ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『夜の豹(1957)』Pal Joey

f:id:urara1989:20180616211219j:image

『夜の豹』とは

1957年のアメリカのミュージカル映画

1940年初演の同名のブロードウェイミュージカルを基に製作されたが、内容は大幅に変更された。(舞台版ではジョーイは性格は非常に悪く、ラストはハッピーエンドではなく、舞台に独り取り残される。)

本作で、フランク・シナトラゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞した。

リチャード・ロジャース&ローレンツ・ハートのコンビによる「I Could Write a Book」や「Bewitched」など、後にスタンダードナンバー化した名曲で彩られている。

ただし、「My Funny Valentine」や「Lady Is a Tramp」は同じくロジャース&ハートによる楽曲ではあるが、オリジンはミュージカル『青春一座(Babes In Arms)』である。


PAL JOEY Trailer

あらすじ

芸人ジョーイは才能はあるが、極めてわがままで、女に手が早く、あちこちでトラブルを起こして厄介払いされていた。

無一文でサンフランシスコへやって来たジョーイは、旧友ネッドが働くナイトクラブで働き、大富豪の未亡人ベラの愛人となってひともうけしようと企む。

そんなジョーイにコーラスガールのリンダが密かに想いを寄せていた…

キャスト

ジョーイ  フランク・シナトラ

リンダ  キム・ノヴァク

ベラ  リタ・ヘイワース

グラディス  バーバラ・ニコルス

ネッド  ボビー・シャーウッド

感想

40代前半の脂ののったフランク・シナトラを楽しめる一作。

若い頃の彼は、ジーン・ケリーらと一緒に主演ということがままありましたが、本作はシナトラのソロ曲が多くあります。

シナトラ演じる、このジョーイですが、筋金入りのチャラ男です。

友だちの女を自分のモノにしてしまう、まったくしょうもない男です。

でも、一度マイクを握らせると、忽ちみんな彼に魅せられてしまう、そんな罪な男でもあります。

シナトラはこの役柄を地でいっていると多分に思うのですが笑。

彼が歌うナンバーで1番のお気に入りは「I Could Write a Book」です。

こんな歌を耳元で歌われたら、そりゃあリンダも落ちますわね、と思わず納得してしまいました。


I Could Write a Book - Frank Sinatra and Kim Novak (Pal Joey)

また、この曲は、ミュージカル映画ではありませんが、メグ・ライアン主演の映画『恋人たちの予感』でもテーマ曲に採用されていて、まさに、曲の内容的にはこちらの映画の内容にこそぴったりなので、よかったらご覧ください。

