ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『エルコスの祈り』2017.3.26.so

『エルコスの祈り』

1984年初演の劇団四季のオリジナルミュージカル。

2002年までは『エルリックコスモスの239時間』というタイトルでした。

舞台は、50年後の未来。

落ちこぼれたちを再教育するユートピア学園に、ある一体のロボットがやって来た。

キャスト

エルコス     古田しおり

トーン博士   深水彰彦

ジョン      権頭雄太郎

ダニエラ     矢野侑子

パルタ      諏訪友靖

ダーリー     奥田直樹

理事長      田島康成

セールスマン   川島創

感想

日曜日、堂々と一人で、ファミリーミュージカルに行ってまいりました笑!

人の目なんて気にしません笑!

思い返せば、私のミュージカルとの出会いも劇団四季のファミリーミュージカルだったなぁなんて道すがら思い起こしていました。

たまたまつけたNHKで『ふたりのロッテ』をやっていたんです。

子どもの頃にこういった作品に触れると結構影響されますよね。

あの時に出会えて本当に良かったなと今でも思っています。

いつか子どもができたら、連れて行ってあげたいな。

さて、エルコスですが、脚本から完全に四季のオリジナルミュージカル!

元気で明るいエルコスに癒されっぱなしでした。

一点驚いたのは、正確にはロボットではありますが、人間が劇中で死ぬんですよね。

ファミリーミュージカルで殺人というのは意外だなと思ったのです。

魔法の薬を飲んで生き返る!なんてこともなく消えてしまう。

これは、命の尊さ、儚さを、あくまでフィクションの世界でロボットを通じて、子どもたちに伝えているのでしょうね。

『人間になりたがった猫』をはじめ、四季のファミリーミュージカルは、人間の残酷さをチャーミングによく描いていると思います。

周りにいた子どもたちも引き込まれていました。

思い出そう 素敵なこと

心込めて 語りかけよう

いつの間にか 忘れていた

愛の言葉 その温もりを

苦しみを分かち合う

素晴らしい仲間

微笑みが今蘇る

ありがとう

いつの日にも どんな時も

この手繋ぎ 生きていこうよ 

 

『ノートルダムの鐘』2017.2.11.so

f:id:urara1989:20170211170527j:plain

ノートルダムの鐘』とは

ヴィクトル・ユゴー原作の『ノートルダム・ド・パリ』から作られた作品。

1996年ディズニーアニメ映画になり、日本語吹き替えは劇団四季が担当しました。(カジモドは石丸幹二エスメラルダは保坂知寿

今回のミュージカル化は2014年にカリフォルニアで初演されたものです。

1996年のアニメ映画で使われたアラン・メンケンの楽曲が使われていますが、舞台化に合わせて新たに書き下ろされた楽曲も織り込まれています。

アニメ映画との大きな違いは、ラストシーンをユゴー原作の小説に近づけたという点です。

キャスト

カジモド   田中彰

フロロー   野村万寿夫

エスメラルダ 宮田愛

フィーバス  清水大

クロパン   吉賀陶馬ワイス

感想

ミュージカル初観劇の友達を誘って行ってきました。

バルコニー席1列目左側からの観劇。

バルコニー席で残念だったのは、ステンドグラスの上の部分、クワイヤの皆さんの大部分が見えなかったこと。

やはり、大聖堂の天井の高さや空間を感じながら観劇していただきたいので、おすすめは1階席です。

とはいえ、大感激の観劇となりました。

クワイヤが16人、アンサンブルが12人、合わせて28人の荘厳なゴスペルは聴きごたえがあり、もう鳥肌とカタルシスの嵐です。

アニメ映画との比較ですが、冒頭にも書いた通り、より原作に近く描かれています。

フロローがかの性格に至った経緯を細かく解説してあり、ただの暴君ではなく人間的な部分も描写されています。

カジモドも素晴らしかった!

