ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる舞台ミュージカルを中心とした、ミュージカル映画、演劇、オペラに関するブログ

『ザ・プロム(2020)』The Prom

 f:id:urara1989:20201212195101j:plain

『ザ・プロム(2020)』とは

2020年に公開されたネットフリックスによるミュージカル映画

2018年にブロードウェイで初演された舞台ミュージカルを映画化したもの。

脚本はBob MartinとChad Beguelin、作曲はMatthew Skylar、作詞はChad Beguelin。

振付は舞台版で演出・振付を担当したCasey Nicholaw。

監督はライアン・マーフィー。

あらすじ

インディアナ州の高校生エマは、ガールフレンドをプロム(ダンスパーティー)に連れて行きたいと願っているが、PTAが同性のパートナーとのプロムへの出席を許さないため、プロムが中止になってしまった。

このニュースを聞きつけた落ちこぼれのブロードウェイスターたちが、名誉挽回のためエマを助けようとインディアナにやってくる。

キャスト

ディー・ディー・アレン  メリル・ストリープ

バリー・グリックマン  ジェームズ・コーデン

エマ・ノーラン  ジョー・エレン・ペルマン

アリッサ・グリーン  アリアナ・デボーズ

アンジー・ディキンソン  ニコール・キッドマン

トム・ホーキンス  キーガン=マイケル・キー

トレント・オリバー  アンドリュー・ランネルズ

グリーン夫人  ケリー・ワシントン

感想

2020年12月10日からNetflixで配信が開始されたので、記事をアップしてみようと思います。

日本では12月3日頃から映画館で上映されていたので、私も6回映画館で観ましたが、何度観ても号泣してしまうシーンばかりのミュージカル映画でした。

都内ではまだ上映されている映画館があるようなので、お近くの方はぜひ映画館で観ていただきたい作品です!!

2018年にブロードウェイで初演されましたが、original broadway cast recordingを何度も聴いていて、2019年5月にブロードウェイで観劇した時も最前列で真ん中(指揮者のすぐ後ろ)の席で、大感激して、ずっとこの作品のファンでした。

なので映画化の話が出た時からとても楽しみにしていました。

▼trailerです。


The Prom | Official Trailer | Netflix

この他にも「Dance With You」や「Acceptance Song」など一部カットされていたナンバーはありましたが、舞台版のナンバーが全て使用されており、舞台版への敬意を感じさせる構成になっていると個人的には感じました。

「You Happened」は特に好きなナンバーなので、なんとも言えない気持ちになりましたが。

▼original broadway castによる「You Happened」


Broadway Musical "The Prom" Cast Performs "You Happened | The View

▼元の舞台との違いなどはこちらの記事に詳しく書かれています。

asayake-dive.hatenablog.com

舞台版でほぼ描かれなかったバリーの人となりが映画版では描かれたことで、作品の深みが増したように思いました。

バリーはエマのことを過去の自分のことのように思っていて、彼が母親と再会したことでエマのまだ見ぬ将来への希望が描かれていて腑に落ちました。

▼それがこのシーンです。「Zazz」


Nicole Kidman - ZAZZ Full Performance feat. Jo Ellen Pellman | The Prom

ブロードウェイ界隈とLGBTQコミュニティは切って離せないほど、演者やファンにはゲイが多いです。

そのため、ディー・ディーはストレートのホーキンス校長が自身のファンだと言ったことに驚いたわけですが、この校長先生のソロナンバーがまさに私のようなミューオタの心を代弁してくれています。

この話はひと昔前のことではなく、2020年の今も起こっていることです。

InstagramTwitterなどの言葉を使っているのは、このことを強調するためだと思います。

この作品がNetflixを通じて世界中に配信されることで、このミュージカルのメッセージがより多くの人に届くことはとても素晴らしいことだと思います。

ここで書いておきたいのは、インディアナ州に近いアトランタで2016年にプレミア公演され、readingやworkshopの期間も合わせると5年以上の期間を費やし、ようやく2018年にブロードウェイに辿り着いた作品です。

原作の小説を持たない本作をここまで育て上げてきたのは、workshopの段階から関わっていた多くのoriginal broadway castたちやスタッフたちであることを忘れてほしくないと思います。

これから映像として広まるのはこの作品なのでしょう。

でも、やはり私の中でのエマはCaitlin Kinnunenだし、アリッサはIsabelle McCallaなのだと思います、ずっと。

ブロードウェイ公演は映像として公にならないですが、ブロードウェイで観た感動は褪せることはないですし、これからもoriginal broadway castへの感謝を胸に、映画版を観ていきたいと私は思います。

▼ブロードウェイで舞台版を鑑賞した時の記事

nyny1121.hatenadiary.com

▼映画版でエマを演じたジョー・エレン・ペルマンへのインタビュー(11:50〜)