このジョーイを巡って、リンダとベラは争うわけですが、お2人ともなんてグラマラスなんだろうと同性ながらうっとりしてしまいます。

リタ・ヘイワースも多くのミュージカル作品に出演していますが、本作では元ストリッパーで大富豪の未亡人という役柄。

最後は、ネタバレになってしまうので控えますが、うーん、私がベラの立場だったらあんなこと絶対できない!!ということをします。

私が未熟だからかしら。

ヘイワースがうっとりしながら歌う「Bewitched」もとても素敵で、何度も見てしまいます。

成熟した女性の中にある恋する乙女な部分が表れていますね。


Rita Hayworth - Bewitched, Bothered & Bewildered

キム・ノヴァクは、溢れんばかりの眩い若さ、という感じ。

憂いを帯びたアルトヴォイスで歌う「My Funny Valentine 」は聴き入ってしまいました。

プロットは意外と最後の最後までどう転ぶか定まらず、結局ラストまで集中してしっかり観てしまいました。

『パリの恋人(1957)』Funny Face

「funny face 1957」の画像検索結果

『パリの恋人』とは

1957年のアメリカのミュージカル映画

1927年初演の同名のブロードウェイ・ミュージカルの楽曲をいくつか採用しているが、プロットは全く別のものになっている。

基となったブロードウェイ・ミュージカルには、アステアは姉とともに主役として出演している。

作詞・作曲はガーシュウィン兄弟によるもので、「S'wonderful」など現代のスタンダードナンバーとなっている楽曲もある。


Funny Face - Trailer

あらすじ

ロケで書店を訪れた、ファッション誌の大物編集長とその右腕の写真家ディック・エイブリー。

ディックは、哲学を語るインテリ書店員、ジョーストックトンの風変わりな魅力に心を惹かれ、パリに一緒に飛んでモデルにならないかとスカウトする。

ファッションに何も興味のないジョーだったが、パリに行けば崇拝するフロストル教授の講義を聴くことができると考え、申し出を了承する。

パリに飛んだジョーは、瞬く間に世界的スーパーモデルになり、ディックと恋に落ちる。

そんな折、ジョーはフロストル教授とたまたま出くわすのだが・・・

キャスト

ジョーストックトン オードリー・ヘップバーン

ディック・エイブリー フレッド・アステア

マギー・プレスコット ケイ・トンプソン

エミール・フロストル教授 ミシェル・オークレール

ポール・デュパル ロバート・フレミング

感想

フレッド・アステアオードリー・ヘップバーンの共演作。

オードリーが、花のパリを舞台に、愛くるしい表情をくるくる変えながら歌い踊ります。

映画『マイ・フェア・レディ』では、歌の部分が吹き替えとなったオードリーですが、本作では吹き替えなしでご自身の声で歌っています。

膝を叩いて褒め称えるほどの歌唱力ではありませんが、アルトでハスキーな声のオードリーに合う楽曲が多く、アステアと歌ってもそこまで不自然な感じはありませんでした。

様々なパリのロケーションが次々に登場するので、パリ好きな方にとっては間違いなく楽しい映画と言えるでしょう。


Funny Face (1957) - "Bonjour Paris" Song - Audrey Hepburn & Fred Astaire (4 of 10)

まだ新人のオードリーの初々しさ、そしてそれをうまくリードしようというアステアがなんとも微笑ましいのです。

もちろん、アステア&ロジャースコンビには敵いませんが、これはこれで美しいコンビでしたね。

↓湖畔の美しいデュエット「He Loves and She Loves」


Funny Face (1957) - "He Loves and She Loves" Song - Audrey Hepburn & Fred Astaire (7 of 10)

写真の現像室での赤いライトの中で踊るシーンは、目がシバシバしてしまいましたが、現代的というか幻想的な雰囲気でしたね。

↓オードリーのなんとも言えない不思議なダンスシーン


Funny Face Song - Audrey Hepburn's Dance - Crazy Dancing (5 of 10)

ストーリーはMGMによるミュージカル映画に見られるような予定調和ですが、アステアとオードリーという2大スターの息の合った演技を見られる稀有なミュージカル映画と言えるでしょう。

↓名曲「S'wonderful」も2人によって歌われています。


Audrey Hepburn & Fred Astaire - S'wonderful - Song from Funny Face (10 of 10)

『アメリ』2018.6.3.ma

f:id:urara1989:20180615195003j:image

アメリ』とは

2001年の同名のフランス映画を基にしたミュージカル。

ブロードウェイでは2017年3月初演(〜2017年5月)。

日本では今回が初演。


AMÉLIE the Musical - Montage Starring Phillipa Soo

あらすじ

想像力は豊かだが、周囲とのコミュニケーションが苦手な少女・アメリは、妄想の世界が一番の遊び場だった。

22歳になり、モンマルトルのカフェで働いている今でも、周りの人々を観察しては日々想像力を膨らませて楽しんでいたが、ある出来事をきっかけに、他人を幸せにすることに喜びを見出し始める。

彼女なりの方法で他人を幸せにしていくアメリだったが、自分の幸せには全くの無頓着だった。

ところが、スピード写真のボックスに残された他人の証明写真を収集している不思議な青年ニノに出会ったアメリは、たちまち恋に落ちてしまう。

しかし、自分の気持ちを素直に打ち明けることができず・・・

キャスト

アメリ 渡辺麻友

ニノ 太田基裕

その他、一部の役名不明のため割愛。

感想

ブロードウェイで上演している時に、観たいなと思っていたものの、あっという間にcloseしてしまい、ウエストエンドでの上演はなさそうですし、日本上演も今回を逃すともうなさそうだなと思い、観劇することにしました。

