ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる舞台ミュージカルを中心とした、ミュージカル映画、演劇、オペラに関するブログ

『Chasing Rainbows: The Road To Oz』2019.9.26.19:00 @Paper Mill Playhouse

f:id:urara1989:20191128232619j:image

『Chasing Raibons: The Road To Oz』とは

New Jersey州MillburnにあるPaper Mill Playhouseの2019/2020 seasonの一作目として上演されたミュージカル。

ジュディ・ガーランドの幼少期から『オズの魔法使』デビューまでを、彼女が実際に映画の中で歌ったナンバーとともに綴るジュークボックスミュージカルになっている。

演出・振付は、Denis Jones。

f:id:urara1989:20191128232759j:image

キャスト

Judy Garland (Frances Gumm)    Ruby Rakos

Frank Gumm    Max Von Essen

Ethel Gumm    Lesli Margherita

Mickey Rooney (Joe Yule)    Michael Wartella

Virginia Gumm    Tessa Grady

Mary Jane Gumm    Samantha Joy Pearlman

Shirley    Violet Tinnirello

Lana (Julia Jean)    Clara Cox

Deanna (Edna Mae)    Christina Maxwell

George Jessel    Kevin B. McGlynn

Lois B. Mayer    Stephen DeRosa

Kay Koverman    Karen Mason

Roger Edens    Colin Hanlon

Clark Gable    Sean Thompson

Baby Gumm    Sophie Knapp

Young Virginia Gumm    Molly K. Lyons

Young Mary Jane Gumm    Allsun O'Malley

Harold    Lamont Brown

f:id:urara1989:20191128232659j:image

感想

ペーパーミルプレイハウスの今シーズン第1作目のプレビュー初日に行ってきました。

舞台のミュージカルだけでなく、ミュージカル映画も大好きな私としては、ジュディ・ガーランドの人生を描いたミュージカル作品ということで、是が非でも観たいと、何ヶ月も前からこの日を待っていました。

マンハッタンのペンステーションからニュージャージートランジットに乗り、欠便のため途中で乗り換えをしながら、慣れないながらもなんとか劇場に到着しました。

▼trailerです。


Chasing Rainbows: The Road to Oz at Paper Mill Playhouse, 2019

▼観劇後の感想です。 

今回の作品はジュディのごく初期のキャリアを描いていて、主軸になっているのはジュディと父親フランクの親子の絆です。

2019年9月下旬にアメリカで公開され、日本では2020年3月に公開される『Judy』では晩年の様子が描かれているので、対照的なジュディの肖像を観られて大変興味深かったです。

ジュディ・ガーランドの出演映画からの楽曲が寄せ集められているので、映画のワンシーンが蘇って感動も尚更でした。

ジュディを演じたのはRuby Rakosという若手で、素晴らしい歌唱力で観客を魅了していました。

ブロードウェイでは『Billy Elliot』にバレエ少女として出演していたようです。

私の近くにいたジュディファンの子は「ジュディの歌声とは全然違う」と納得していませんでしたが、私は好きでした。 

父親のフランク役のMaxさんも素晴らしい歌声を披露していて、ロングトーンに鳥肌が立ちました。

会場にはジュディの生涯年表や関わった人物・作品に関する掲示が所狭しとされていました。

下にその写真を貼っておきますね。

▼In Real Life①

f:id:urara1989:20191130165730j:image
▼In Real Life②
f:id:urara1989:20191130165703j:image

▼『オズの魔法使』に関して

f:id:urara1989:20191130165652j:image

▼ハイライト
f:id:urara1989:20191130165718j:image


f:id:urara1989:20191130170239j:image

f:id:urara1989:20191130170250j:image

f:id:urara1989:20191130170301j:image

特に下の動画にあるような若手のダンスシーンはとても楽しかったです。

机の上に乗ってのダンスは転落しないか心配になる部分もありましたが。

また、プレビュー初日ということで仕方ないですが、1幕途中で舞台セットの移動が滞り、ショーが一時停止することがありました。

1回ならご愛嬌ですが、これが数回あったので、少し心配になりました。

2幕は問題なかったので、一時的なものだったのでしょう。

▼稽古場の様子


Ruby Rakos, Lesli Margherita, and More Preview ''Chasing Rainbows: The Road to Oz''

幼少期〜ドロシー役が決定するまでの期間は、ジュディの人生の中で上り調子の時期ですが、光の当たる部分だけでなく、薬物問題やバイセクシャルの父の二重の結婚生活など、負の側面も描かれていました。

