ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『ザッツ・エンターテイメント(1974)』That's Entertainment!

『ザッツ・エンターテイメント』とは

1974年MGM制作のミュージカル映画の名場面を集めた作品。
MGMのミュージカル映画のうち75作品が、当時活躍した俳優たちにより紹介される形式で、進行していきます。
MGMのミュージカル映画の華やかな歴史を、窺い知ることができます。

 

キャスト・スタッフ

監督…ジャック・ヘイリー・Jr.

フレッド・アステア
ビング・クロスビー
ジーン・ケリー
デビー・レイノルズ
ミッキー・ルーニー
ジェームズ・スチュワート
ライザ・ミネリ
エリザベス・テイラー
ドナルド・オコナー

感想


それぞれの俳優が、共演したり、親交のあった俳優について紹介しています。

ジーン・ケリーフレッド・アステアは、それぞれをお互いに紹介しあっているのですが、
共演した映画は、たったの2作品だけですが、
それぞれリスペクトして、互いの才能や努力を認め合い、意識し合っていたことがわかりました。
2人が共演したシーンが取り上げられているのですが、鳥肌ものです!!!
1人だけでも圧倒的な迫力なのに、2人そろったら、どうでしょう!!??
これぞ、プロフェッショナルの最高峰じゃないでしょうか。
まだ、共演作2本は観たことがないので、ぜひ、いつか観てみたいですね。


ライザ・ミネリミッキー・ルーニーは、ジュディ・ガーランドについて語っていました。
ジュディは、この映画の公開の5年前に亡くなっているので、本人出演が叶わなかったことが、本当に残念です。
でも、もし生きていたとしても、MGMとケンカ別れしたから、出演したか否かはわかりませんが。
ジュディが、姉たちとともにガム・シスターズを組んで、ラ・クカラチャを歌っている貴重映像から、
専属契約を競い合ったディアナ・ダービンとの共演シーン、
そして、日本では入手困難な『踊る不夜城』や『ガール・クレイジー』の出演映像など、
興味深いシーンを観ることができます。
いろいろなジュディを観ることができるのですが、その天性の何かを感じました。
このシーンを見ると、夭折してしまったことが本当に悔やまれます。


この他にも、数多くのMGM制作のミュージカル映画のハイライトを堪能でき、とても楽しめました。
まだまだ、観たことのない作品が多いので、これからどんどん観ていきたいと思います。


この映画を観て、感じたことは、MGMの規模の大きさ。
他の映画会社のミュージカル映画とは、量も質も敵わないというMGM作品の数々は、
多くの優秀な人材―俳優やスタッフたちによって築き上げられたんだな、と。
だって、スター俳優と言われる人たちが、MGMには何人もいるんですから、
全体の規模は計り知れません。
フレッド・アステアをはじめとする、当時を知る俳優たちのインタビューもあるのですが、
彼らが過去の出演を振り返る様子は、まるで青春時代を思い出すような感じで、
ミュージカル映画の撮影にどれだけの心血を注いできたのか、感じることができました。


戦中から戦後にかけて、庶民の最大の娯楽として発達したミュージカル映画は、
今では当時を物語る、ひとつの資料と化していると言われてしまうかもしれませんが、
私は、「ミュージカルは終わらない!」と言いたいです。
映像の中に封じ込められている、俳優やスタッフたちの情熱を、とても強く感じられるから。
単に演技だけでなく、才能を要される歌やダンス、それに加えられた当時の創意工夫は、
現代に生きる私を魅了してやみません。


最後に蛇足ながら言いたいのは、日本でDVD化されていないミュージカル映画が大変多いことです。
とくに、ジュディ・ガーランドの出演作(特にジーン・ケリーと共演している『フォー・ミー・アンド・マイ・ギャル』を観たい!!)や、『オズの魔法使』以前のミュージカル映画のDVD化が殆どされていないことが、残念でなりません。