ミュージカルは相当な人気作でもない限り、チャンスを逃すと向こう半世紀くらい上演されないことなんてザラにあるので、fullのshowをliveで観られるチャンスがあったらひとまず観ておくことにしています。

プレミアはバークレーで2015年に行われたのですが、その時はなんとアメリ役はサマンサ・バークス Samantha Barksだったんですね。

彼女は映画版『レミゼ』のエポニーヌ役に抜擢された女優さんです。

ブロードウェイでは、人気が収まる気配を全く見せない『ハミルトン』のオリジナルキャストで、且つ、トニー賞にもノミネートされたフィリッパ・ソウPhillipa Sooさんでした。

さて、作品ですが、全体で2時間、休憩なしの1幕ものでした。

アメリの子供時代から物語は始まるのですが、少女のアメリは物語が終わるまで、成人したアメリに寄り添って一緒にいます。

アメリの中にある子供の部分を表しているのだと思うのですが、この前日に観た『モーツァルト!』のヴォルフガングとアマデとそっくりで、既視感が強かったですね。

ヒット映画を舞台化しようという流れに乗った作品なんでしょうが、正直ミュージカルとしては起伏が少ないため見応えがなく、単調で、味気ない作品になっていました。

とにかく眠くて、二幕ものなら一幕でもう退場していました。

舞台を左右に横断する形で張られた照明は、とても綺麗でした。

演者に関しては、…ノーコメントで……まぁ、お察しください。

こんな感じの公演をやっている限り、東京のエンターテイメント、舞台芸術のレベルはどんどん下がる一方なので…まぁもはや東京にそこまで期待してないですけれどね。

ちゃんと鑑賞するなら海外行きますから。

ひとまず作品としてfullで観てみたかっただけなので、その願望は叶い、私としてはそれで満足です。


渡辺麻友が「アメリ」に、ミュージカル初挑戦

『モーツァルト!』2018.6.2.so

f:id:urara1989:20180609062654j:image

f:id:urara1989:20180609062456j:image

モーツァルト!』とは

1999年ウィーン初演のミュージカル。

2002年、東宝系で中川晃教井上芳雄主演で日本初演

エリザベート』のミヒャエル・クンツェ作詞・脚本、シルヴェスター・リーヴァイ作曲。

今回は5回目の再演。

古川雄大はヴォルフガングとして初めての出演となる。

あらすじ

1768年、ウィーン。

ザルツブルクの宮廷楽士であるレオポルト・モーツァルトは、錚々たる名士が集まる貴族の館で、今、幼い息子がピアノを弾くのを目の当たりにしている。

5歳にして作曲の才が花開いたその子は、“奇跡の子”と呼ばれていた。

歳月は流れ、息子ヴォルフガングは、ザルツブルクぇ音楽活動を続けている。

傍にはいつも、奇跡の子と呼ばれていた頃のままの分身、アマデが寄り添い、作曲に勤しんでいた。

しかし、青年ヴォルフガングは、領主であるコロレド大司教支配下で作曲せねばならないことに嫌気がさしていた。

自由と輝きを求める彼は、「大司教に逆らうな」という父と意見が衝突。

とうとう、傍若無人な態度の大司教に怒りを爆発させてしまった。

1777年、ヴォルフガングは、故郷ザルツブルクを後に、母親と旅に出る。

マンハイムで彼はウェーバー一家と出会う。

貧しい下層階級のウェーバー夫妻は、この若い作曲家から金を巻き上げようと、画策する。

しかし、パリに移ったヴォルフガングは芽がでることなく、金を使い果たした上に、母を病気で亡くしてしまう。

失意のヴォルフガングは、劇作家でありプロデューサーのシカネーダーと知り合い、意気投合する。

2人はいつか大衆が喜ぶオペラを作ろうと約束する。

コロレドに反抗したままの彼に、まともな仕事があるはずもなく、父と姉ナンネールの心配は募るばかり。

そこに、ヴォルフガングの良き理解者、ヴァルトシュテッテン男爵夫人が現れ、ウィーンで音楽活動をするよう勧めるのだった。

父と姉の元を離れ、ヴォルフガングはウィーンに移り住む。

そこでウェーバー一家と再開した彼は、コンスタンツェとの愛情を深めてゆく。