砂袋を左肩に掛けることで、くる病独特の亀背を表していました。

ミュージカル初観劇の友達も感動してくれて、来てよかったと言ってくれ、大満足です。

ここから抜け出し踏み出そう

陽射しの中へ 

 

『アラジン』2017.1.31.so

久しぶりの更新です。『アラジン』を初めて観劇したので、記録しておきたいと思います。

f:id:urara1989:20170131212447j:plain

『アラジン』とは

ミュージカル『アラジン』は1992年のディズニー映画を元に製作されたもので、2014年3月にブロードウェイで開幕。

2017年6月現在でも、ブロードウェイで公演され続けている人気作です。

アラン・メンケンによる素晴らしい楽曲が有名ですが、アニメ版で大ヒットを記録した「A Whole New World」に加え、舞台版では新たな楽曲を聴くことができます。

キャスト

ジーニー  阿久津陽一郎

アラジン  北村優

ジャスミン 岡本瑞恵

ジャファー 牧野公昭

イアーゴ  酒井良太

カシーム  松島勇気

オマール  町田兼一

バブカック 白瀬英典

王     石波義人

感想

今回は、舞台を全体的に見たかったので、2階9列目左側より観劇しました。

いやー、素晴らしかったです。

正直、あまり期待していなかったのです。

なぜかというと、数年前に観た同じディズニー作品『リトルマーメイド』はそれほど私の中でヒットしなかったので。

アニメはアニメのままに留めておいた方がメンケンの楽曲も光るのではと思ったのです。

でも、今回はいい意味で予想を裏切っていただきました。

まず、舞台の華やかさ!

衣装や舞台装置がとにかく煌びやかで圧倒されました。

本作の目玉の一つに、魔法のじゅうたんがあると思うのですが、これは素晴らしかったです。

ワイヤーがどこにあるかな、支点はどこにあるかなとよくよく目を凝らして観たのですが、全くわからなかった!!!

ブロードウェイプロダクションはこの構想に4年ほどの歳月を費やしたそうです。

これは一見の価値ありですよ!

次に、キャラクターの素晴らしさです。

特に、日本人が演じるということが全く想像できなかったジーニー役!

阿久津さん、ブラボー!!

アニメでは山ちゃんでお馴染みですが、舞台上にもちゃんとジーニー像を確立されていました。

ジーニーのコメディアン力、運動神経、演技力、歌唱力、総合的に素晴らしかったです。

最後に、メンケンの新たな珠玉の楽曲。

特に、「Proud of Your Boy」には涙涙でした。

がんばるよ 覚悟決めて

いつかかならずなれる

そう 母さんの 自慢の息子に

この楽曲は、実際アニメ版の際も候補曲にあったそうなのですが、構成などの関係上削除になったという経緯があるそうです。

盗みを働いたり、お調子者のように見えるアラジンの、母親思いの優しい一面が垣間見られる楽曲。

作品中何度かこのメロディーが流れてくるので、耳を済ませていてくださいね。

以上、久々の大満足な観劇でした。

 

 

『アナと雪の女王(2013)』Frozen

f:id:urara1989:20170129103926j:image

アナと雪の女王』とは

古典『雪の女王』にインスピレーションを受けて製作された、ディズニーによるオリジナルミュージカルアニメーション。「Let it go」は一大ブームを巻き起こした。

キャスト・スタッフ

アナ  クリステン・ベル(神田沙也加)

エルサ  イディナ・メンゼル松たか子

クリストフ  ジョナサン・グロフ(原慎一郎)

オラフ  ジョシュ・ギャッド(ピエール瀧

 

監督  クリス・バック、ジェニファー・リー

脚本  ジェニファー・リー

音楽  クリストフ・ベック

感想

この作品を劇場で初めて観た時の感動を今でも強く記憶しています。

姉妹愛を主軸にしながらも、友情、恋愛、悪との戦いをミュージカルとして仕上げていく、まさにディズニー映画の真骨頂が随所に見られます。

個人的な印象ですが、ディズニーのミュージカル映画は、アラン・メンケンの音楽による『アラジン』、『美女と野獣』の時期が黄金期であり、ピクサーが介入してからはストーリーや音楽が良くても画が受けつけられないことが多かったです。

でも、今回はアニメーションとは思えないような登場人物の細かな表情の変化までよく表現されていて、自然に感情移入できました。

Let it goの仕上がりなんて最高!

氷の城が出来上がっていく流れなんて、こんなのアニメーションのミュージカルじゃなきゃできないでしょ?だからこそ僕らは作ったんだ!と言わんばかり。

声の出演も超豪華!!