『晴れた日に永遠が見える(1970)』On A Clear Day You Can See Forever

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/thumb/5/5d/ClearDayPoster.jpg/220px-ClearDayPoster.jpg

『晴れた日に永遠が見える』とは

1970年のミュージカル映画
同名の1965年に開幕したブロードウェイ・ミュージカルを映画化したもの。
舞台版さえ曲数が少ないのに、映画ではさらに曲が削られていて、ミュージカル色は薄いです。
ほとんどの歌は、バーブラ・ストライサンド演じるデイジーが歌います。
ヴィンセント・ミネリ監督なので、美術や背景がとても美しいです。
ダンスシーンは全くありません。

あらすじ
デイジーは、ニューヨークに住む明るい大学生。
医学部での講義中に、マルク博士が行っていた催眠術の実験にかかってしまう。
今まで誰もかからなかった催眠術が成功したことに、マルク博士は驚く。
デイジーは、婚約者ウォーレンの就職のために、自身のタバコ中毒を克服しようとしていたので、催眠術で禁煙できないか、マルク博士に頼み込む。
マルク博士は、デイジーに催眠術をかけるが、催眠術をかけられたデイジーは妙なことを話し始める。
話を聴くうちに、デイジーの意識は、18世紀のイギリスに生きたメリンダという公爵夫人に移行したことがわかる。
つまり、それは彼女の前世の姿だった。
その他も、予知能力や花を速く成長させるなど、デイジーの超能力が明らかになる。
何度もデイジーと面会し、催眠術をかけ、彼女の前世であるメリンダに会ううちに、
マルク博士は現代に存在しない、高貴なメリンダに恋していることに気づく。
デイジーは、超能力で、博士が自分のことを想っていると感じとり、博士の存在が気になりだす。
しかし、ある日、催眠術にかけられた自分と博士の会話が録音されたテープを偶然聞いてしまい、博士が恋しているのは自分の前世であるメリンダであり、現在の自分自身ではないことを悟ってしまう。。。

キャスト・スタッフ

監督…ヴィンセント・ミネリ

デイジー・ギャンブル/メリンダ…バーブラ・ストライサンド
マルク・シャボー博士…イヴ・モンタン
ウォーレン…ラリー・ブライデン
タッド…ジャック・ニコルソン
ヒューム博士…ボブ・ニューハート
ロバート・テントリース…ジョン・リチャードソン

感想

最初にこの映画を観たのは、単にタイトルに惹かれたからです。
『晴れた日に永遠が見える』なんて、とても素敵な響きですよね・・・。

実際観てみて、バーブラ・ストライサンドの演技、歌が、とても輝いています。
明るくタバコ好きな今時の大学生と、イギリスの気高い貴婦人を、うまく演じ分けていました。
タイトル曲「♪晴れた日に永遠が見える」は、とてもシンプルなメロディラインなので、歌唱力がないと悲惨なことになりそうなのですが、彼女の力強い歌声はこの曲にとても合っていました。
特に良かった「♪What Did I Have That I Don't Have」という曲は、前世の自分と現世の自分との違いに困惑し、思い悩むデイジーが歌うナンバーでした。

 

ストライサンドは、本当に多彩な人で、歌手、女優、作曲家、映画監督と、この後も様々な才能を開花させています。

また、マルク博士役のモンタンも、素敵な歌声を披露していました。


あと、ヴィンセント・ミネリ監督らしい、というか、背景や美術、色彩感覚や構成がとても素敵。
お花がたくさん出てきたり、デイジーの寝室の壁紙も可愛いし。
デイジーのファッションも、また面白いのです。

ミュージカル映画としては、ダンスがないせいか、とても落ち着いている(笑)のですが、
なぜか後引く魅力を持っています。
不思議な映画です。
ボーイ・ミーツ・ガールの一般的なミュージカル・コメディに飽きてしまった方に、おすすめです☆


BARBRA STREISAND - On A Clear Day (You Can See Forever)