しかし、コロレド大司教の謀略に遭う彼は、演奏の機会をことごとく絶たれてしまうのだった。

ヴォルフガングは再び大司教と対決し、彼らは決定的に分裂するのだった。

1781年、モーツァルトの音楽は、ウィーンの社交界で話題を呼んでいた。

コンスタンツェとも結婚、仕事も精力的にこなし、遊び仲間も増えた。

ヴォルフガングには故郷に残してきた父と姉の存在はどんどん薄くなるのだった。

そして妻は、夜になるとひとりダンスパーティーに出かけるようになり、夫婦の間に陰りが見え始める。

一方、ヴォルフガングの名声は増すばかりで、皇帝の御前演奏会、そしてオペラ『フィガロの結婚』も大成功。

だが、レオポルトは息子の中に奢りとたかぶりを感じ取る。

心痛のあまり苦言を吐くが、ヴォルフガングは聞き入れようともしない。

お互いに心を通い合わせることなく、レオポルトはウィーンを後にする。

そして、コンスタンツェもヴォルフガングと心の距離を感じていた。

そんな時、ヴォルフガングの前に謎の人物が現れ、レクイエムの作曲を依頼する。

キャスト

ヴォルフガング  山崎育三郎

コンスタンツェ  生田絵梨花

ナンネール  和音美桜

ウェーバー夫人  阿知波悟美

アルコ伯爵  武岡淳一

エマニュエル・シカネーダー  遠山裕介

ドクトル・メスマー  戸井勝海

アマデ  加藤憲史郎

ヴァルトシュテッテン男爵夫人  涼風真世

コロレド大司教  山口祐一郎

オポルト  市村正親

感想

いくちゃんコンビ(山崎育三郎×生田絵梨花の組み合わせを勝手に命名)を拝見してきました。

この作品は以前、井上芳雄くんの回を観て以来、2回目。

いつものB席より観劇。

山崎育三郎くんのヴォルフガング、素晴らしかったです。

井上くんがいた頃は、何となく押され気味でしたが、今は役が身体に馴染んでよく声が出て動けていました。

生田ちゃんは、これからに期待ですね。

まだまだコゼット的あどけなさが抜けませんね。

比較というわけではないのですが、今回拝見して、ソニンちゃんのコンスタンツェがどれだけすごいのかというのが、はっきりしました。

若手が主役級で、その脇を固める、山口さん、市村さん、涼風さん、阿知波さんたちがまた素晴らしいのです。

舞台全体としては、随所に色々なジャンルのキャッチーなナンバーが散りばめられていて、観るものを飽きさせません。

「僕こそ音楽」、「影を逃れて」、「愛していれば分かり合える」、「星から降る金」、「ダンスはやめられない」など。


『モーツァルト!』歌唱披露/古川雄大 ♪「僕こそ音楽」

比較的勢いのある一幕と比べて、二幕は少し弛みますが、ドラマの要素が強まる印象です。

何度観ても、涙してしまうのは、レオポルトとヴォルフガングの関係性ですね。

やはり、私は親子ものに弱いらしいです。

マンマ・ミーア!』の母娘関係にも号泣してしまうので。

父に認めてもらいたい一心のヴォルフガング。

息子を愛するからこそ厳しくするレオポルト

いつの時代も親子ってすれ違い、時に傷つけ合いながら、お互いに成長していくんですね。


『モーツァルト!』2018PV【舞台映像Ver.】

『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』2018.6.2.ma

f:id:urara1989:20180609001051j:image

ウーマン・オブ・ザ・イヤー』とは

1981年ブロードウェイ初演のミュージカル。

原作は1942年のキャサリン・ヘップバーン主演の同名映画。

トニー賞は脚本、作曲など4部門で受賞した。

トニー賞授賞式でのパフォーマンス


Lauren Bacall Woman of the Year 1981 Tony Awards

あらすじ

その年最も輝いた女性に贈られるウーマン・オブ・ザ・イヤーの授賞式を控えた、テス・ハーディング。

お互い一目惚れでスピード結婚した漫画家サムとの結婚生活は順風満帆のように思われたが、仕事最優先のテスとの間にはいつしか溝が。

今まで築き上げてきたキャリアをとるのか、愛する人との生活をとるのか、テスの決断はいかに。

キャスト