個人的には、もう少しブラッシュアップすればブロードウェイへのトランスファーもあるのでは?と思ってしまいました。

ジュディファンとしては、現在でも彼女はこれだけ多くの方に愛されるアイコンなのだということに思わず胸が熱くなってしまいました。

▼主演のRuby Rakosによる「Should I?」


Watch Ruby Rakos Channel Judy Garland with 'Should I?' from CHASING RAINBOWS

『Moulin Rouge!』2019.9.25.20:00 @ Al Hirschfeld Theatre

f:id:urara1989:20191128163519j:image

『Moulin Rouge!』とは

2019年7月にブロードウェイで初演されたジュークボックスミュージカル。

2001年の同名のミュージカル映画を基にしている。

音楽は映画版で用いられた楽曲だけでなく、映画公開後から本作初演までの間の17年間のヒットチャートから数曲加えられた。

演出はAlex Timbers。

f:id:urara1989:20191128164011j:image

あらすじ

イギリスの上流階級出身の作家志望のクリスチャンは、ボヘミアンな世界に憧れ、パリのモンマルトルに出るものの、恋愛経験がないためうまく作品を書くことができない。

天井を突き破って上階に住むアルゼンチン人が落ちてきたことをきっかけにして、キャバレー・ムーラン・ルージュに勤務する作家オードリーや画家アンリ・ド・トゥールーズ=ローレックらと親しくなる。

彼らはムーラン・ルージュの新しいパトロンを見つけるための演劇を考えていたが、うまく歌が作れない。

そこでクリスチャンは自身の温めていた曲をその場で歌うと、彼らは絶賛する。

ローレックたちはムーラン・ルージュの歌姫サティーンから、経営者であるジドラーを説得してもらおうと考え、クリスチャンに一張羅を着せ、ムーラン・ルージュに向かう。

ティーンはパトロンになってくれる公爵と密会する予定だったが、手違いで着飾ったクリスチャンを公爵と勘違いしてしまう。

その場をうまく誤魔化し、なんとかクリスチャンの作品を上演する準備が始まるが、クリスチャンに恋するサティーンをよく思わない公爵は、手練手管でサティーンを匿おうとする。

互いに強く思い合うクリスチャンとサティーンだったが、その間にもサティーンの体は徐々に病魔に侵されていたのだった。


f:id:urara1989:20191128164152j:image

f:id:urara1989:20191128164139j:image

キャスト

Santine    Karen Olivo

Christian    Aaron Tveit

Harold Zidler    Danny Burstein

Toulouse-Lautrec    Sahr Ngaujah

The Duke of Monroth    Tam Mutu

Santiago    Ricky Rojas

Nini    Robyn Hurder

Arabia    Holly James

Pierre    Reed Luplau

Baby Doll    Jeigh Madjus

f:id:urara1989:20191128163618j:image

感想

今のところ、今シーズン一の話題作といっても過言ではない『Moulin Rouge!』に行ってきました。

舞台からせり出す舞台装置やネオンサインに彩られた客席で、劇場に一歩入った瞬間から圧倒されました。

$200以下の格安のメザニンだったのですが、前の一列がなかったので、視界がひらけていてとても観やすい座席で最高でした。

CBSのニュースで報道された様子


Moulin Rouge The Musical Opens On Broadway

▼観劇後の感想です。

客席に足を踏み入れると、まずこんな光景が広がります。

下の写真は私のiPhoneで撮影したもので、フィルターなど加工は施していません。

f:id:urara1989:20191128163810j:image

写真なのでわかりませんが、下手側の観覧車は回っています。

開演前から役者たちがspontatneousに登場して、場合によっては客席近くまで来るなどしていて、immersive感が増す演出がされていました。

ミュージカルとしては、耳馴染みのいい曲の連続なので、それは客席も盛り上がりますよね。

ジュークボックスミュージカルの長所とも言えましょう。

最近のヒット曲から、古き良きミュージカル映画曲まで、普段舞台を観ない人にとっても、ミュージカルファンにとっても、楽しい内容になっていました。

アーロン・トヴェイトを舞台で観るのは『Next To Normal』以来。

その間に映画『レ・ミゼラブル』のアンジョルラスに抜擢されたりと大出世しましたが、今回は彼がカンパニーを引っ張っていましたね。

とにかく彼の歌声が素晴らしく、心を揺さぶられました。

カレン・オリヴォは前回の『West SIde Story』のアニタ役でトニーを受賞した方ですが、コケティッシュでありながら儚さもあるサティーンを熱演していました。

この2人を観るだけでも劇場に通う意味があるというものです。

各々、確実にトニー賞にノミネートはされるでしょう。

▼アーロン・トヴェイトとカレン・オリヴォによる「Your Song」


'Moulin Rouge! The Musical.' Cast Perform 'Your Song'

 ムーランルージュのオーナーであるハロルド・ジドラーを演じているDanny Bursteinさんはブロードウェイではベテランの俳優さんですが、『South Pacific』の海兵隊長役を拝見したことがあります。

今回はお髭があったので、しばらく同一人物と認識できませんでしたが。

ムーラン・ルージュらしいカンカンダンスなど、華やかなショーシーンはとにかく楽しくあっという間に時間が過ぎてしまいました。

舞台装置や既存曲使用のために、お金はかけているなというのはよくわかりましたが、ステージドアではかなり塩対応で少し悲しかったです。

f:id:urara1989:20191128163849j:image

ステージと銀橋の間にあるCan Can Seatというものは$400前後しますが、舞台全体は観られなくても迫力はあるでしょうね。

一方、$50程度の立ち見席を公演当日、窓口で販売しているので、節約したい方は利用してみるのも一手です。 

Moulin Rouge! the Musical

Moulin Rouge! the Musical