『チップス先生さようなら(1969)』Goodbye Mr. Chips

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/M/MV5BNTNhYzk5MzItZjI4Ni00ZTU5LWJmMTMtYTkzNDgxYjEzYzAxXkEyXkFqcGdeQXVyMTAwMzUyOTc@._V1_UX182_CR0,0,182,268_AL_.jpg

チップス先生さようなら』とは

ヒルトン作の有名な同名小説を基にした、МGМ製作のミュージカル映画
舞台の映画化ではなく、音楽はこの映画のために書かれました。
1939年に、一度映画化されているが、ミュージカル映画ではないです。

あらすじ
1920年代、イングランド南部にあるブルックフィールド・スクールに勤めるアーサー・チッピングは、独身で真面目な教育熱心の教師だったが、生徒の受けはあまりよくなかった。
ある時、イタリア旅行中、ロンドンに滞在した時、舞台女優のキャサリンと出会う。
その後、ポンペイで再会を果たした二人は急速に惹かれ合う。
彼らは結婚し、学校関係者は堅物教師の突然の結婚に目を丸くする。
キャサリンは、たちまち学校の人気者となるが、有力者のサタウィック卿の脅迫に遭うなど、風当たりも強かった。
この頃から、生徒たちからの評判も良くなり、次期校長の有力候補者にあげられるのだが。。。

キャスト・スタッフ

監督…ハーバート・ロス

アーサー・チッピング…ピーター・オトゥール
キャサリンペトゥラ・クラーク
校長…マイケル・レッドグレーヴ
サタウィック卿…ジョージ・ベイカー
マックス…マイケル・ブライアント
ウィリアム…ジャック・ヘドレー
アーシュラ…シアン・フィリップス

感想

パッケージにもあった通り、《心温まる》作品でした。

イギリス的な(決してアメリカ的でない)音楽も、素敵でした。

ストーリーが、サクセスストーリーでもなく、とびきり明るいものではないので、

ミュージカル化しにくい部類のような気がします。

しかし、主役のピーター・オトゥールペトゥラ・クラークの存在が、ほんわかした幸せムードを醸し出していました(^^)

キャサリンをミュージカル女優とすることで、どうにかミュージカルシーンを盛り込もうと必死になっている感じもなくもありませんでしたが。

実際、ミュージカルっぽい曲はキャサリンが音楽劇中で歌い踊る「London is London」くらいで、

その他は、非常に落ち着いた(ややもすると、退屈気味の)楽曲が続きました。

この落ち着いた感じが、このストーリーにはとても似合っていたと感じました。

 

ドラマチックな展開はありませんが、

チップス先生の素朴な人柄や、キャサリンの愛情、2人のかけあいがとても微笑ましくて、

落ち着いた印象を受ける、ミュージカル映画となっていました。


PETULA CLARK - LONDON IS LONDON (from Goodbye Mr Chips)

『ファニー・ガール(1968)』Funny Girl

http://static.rogerebert.com/uploads/movie/movie_poster/funny-girl-1968/large_4b5ZtYmVtwz5R0UDavj3rvQJrBj.jpg

『ファニー・ガール』とは

1968年のミュージカル映画
1920年代に活躍した喜劇女優ファニー・ブライスの半生を描いたブロードウェイ・ミュージカルを映画化したもの。
バーブラ・ストライサンドが映画初主演した作品で、アカデミー主演女優賞を獲得した作品。
アカデミー賞授賞式のスピーチで、劇中の台詞「Hello,gorgeous!」と言ったことは有名です。
「People」「Don't Rain on My Parade」「My Man」など有名なナンバーがあります。

あらすじ
「ファニー・ブライス」のネオンが光るウィンター・ガーデン劇場。
開場前のしばしの時間、ファニーは物思いに耽っていた――。
若い頃のファニーは、容姿の問題と度重なる失敗でコーラスガールを解雇されかけていたが、それが逆にウケ、評判が評判を呼び、ジークフェルド一座にスカウトされる。
ちょうどその頃、踊り子の間では有名だったギャンブラーのニック・アースティンと恋に落ち、二人は結婚して一女をもうける。
しかし、ニックの仕事がうまくいかなくなってから、ニックは「ミスター・ブライス」と呼ばれるようになり、自尊心を傷つけられ、ギャンブルに溺れるようになる。。。