テス・ハーディング  早霧せいな

サム・クレイグ  相葉裕樹

アレクシ・ペトリコフ  宮尾俊太郎

ジェラルド  今井朋彦

ヘルガ  春風ひとみ

チップ・サリスバリー  原田優一

ジャン・ドノヴァン  樹里咲穂

感想

晴天の土曜日、赤坂ACTシアターに行ってまいりました。

ミュージカル『プロデューサーズ』で揶揄されているような、古き良き典型的なミュージカル・コメディーかなと想像していましたが、内容的にはキャリアに恋に奮闘する現代女性の背中を押すようなものでした。

やはり、40年そこそこでは世の常は変わりませんね。

私は宝塚はほとんど観ないので、早霧せいなさんはお初にお目にかかりましたが、2階席後方からでも際立つスター性を感じました。

主題がはっきりしていて、歌に群舞にとても可愛くて楽しく、観客も思わず手拍子をしてしまう感じ、ミュージカルの醍醐味ですね。

途中、確かに冗長さを感じないこともなかったですが、洒落た音楽を楽しんでいたら終わってみるとあっという間でした。

終盤のバレエシーンも見事でしたし、全体的に満足しました。


ミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』公開稽古ダイジェスト

『1789ーバスティーユの恋人たちー』2018.5.6.ma

f:id:urara1989:20180528201957j:image
f:id:urara1989:20180528202009j:image
f:id:urara1989:20180528202004j:image

『1789ーバスティーユの恋人たちー』とは

Dove AttiaとAlbert Cohenによるフレンチ・ロック・ミュージカル。

2012年フランスで初演。2015年宝塚歌劇団月組により日本初演

あらすじ

贅沢の限りを尽くす貴族たちと、搾取による貧困に喘ぐ民衆との確執が強まる18世紀フランス。

父親の死をきっかけに革命派へと身を投じた農民のロナンは、マリー・アントワネットの侍女オランプと運命的な出会いを果たす。

キャスト

ロナン  小池徹平

オランプ  神田沙也加

マリー・アントワネット  龍真咲

アルトワ  吉野圭吾

ペイロール  岡幸二郎

ラマール  坂元健児

フェルゼン  広瀬友祐

ロベスピエール  三浦涼介

ダントン  上原理生

ソレーヌ  ソニン

デムーラン  渡辺大

ネッケル  磯部勉

ルイ16世  増澤ノゾム

トゥルヌマン  岡田亮輔

ロワゼル  加藤潤一

リュシル  則松亜海

ポリニャック夫人  渚あき

デュ・ピュジェ中尉  松澤重雄

f:id:urara1989:20180528203420j:image
f:id:urara1989:20180528203428j:image

感想

またまた、更新が遅くなってしまいました。

この作品は初観劇でした。

帝劇のお気に入りのB席から、そーっと、拝見していました。

今回観劇したのは、あくまで未見のミュージカル作品をひとまず観ておこうと思ったからであり、作品中で坂元ラマール健児さんが言っていたように「イケメンたちがたくさん出てくるミュージカルを観てゴールデンウィークをしめた」かったからではありませんよ笑。

うーん、なんだか内容盛りだくさんで、観終わった後、メインだけでお腹いっぱいにした気分になりました。

ロナンとオランプの恋、MAとフェルゼンの恋、父の敵討ち、同志との友情・仲違い・和解、後継者争い…

それぞれでひとつのミュージカルが出来上がるようなテーマが分散しているので、結局焦点が定まらず、どうしても全体的に浅くなってしまった印象を受けました。

あと役者さんですが…小池くんを悪く言いたくないけれど、やはり、主役級としては頼りない…というか、そういう歌い方をしたいのならJ POPなり個人的なライブなりでやってくださいな。

少なくとも帝劇クラスの会場で歌う感じではないです。

私が厳しすぎるのか…どうしても井上芳雄センセイたちの歌唱を聴いてきているので、比較してしまうと、同じ料金を払ってこの程度かぁ…と思ってしまうのです(°_°)

