ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『ハッピー フィート(2006)』Happy Feet

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51DROToyhtL._SY445_.jpg

ハッピー フィート』とは

2006年公開のアメリカのフルCGアニメーション映画。

アカデミー長編アニメーション賞受賞作。

あらすじ

コウテイペンギンの父メンフィス、母ノーマ・ジーンの間に生まれたマンブルは、ひどい音痴で、歌で求愛するペンギンの世界では一人浮いた存在だった。

さらに、マンブルには足をタップダンスのように動かす癖があった。

ノーマ・ジーンは個性的な我が子を受け入れたが、メンフィスは”普通の”ペンギンとは違うマンブルを快く思わなかった。

魚の捕獲量が減りつつある現状を受け、長老ノアコウテイペンギンの伝統をますます重んじるようになり、ダンスで和を乱す者として、マンブルをコウテイペンギン界から追放する。

愛しいグローリアや両親と別れたマンブルは、魚が獲れなくなった原因を調べるべく、陽気なアデリーペンギン5人組アミーゴや教祖ラブレイスと一緒に旅立つのだった。。。

キャスト

マンブル イライジャ・ウッド

グローリア ブリタニー・マーフィ

メンフィス ヒュー・ジャックマン

ノーマ・ジーン ニコール・キッドマン

ノア ヒューゴ・ウィービング

アミーゴス

 ラモン ロビン・ウィルアムズ

 ラウル ロンバルト・ボヤー

 ネスター カルロス・アラズラキ

 ロンバルト ジョニーサンチェスⅢ世

 リナルド ジェフ・ガルシア

ラブレイス ロビン・ウィリアムズ

感想

タップダンスを踊るとっても可愛いペンギンの物語。

私もタップダンスを習っているので、とても楽しく見ました。

まず、映像美にびっくり。

CGといって侮るなかれ、とても画が綺麗です。

海の中をスイスイ泳いでいく場面や、氷上を腹ばいで滑り降りるシーンは、きっと映画館の大きなスクリーンで見たら一種のアトラクションになるのではないかと思うくらい、臨場感があります。

マンブルのタップダンスですが、なんとあのサビアン・グローバーが踊ったものを映像化しているそうです。

一体どうやっているのかと思いましたが、これを聞いて納得です。

手を横に広げてよたよた歩いたり、氷上でコケたり、ペンギンの一挙手一投足に癒されました。

また、環境問題を扱っており、おそらく日本をはじめとするアジア圏の魚食文化を批判しているのでしょうかね。(南極周辺での漁業禁止の場面で反対するシーンで”プロミス”の看板が目に入りました。)

ペンギンの食べる魚が少ないから南極周辺の漁業禁止というのは単純化しすぎという気もします。

捕鯨問題をはじめ、アジア圏の魚食文化について、なかなか西洋人とは理解し合えないですね。


Happy Feet (Trailer 2006 )