 

 


I'M THE GREATEST STAR - BARBRA STREISAND

キャスト・スタッフ

監督…ウィリアム・ワイラー ハーバート・ロス

ファニー・ブライスバーブラ・ストライサンド
ニック・アースティン…オマー・シャリフ
ローズ・ブライス…ケイ・メドフォード
ジョージア・ジェームス…アン・フランシス
フローレンツ・ジークフェルド…ウォルター・ピジョン

感想

この映画の主人公のファニー・ブライスと同様に、バーブラ自身も一躍スターダムに上り詰めました。

映画初主演なのに、すでにバーブラ独特の個性が歌や演技に現れています。

「Don't Rain on My Parade」以外にも、「People」や「My Man」など、

全ての楽曲がいつ聴いても素晴らしいです。

ストライサンドは歌声を、時に力強く、時にはかなく、自由自在に変化させています。

圧倒的な歌唱力と表現力です!

この歌声を聴けるだけで、私にとっては、もう感動ものなのです(T_T)

 

お話は、ミューによくありがちなシンデレラ・ストーリーですが、

田舎娘から、ジークフェルドのレビューのスターまで、

バーブラ・ストライサンドの演技のふり幅の大きさには、何度も驚かされます。

 

実在の人物、ファニー・ブライスをモデルにしています。

1920年代当時、美人さんを各地から集めてつくっていたジークフェルドのレビューで、

お世辞にも美人とは言えないのに、花形として活躍していたのがブライスです。

が、作品中のエピソードは全て実話というわけではないようです。

例えば、ジークフェルドの考えに背き、

レビュー「美しい花嫁」で、妊婦の格好でウェディングドレスを着た場面などは、

スタッフの思いつきで、実際、ファニーとジークフェルドの間で、議論や言い争いはなかったそうです。


"People" from Funny Girl

『スイート・チャリティ(1968)』Sweet Charity

http://www.thedigitalbits.com/images/columns/coate_history/sweetcharity_halfsheet.jpg

『スイート・チャリティ』とは

1968年のミュージカル映画。66年初演のブロードウェイ・ミュージカルを映画化したもの。
『シカゴ』などの振付師ボブ・フォッシーが監督・振付を務めたことで有名。
原作は、ニール・サイモンによるものだけれど、それは映画『カリビアの夜』に着想を得たもの。
音楽は「If they could see me now」や「Big Spender」、サミー・デイビス・ジュニアによる「Rythm of Life」などが有名。
この「If they could see me now」は、三谷幸喜監督の『有頂天ホテル』の大団円で、Youさん演じる桜チェリーが歌っているので、そちらでご存知の方も多いかもしれません。
奇才と言われたボブ・フォッシーによる独特な振付も見ものです。
主演のシャーリー・マクレーンも、チャリティを好演しています。

あらすじ
チャリティ・ホープ・ヴァレンタインは、ダンスホールに勤めるホステス。
名前を刺青するほど愛していた恋人に、全財産を持ち逃げされるなど、男運がとことん無い。
ある日、映画俳優のヴィトリオの家に偶然行くことになるが、彼の恋人が戻って来て、結局帰されてしまう…。
そんな折、もっとまともな仕事を探すことを思いついた彼女は、職業紹介所へ。
故障で止まってしまったエレベーターで、閉所恐怖症の真面目人間、オスカーと出会う。
しぶしぶ、オスカーと付き合うことにしたが、次第にオスカーの優しさに好意を抱くようになる。
しかし、チャリティは、自分がホステスだと知られて嫌われるのを恐れ、銀行に勤めていると嘘をついてしまう。。。

