と取っ組み合いの喧嘩をしたり。

音楽は「Lullaby of Broadway」なども手がけたハリー・ウォレンが作曲し、作詞はあのジョニー・マーサーということで、曲数は少なめではありますがなかなか良いです。

iconicな「On the Atchison, Topeka and the Santa Fe」のsequenceは大勢のキャストが参加する見応えのあるミュージカルシーンに仕上がっています。

このシーンのラストでジュディの隣にいるのがレイ・ボルジャー

オズの魔法使』でカカシ役を演じ、久々のジュディとの共演となりました。

本作では三枚目として場を沸かせてくれるレイ・ボルジャーですが、特にタップダンスのシーンが秀逸です。


www.youtube.com

本作ではジュディとの絡みは少ないですが、再び彼らを同じ画面で観られるのはとても嬉しいものでした。

また、若き日のアンジェラ・ランズベリーシド・チャリシーが出演しています。

アンジェラ・ランズベリーは酒場の歌手役で、ジュディ演じるスーザンの恋敵というなかなかのメインの役です。

元々別の役者が演じる予定の役を棚ぼた的に手にしたようですが、見事に演じていました。

信じられないことに、歌は吹替。

アンジェラ・ランズベリーの歌を吹替なんて、ブロードウェイの舞台で何作品も主演を張るような名女優として知られる今となっては信じられないことですが、彼女の歌声は場末の酒場の歌手のイメージには合わなかったのだそうです。

同じく、シド・チャリシーも歌が吹き替えられており、これまた信じられません。

シド・チャリシーは本作が台詞のある役として初の映画出演だったそうです。

確かにシド・チャリシーといえばダンスですからね。

本作でも優雅なダンスを披露しています。