ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『恋の手ほどき(1958)』Gigi

f:id:urara1989:20190303211341j:image

恋の手ほどき(1958)』とは

1958年公開のアメリカのミュージカル映画

原作は、シドニー=ガブリエル・コレットの書いた同名小説。

マイ・フェア・レディ』を制作したコンビである、フレデリック・ロウ作詞、アラン・ジェイ・ラーナー作曲による。

原作小説と本作を基にしたミュージカルが、1973年ブロードウェイで初演された。

アカデミー賞9部門受賞。

あらすじ

ジジは、母親が歌手で忙しいため、祖母のマミタに育てられている無邪気な少女。

学校から帰ると、マミタの妹であるアリシアのもとに礼儀作法を学びに行くのが通例になっていた。

マミタは密かにジジを社交界の花形に仕立て上げたいと考えていたのだ。

マミタと旧知の仲であるラシュイユ氏の甥であるガストンは、愛想が良い反面、遊び人と噂されるほど女性が途絶えない男だった。

ガストンは度々マミタの家を訪れていたため、ジジとも兄弟のようにとても仲が良かった。

恋人の浮気が発覚し、傷心のガストンはジジたちと一緒に行った海での思い出を懐かしみながら、ジジの健気さや清純な心の美しさに心が揺れ動いていた。

意を決してマミタにジジへの思いを打ち明けると、「結婚を約束したものでなければ、ジジとの交際を許さない」と言われ、ガストンは動揺してその場を去る。

ジジはガストンに嫌われたのだと感じ悲しみのあまり泣き出す。

叔父であるラシュイユ伯爵に相談すると、他に目を向けるようにとパーティーが開催されることになる。

しかし、その場に現れたガストンの隣にいたのはジジであった。

キャスト

ジジ  レスリー・キャロン

ホノール・ラシュイユ モーリス・シュヴァリエ

ガストン・ラシュイユ ルイ・ジュールダン

マミタ ハーミオン・ジンゴールド

アリシアおばさん イザベル・ジーンズ

リアーネ エヴァガボール

感想

マイ・フェア・レディ』のコンビが作ったミュージカル映画恋の手ほどき』を観ました。

▼trailerです。


Gigi Official Trailer #1 - Leslie Caron Movie (1958) HD

『パリのアメリカ人』ではジーン・ケリー、『あしながおじさん』ではフレッド・アステアと、ビッグネームとの共演が立て続いたレスリー・キャロンの有名な主演作。

本作でも彼女の明朗さ、天真爛漫さが輝いています。

レスリーの歌声は『ウエストサイド物語』でアニタ役のリタ・モレノの歌声を部分的に吹き替えた、ベティ・ワンドが担当しています。

レスリーの相手役ガストンを演じたルイ・ジュールダンは、『マイ・フェア・レディ』のハリスンのようにセリフ調の歌い方ですが、朗々とした美声を響かせています。

物語自体は、ラシュイユ伯爵のナレーションで進行していきます。

正直、最初はこのナイスミドルのおじさんは何者だろう?女性をもののような扱い方をしてけしからんと思ってしまったのですが、これも時代を反映したものなのでしょうね。

ロケがほぼパリで行われたため、雰囲気からして、ハリウッドのスタジオで撮影された同年代の他の作品とは違う格調高い雰囲気を全編から感じられます。

ジジの衣装の華やかさ、その他室内のカーテンや小物に至るまで、ハイセンスで観ていて飽きません。

音楽については、MFLと比較するとキャッチーなメロディーは少ない印象です。

ちなみに、この映画の前に、原作小説を基にしたストレートプレイがブロードウェイで上演されていますが、この主演がオードリー・ヘップバーンで、彼女のブロードウェイデビュー作でした。

コレットの小説では、少女をいわゆる貴族の愛人(娼婦に近い)に養成する過程が描かれており、社会的にはタブー視されていました。

映画化でもその点が映倫に引っかかるため、内容を変更し、淑女に仕立て上げるようにしたそうです。

その結果、全米で大ヒットし、ジジのお人形が爆発的に売れる事態になったとか。

この映画を基にした舞台ミュージカルは、最近では2015年のrevivalで、『ハイスクールミュージカル』シリーズで主演していたヴァネッサ・ハジェンズがジジを演じていますが、こちらは短命に終わりました。


Gigi Performance Tony Awards 2015

『ロミオ&ジュリエット』2019.3.9.17:30@東京国際フォーラムホールC

f:id:urara1989:20190310235748j:image

『ロミオ&ジュリエット』とは

2001年フランス、パリのパレ・デ・コングレで初演された、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』と基にし、近未来を舞台にしたロックミュージカル。

日本では2010年に宝塚歌劇団により初演され、男女混合ver.は2011年から上演されている。

演出は小池修一郎

あらすじ

時の流れからはみ出したような不可思議な近未来の街、ヴェローナ

街に漂う不穏な空気は、長く激しい互いを憎む二つの名家、モンタギュー家とキャピュレット家の争いによるもので、若者たちは街のあちこちで常に小競り合いを起こしている。

ベンヴォーリオとマーキューシオはモンタギュー家の旗頭。

キャピュレット家を率いるのは、触れただけで相手を斬りかねないティボルト。

一触即発の街を、「死」を司るものが無感情に眺めている。

モンタギュー家の争いを好まない一人息子のロミオは友情に熱いが、孤独を好む性格。

キャピュレット家の一人娘ジュリエットは、複雑な家庭に育ちながらも、純粋無垢な心を持つ少女。

真実の愛をもたらしてくれる誰かを無意識に求めているが、互いの存在を二人はまだ知らない。

f:id:urara1989:20190310235812j:image

キャスト

ロミオ 古川雄大

ジュリエット 木下晴香

ベンヴォーリオ 三浦涼介

マーキューシオ 平間壮一

ティボルト 渡辺大

キャピュレット夫人 春野寿美礼

乳母 シルビア・グラブ

ロレンス神父 岸祐二

モンタギュー卿 宮川浩

モンタギュー夫人 秋園美緒

パリス 姜暢雄

ヴェローナ大公 石井一孝

キャピュレット卿 岡幸二郎

感想

とうとう、ロミジュリを観てきました。

このミュージカルを観るのは今回が初めて。

シェイクスピアの名作が近未来に時代を移され、大胆にロックミュージカルに仕立てられていました。

▼trailerです。


ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』(2019)スポット映像

▼制作発表でのパフォーマンス


制作発表パフォーマンス披露 - ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』(2019)

ご覧の通り、キャッチーなナンバーが満載でとてもexcitingな時間を過ごすことができました。

モンタギュー家とキャピュレット家の若者同士の争いは「世界の王」などで、力強い群舞とともに表現されており、同じ原作を基にしたミュージカル『ウエストサイド物語』を彷彿とさせられました。

▼観劇直後の感想です。

 

古川さんと木下さんのシーンで印象に残っているのは、2人が運命の出会いの予感を歌い上げるナンバー、他にはやはり名曲「Aimer」。

印象的だったキャストさんは、上記にあるようにマーキューシオ役の平間壮一さん。

多くの若者たちの中で、圧倒的な個性、存在感でした。

以前、『RENT』でエンジェル役を演じているところを拝見したことがあるのですが、今回は全く違う役どころで、役者としての幅の広さを感じました。

近未来という設定なので、携帯電話が登場したり、2人の出会いのシーンでも階段は蛍光ネオンで装飾されていたりと、その世界観に慣れるには少し時間がかかりました。

この辺り、好き嫌いが分かれるかと思います。