キャスト・スタッフ

監督…ボブ・フォッシー

チャリティ…シャーリー・マクレーン
オスカー…ジョン・マクマーティン
ビッグ・ダディ(宗教指導者的な??)…サミー・デイビス・ジュニア
ヴィトリオ…リカルド・モンタルバン
ニッキー…チタ・リベラ
ヘレン…ポーラ・ケリー

感想

最初に観た時、ラストで「なんで~~~!!!???」と叫んでしまうくらい、納得できなかったんですが(笑)、
二度目に観た時、やっぱりこれで良かったな、と思えました。
そんなラストシーンです(笑)
シャーリー・マクレーンが、バカでお人好しな女の子を、好演しています!!
彼女なしでは、成り立たない、というくらい、素敵な演技。

音楽も、素晴らしいですが、舞台版での音楽がけっこう削られていたり、変更されていたので、その点、残念でした。
ダンスシーンは、フォッシー独特のダンスで、感じ方は人それぞれかな、と。
私は、好きなんですけれど、やっぱり独創的な世界ですね。
コスチュームも、凝っていて、面白かったです。


印象に残ったシーンは、サミー・デイビス・ジュニアの歌う「Rythm of Life」。
場面としては、一種のキリスト教信者の集まり??らしいのですが、一見、謎の集団みたいなww
一度聴くと、メロディがループして、頭から離れなくなりますwww

気になったところと言えば、時々、映像が止まったり、写真(静止している)を使ったりしていたところでしょうか。
映画の、なにか効果を狙ったものなんでしょうが、漫画的になってしまった感があったように思いました。

 

最後に、
映画『有頂天ホテル』の中で、Youさんが「If they could see me now」を歌っています。
ちなみに、聴衆の中にいる戸田恵子さんは、劇団薔薇座時代に、『スイート・チャリティ』の日本初演で、主演チャリティ役を務められています。


NEW! If They Could See Me Now, Sweet Charity, Shirley MacLaine HD

『モダン・ミリー(1967)』Thoroughly Modern Millie

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/M/MV5BZTlhYTc4MzEtZDNlYi00NjM2LTk2ZjQtZTUyZmRlMmYzODAyXkEyXkFqcGdeQXVyMjI4MjA5MzA@._V1_UX182_CR0,0,182,268_AL_.jpg

モダン・ミリー』とは

1967年のミュージカル映画
ジュリー・アンドリュース主演のミュージカル映画のひとつ。
主題歌は、アカデミー歌曲賞を受賞しています。
アカデミー歌曲賞を受賞したタイトル曲をはじめとしたオリジナル楽曲に加え、
20年代当時の流行歌で彩られています。
(例えば、「Baby Face」とか「Jazz Baby」とか…)
この映画をもとに、2002年初演の同名のブロードウェイ・ミュージカルが制作され、トニー賞作品賞をはじめとする6部門を受賞しました。
この映画には、黄禍論を思い起こされるような、黄色人種差別や暴力シーンが少し描かれていて、
これを批判されるのを心配してか、
2002年の舞台版では、ラストシーンが書きかえられています。
(映画ではドロシーはグレイドンと結ばれるが、舞台版ではホテル従業員の東洋人と結ばれる設定)

舞台版の『Thoroughly Modern Millie』については、下の記事に書きました。
http://blogs.yahoo.co.jp/hyper_urara/17816448.html

あらすじ
時は、20年代、若い独身女性の誘拐が横行していた。
ミリーは、田舎町からニューヨークへ上京してきた、流行を追う今時娘。
敏腕タイプライターの才能を武器に良い職場を探し、上司と玉の輿に乗ろうと計画していた。
しかし、上司・グレイドンはミリーを女として全く見てくれない。
そんな時、ミリーの滞在している、ミアーズの経営しているホテルに、舞台女優志望のミス・ドロシーがやって来て、ミリーと親しくなる。
ドロシーと一緒にホテルのダンス・パーティに出ていると、ジミーという、しがない会社員に出会う。
ジミーは上司の車に乗せてくれたり、豪邸をもつ未亡人・マージーの屋敷に連れて行ってくれたりする。
優しく面白いジミーにミリーは惹かれるが、玉の輿計画を思い出し、自分を抑える。
一方、ミス・ドロシーは偶然グレイドンと出会い、2人は恋に落ちる。
そんな折、ミス・ドロシーが何の伝言も残さずに突然立ち去り、すぐに誘拐されたことに気づく。
真相を探るために、ジミーが女装して、おとりとなるのだが。。。