Broadway.com Live! with THE PROM's Jo Ellen Pellman

▼アリッサ役を演じたアリアナ・デボーズへのインタビュー


Show People with Paul Wontorek: Ariana DeBose on THE PROM, WEST SIDE STORY & More

▼舞台版を小説化した本

The prom movie notebook: 110 white lined pages 6 x 9 inches - matte finish

The prom movie notebook: 110 white lined pages 6 x 9 inches - matte finish

  • 作者:Art, Frostmoon
  • 発売日: 2020/11/26
  • メディア: ペーパーバック
 

 

『Hamilton』2020.2.25.19:00 @Richard Rogers Theatre

f:id:urara1989:20201128232150j:image

『Hamilton』とは

2015年2月にオフブロードウェイで初演され、同年8月にブロードウェイで初演されたミュージカル。

アメリカ建国の父のひとり、アレクサンダー・ハミルトンの人生を描いた伝記作品。

作曲・作詞・脚本・演出はリン=マニュエル・ミランダ。

f:id:urara1989:20201128232506j:image

あらすじ

(どれだけ書いても十分ではないため、このページでは割愛します。)

参考文献

ハミルトン――アメリカ資本主義を創った男 上

ハミルトン――アメリカ資本主義を創った男 下

f:id:urara1989:20201128232616j:image

キャスト

Alexander Hamilton    Jimmie "JJ" Jeter

Eliza Hamilton    Krystal Joy Brown

Aaron Burr    Daniel Breaker

Angelica Schuyler    Mandy Gonzalez

George Washington    Tamar Greene

Marquis de Lafayette/Thomas Jefferson    James Monroe Iglehart

Hercules Mulligan/James Madison    Fergie L. Philippe

John Laurens/Philip Hamilton    Daniel Yearwood

Peggy Schuyler/Maria Reynolds    Aubin Wise

King George    Euan Morton

Philip Schuyler/James Reynolds/Doctor    Roddy Kennedy

Samuel Seabury    Thayne Jasperson

Charles Lee    Giuseppe Bausilio

George Eacker    Preston Mui

f:id:urara1989:20201128232539j:image

感想

「大河ミュージカル」ともいうべき大作をようやく観ることができました。

ずっと観たかったのですが、この不況知らずで、チケット価格がなかなか下がらなかったので、

チケットマスターを覗き込んではその値段の高さに驚き、また今度にしようということを繰り返していました。

今回はメザニン最前列で約300ドルのチケットを購入して観劇にのぞみました。

f:id:urara1989:20201128232731j:image

普段は買わないのですが、思わずalcoholも購入して開演を待ちました。

f:id:urara1989:20201128232906j:image

 ▼original broadway castによる舞台映像


Hamilton the Musical on Broadway

▼観劇直後の感想です。

「非白人キャストによるミュージカル」ということはあまり意識しませんでした。

アメリカという国が多人種・多民族国家だということを表したいのだと思いますが、それならば人種に関わらず優秀なキャストを抜擢すればいいのではないかと思ってしまいました。

▼この写真が開演前の舞台

f:id:urara1989:20201128232933j:image

▼この写真が幕間の舞台

f:id:urara1989:20201128233033j:image

▼この写真が終演後の舞台

f:id:urara1989:20201128233109j:image

舞台は木の枠組みが特徴的で、階段の位置が変わるだけで背景は大きく変わりませんでした。

それでも、ツイートしたように、ここまで魅せる舞台にしているのは振付、演出の巧妙さだと思いました。

個人的に一番刺さったのはアンジェリカでした。

ハミルトンとアンジェリカが実際にどこまでの関係だったのかは不明ですが、イライザとの結婚後もハミルトンは頻繁にアンジェリカと文通をして仕事の相談をしていた事実はあるわけで、お互いに好意を持っていたんですよね。

妹のために自分を抑えるアンジェリカ…切なかったです。

アンジェリカ役はマンディ・ゴンザレスさん。

彼女は『In the Heights』で有名かと思われますが、最近乳癌に罹患していることを発表しています。

お大事にしてください。

また、一見幸せそうに思えるイライザも息子を戦地で亡くし、夫に不倫されるなど苦難に遭遇します。

最終的にハミルトンとは和解し、晩年は孤児院を運営しますが、これはハミルトンが孤児であったという出自が関係しているように思えます。

舞台はイライザのgaspで幕を閉じますが、その解釈は観客各々に任されています。

happyなgaspなのか、surpriseなgaspなのか、sadなgaspなのか考えながら、観劇後も余韻に浸りながら帰路につきました。

James Iglehartは『Aladdin』のジーニー役でトニー賞を受賞したことで有名ですが、私は縁があって2019年9月に『Freestyle Love Supreme』で拝見したばかりだったので、そのことを話したら「観てくれてありがとう」と言ってくれました。

ハミルトン役のJJさんは自ら「写真を撮ろう」と言ってくれて、さすが慣れていらっしゃると思いました。