ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『夢のチョコレート工場(1971)』Willy Wonka & the Chocolate Factory

f:id:urara1989:20180622160215j:image

夢のチョコレート工場』とは

ロアルド・ダールによる児童小説『チョコレート工場の秘密』を原作とした、1971年公開のアメリカのミュージカル映画

作品中の「The Candy Man」については、サミー・デイヴィス Jr. がカバーしヒットした。

音楽はアカデミー賞、主演のウォンカ役ジーン・ワイルダーゴールデングローブ賞にそれぞれノミネートされたが、ともに『屋根の上のヴァイオリン弾き』に敗れている。

なお、同原作によるミュージカル舞台版が2013年ウェストエンドで初演されたが、「Pure Imagination」をはじめとする本映画中のナンバーが何曲か採用されている。

あらすじ

父親のいない少年チャーリーは、巨大なチョコレート工場のある大きな町に、祖父母たちとともに貧しい生活を送っていた。

ある日、そのチョコレート工場の経営者ウィリー・ウォンカ氏が自社のチョコレートの中にゴールデンチケットを5枚封入して出荷し、そのチケットを引き当てた子どもとその保護者1名を工場に招待すると発表した。

新聞配達のアルバイトの収入を自分のためではなく、全て家族のために使う心優しいチャーリーに、ジョーおじいちゃんはウォンカのチョコレートを買ってあげるのだった。

そこに金のチケットは入っていなかったが、感謝しながらチョコレートを食べるチャーリー。

ある日、学校帰りにたまたま道端にコインを見つけたチャーリーは、そのコインでウォンカのチョコレートを買ったところ、見事金のチケットを当てたのだった。

ジョーおじいちゃんを引き連れ、喜び勇んでウォンカ氏の工場に向かうチャーリー。

しかしこれは、ウォンカ氏が子どもたちに課した、あるテストだったのだ…


Willy Wonka & The Chocolate Factory (1971) Official Trailer - Gene Wilder, Roald Dahl Movie HD

キャスト

ウィリー・ウォンカ  ジーン・ワイルダー

ジョーおじいちゃん  ジャック・アルバートソン

チャーリー・バケット  ピーター・オストラム

ヴェルーカ・ソルト  ジュリー・ドーン・コール

ヴァイオレット・ボールガード  デニス・ニッカーソン

マイク・ティーヴィー  パリス・セメン

オーガストス・グループ  マイケル・ボルナー

f:id:urara1989:20180622164017j:image

感想

小学生の頃、ロアルド・ダールの小説を読んだ方も多いのではないでしょうか。

ファンタジーの要素がありながら、子どもたちに善悪を教えるストーリーが印象的だった記憶があります。

本作は公開直後より、しばらく経ってからカルト的な人気が出ました。

なんと言っても、本作のジーン・ワイルダーの奇怪なウォンカ像は印象深く、一度観ると忘れられません。

登場シーンから固唾を飲んで見入ってしまいます。

杖をつきながら歩いてきて、どこか足がよくないのかしらと思わせておきながら、門に辿り着いたらでんぐり返しのサプライズ。

ウォンカ氏のパーソナリティーがこの登場シーンに象徴されています。

ドアが開き、チョコレート工場に入ったシーンがありますが、この撮影の時にキャスト達は初めてセットの全貌を目の当たりにしたそうです。

あの圧倒された表情は自然に生まれたものなんですね。

「Pure Imagination」では、ウォンカ氏は純粋な想像力の大切さを大人たちに訴えているようです。

数々のアーティストにカバーされている名曲ですね。


Gene Wilder - Pure Imagination

Come with me and you'll be

In a world of pure imagination

Take a look and you'll see

Into your imagination

 

We'll begin with a spin

Traveling in the world of my creation

What we'll see will defy explanation

 

If you wanna view the paradise

Simply look around and view it

Anything you want to do it

Want to change the world?

There's nothing to it

 

There is no life I know

To compare with pure imagination

Living there you'll be free

If you truly wish to be

ちなみに、最後にcrispyな音をさせて美味しそうに食べている、花のかたちをしたカップとソーサーは、実際、蝋でできていたそうです。

個人的に大好きな曲なので、他のアーティストによるカバーも載せておきます。

まずは、ドラマ『グリー/glee』キャストによるカバー。


GLEE "Pure Imagination" (Full Performance)| From "Funeral"

そして、2018年トニー賞授賞式で司会を務めた、ジョシュ・グローバン Josh Grobanによるカバー。


Josh Groban Pure Imagination From ''Charlie And The Chocolate Factory''

実際、ウォンカ氏と子どもたちの間の緊迫した雰囲気を出すために、撮影中、ジーン・ワイルダーはわざと子役たちによそよそしく当たっていたそうです。

特殊技術やCG加工を用いない70年代という時代が生み出した、素朴ともいえる手づくり感が、かえって作品にファンタジックなエネルギーを与えている気がして、私の好きな映画のひとつです。

チャーリー役の子役は獣医になっており、その他の子役たちも全員、奇跡的に悪の道に走らず、定職に就いているという意味でも、安心して子どもに見せられる映画といえます。