一方、ソニンちゃん扮するソレーヌの全力感が突き抜けていて好きでした。

最近、ソニンちゃん外れなしですね。

演技も歌も円熟味を増してきていますし、これからも刮目していきたい女優さんです。

吉野さんとか岡さんはもう、悪役はおまかせあれ!という感じで、終始いい味を出してくれていました。

神田沙也加ちゃんは適役で、可愛くて癒されました。

冒頭にも紹介しました、坂元ラマール健児さんの三枚目ぶり、板についていて良かったです。

そんなところでしょうか。

双眼鏡をよくよく覗いていたのですが、残念ながら私好みのイケメンさんはいなかったんですねぇ…

なにせ、目下、私は石丸幹二さん一筋なものでして。


『1789 -バスティーユの恋人たち-』2018舞台映像版PV

『李香蘭』2018.4.15.ma

f:id:urara1989:20180504135317j:image

李香蘭』とは

李香蘭こと山口淑子の半生を描いた劇団四季によるオリジナルミュージカル。

1991年日本初演、その後、中国、シンガポールでも公演された。

原作は『李香蘭 私の半生』。

『異国の丘』、『南十字星』と並んだ、劇団四季による昭和三部作のひとつに数えられる。

あらすじ

舞台は1920年代後半から1945年までの日本、中国、そして満州国

第二次世界大戦時の中国では、戦争中、日本の側についた祖国反逆者を漢奸として弾劾した。

清の皇女でありながら日本人の養女となった川島芳子満州国軍の将軍となって活躍した漢奸の一人であり、狂言回しとして舞台を進行する。

満州映画協会の主演女優として活躍した李香蘭は、日本の宣撫工作に加担した罪を問われる。

検察官は李香蘭に死刑を求刑するが、李香蘭は自身が山口淑子という日本人であることを告白する。

父山口文雄は日中友好の夢を娘の淑子に託し、李将軍の養女にする。

李家の娘愛蓮やその許嫁玉林、兄と慕う杉本らと交友しながら、香蘭は幸せに育つ。

そんな中、日本陸軍は、満蒙を支配しようと陰謀をめぐらしていた。

五族協和を掲げた満州国建国は、日中平和を願う香蘭たちにとって希望に満ちた出来事に思えたが、実際には理想とかけ離れたものだった。

日本人の暴挙に対し、中国全土で抗日運動が活発化し、玉林とともに愛蓮も日本人と戦う道を選び、香蘭と別れることになってしまうのだった。。。

キャスト

李香蘭  野村玲子

川島芳子  坂本里咲

李愛蓮  樋口麻美

杉本  近藤真行

王玉林  桑島ダンテ

感想

仕事にかまけて、久しぶりの更新となります。

はじめての浅利演出事務所による公演です。

この作品は2回目の観劇。

おそらく9年くらい前に観ました。

その時は川島芳子濱田めぐみさんでしたね。

今回のキャストも何とも豪華な面々。

何度も演じられてきたベテランの方々だからこそ、滲み出る表現・表情が随所にありました。

上に書いたあらすじは、かなり割愛してしまいましたが、ネタバレになってしまいますが、最後には、中国人は「徳をもって怨に報いる(以徳報怨)」という選択をします。

当時の日本のとった行動を見たとき、もし中国人と同じ立場だったら自分はこの選択をできただろうかと考え込みました。

確か9年前も、観終わった後にしばらく呆然とし、物思いにふけった記憶があります。

もちろん、有罪となった日本人が多くいたことは言わずもがなですが、李香蘭の特異な境遇から無罪としたこの中国の裁判官の判断は非常に人道的で印象的でした。

李香蘭のスター性や華やかな持ち歌から、ミュージカルとしても見応えのある一作でしたね。

最後にパンフレットについて一言。

昨今のミュージカル界のパンフレットはビジュアル重視で、値上げに値上げを重ねているのに対し、この公演ではどうでしょう。

800円という良心的な価格設定で、且つ、この文字数の多さ、内容の濃さ…とても素晴らしい企業努力だと思います。

今回の公演に向けてのPVではないですが、参考までに以前の劇団四季公演のPVを載せておきます。


劇団四季:『ミュージカル李香蘭』東京公演:プロモーションVTR