ウィキッド』のエルファバ役のイディナ・メンゼルがエルサ、『春のめざめ』で主演したジョナサン・グロフがクリストフ。

定期的にスクリーンで上映してほしいですね♡

『壁抜け男』2016.10.1.so

f:id:urara1989:20170128235918j:image

劇団四季のフレンチミュージカル『壁抜け男』初観劇です♡

『壁抜け男』とは

1943年のマルセル・エルメ原作の同名の短編小説をもとにしたミュージカル。パリ初演は1997年。

キャスト

デュティユル  飯田洋輔

イザベル  鳥原ゆきみ

部長         高井治

八百屋      はにべあゆみ

医師          明戸信吾

感想

コミカルでやりたい放題の主人公に終始笑わせられましたが、最後にはほろりとさせられました。

まさにビターチョコレートのよう。

作曲が『シェルブールの雨傘』などで名高いミシェル・ルグランならではの流れるような旋律。

ただ、フランス語のために作られた曲を日本語で歌っているせいか、息継ぎが難しくとても苦しそうに聞こえました。

この曲を歌いこなしている役者さん流石です!

ある日突然壁を抜けられるようになる男の話なのですが、とにかく奇妙奇天烈なスタートですが、まぁ彼やりたい放題です!笑

壁を抜けられるという能力を手に入れてから、主人公自身が少しずつ変わっていくんです。

主人公の変化が周りや社会にも影響していって…

また時間が経って、見直したい作品です。

 

ミュージカル観劇遍歴

以前の観劇遍歴はこちらをご覧ください。

『壁抜け男』2016.10.1.so - ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

『レポ!(2008)』Repo! The Genetic Opera

f:id:urara1989:20170129104109j:image
『レポ!』とは

2008年のロックミュージカル映画
原作は、ダーレン・スミスとテランス・ズダニッチの創った演劇。
異色のキャスト陣、又日本ではXJAPANのYOSHIKIが音楽プロデューサーを務めることで話題となりました。
ロッキー・ホラー・ショー』の再演という呼び声も高いです。


あらすじ
2056年、臓器不全がパンデミックに発生する。
科学者たちは臓器狩りの計画を打ち出し、
それにより臓器移植をビジネスとする大バイオテック企業「ジーン社」が出現した。
ジーン社への臓器代金の支払いが滞った者に対しては、
「レポマン」と呼ばれる回収人が臓器回収することが日常化していた。
そんな世界で、極めて稀な血液病を患う17歳の少女、シャイロは、
父・ネイサンによって家の中で外界から固く守られていた。
シャイロは家から出て、外の世界に触れたい気持ちを抑えるのにもがき苦しんでいたが、
父も自らの職業である「レポマン」としての次の標的に苦悩していた。
その標的とは盲目の女性オペラ歌手ブラインド・マグ。
彼女は死んだシャイロの母マーニの親友であったのだ。
一方、ジーン社の社長であるロッティとその子供たちからなるラルゴ家は、
死にゆくロッティの社長の座を巡って、残された3人の兄弟間で骨肉の争いが繰り広げられていた。

スタッフ・キャスト

春に、渋谷のシネマライズで観ました。

オペラ座の怪人』の初代クリスティーヌであるサラ・ブライトマンが出演しているかと思えば、

お騒がせセレブ、パリス・ヒルトンが出演していたりと、異色のキャストが目を引きます。

キャストとか、音楽とか、独特なビジュアルアートが目立って、

ストーリーは、議論されない感じがあるのですが。。。

ストーリーの方ですが、私にとってはとても興味深いものでした。

現在、臓器移植に関する議論は盛んにされていますが、

特に重要なものとして倫理観の問題がありますよね。

もしも、近未来に、臓器に金銭が絡み、それに伴う裏ビジネスが蔓延る、、、

というオゾマシイ世の中になってしまったら…

パンデミックに広がる臓器不全という、極限の世界で、社会は、人間の倫理観は、どうなるのか。

まぁ、こんなことはありえないけれど、演劇の題材としてはとてもおもしろいと思いました。

 

カルト色全開の映画の上に、『スウィーニー・トッド』をはるかに上回るグロテスクさ満載なので、

これからご覧になられる方は、ぜひ心臓を強くして(笑)、心してご覧ください。

私は、非常に心臓が弱かったので(笑)、途中で気持ち悪くなって、しばらく退出していましたm(_ _ )m

カルト映画が好きな人は、堪らないと思いますよ。。。

私はもう十分かなと思いますけど(^^;