キャスト・スタッフ

監督…ジョージ・ロイ・ヒル

ミリー・ディルモントン…ジュリー・アンドリュース
ジミー・スミス…ジェームズ・フォックス
ミス・ドロシー・ブラウン…メアリー・テイラー・ムーア
トレヴァー・グレイドン…ジョン・ゲイヴィン
マージー…キャロル・シャニング
ミセス・ミアーズ…ベアトリス・リリー
バン・フー…ジャック・スー
チン・ホー…パット・モリタ

感想

『サウンド・ミュージック』のあとの、ジュリー・アンドリュースを観ることができます。
オリジナル曲の「Thoroughly Modern Millie」や「Jimmy」が素敵です。
また、ジュリー・アンドリュースの歌う「Baby Face」とか、最高です!
上のオープニングの場面の、田舎娘から変身していく演出も楽しいですよね。

お話は、結局「やっぱ、お金より愛でしょ!」ということで、
ありがちな感じもしますが、結構楽しめました。

でも、日本人としては、誘拐組織がアジア人で(主導してるのは白人だけれど)、なんだかアジア人に対する偏見みたいのを、どうしても感じてしまいましたね。
それを抜きにしたら、とても音楽も俳優も素敵だし、楽しめるんですが…。

個性的なキャラとしては、ミリーたちが泊まっているホテルの管理人のミセス・ミアーズ。
『アニー』のミス・ハニガンを彷彿とさせる悪役っぷりで、
濃いメイクで、お箸みたいな長いかんざしをつけていたり、
時々中国語だかなんだかわからない言葉を口走ったりするのが、笑えました。

また、マージー役のキャロル・シャニングも魅力的でした。
声はあまり好きではないけれど、「Jazz Baby」のダンスや、アクロバティックな動きは、見ものです。

サウンド・オブ・ミュージック』と比べたら、断然『サウンド・~』ですが、
この作品では、それとはまた違ったジュリー・アンドリュースの一面を観られるのが、
ジュリー好きの私にとっては、嬉しかったです(^^)

『ロシュフォールの恋人たち(1966)』Les Demoiselles De Rochefort

http://styles-hairdesign.com/wp-content/uploads/2017/06/critique-les-demoiselles-de-rochefort-demy-varda111.jpg

ロシュフォールの恋人たち』とは

1966年のフランス産ミュージカル映画
シェルブールの雨傘』の興行収入によりつくられた明るいタッチの作品。
スタッフは、『シェルブールの雨傘』とほとんど同じ。
カトリーヌ・ドヌーヴと、実姉フランソワーズ・ドルレアックが美人双子姉妹で主演。
ほかに、ジーン・ケリージョージ・チャキリスなど、豪華なキャスティング!
また、ミシェル・ルグランの手がけた楽曲は、現在でもスタンダード・ナンバーとして度々耳にすることがあります。


あらすじ
軍港の町ロシュフォールにめぐってきたお祭りの季節。
旅芸人のエチエンヌとビルのコンビが到着しショーの準備を始めた。
作曲家の卵の姉ソランジュとダンサー志望の妹デルフィーヌの、美しい双子の姉妹は、パリに出て実力を試したいと考えていた。
一方で、駐屯している水平マクサンスは理想の女性との出会いを夢見て、未だ会わぬ彼女を絵に描く。
その絵はデルフィーヌに瓜二つだった。
また、カフェを経営する双子姉妹の母イヴォンヌにも秘められた恋があった。
その相手であるシモン・ダムはイヴォンヌの面影をもとめてロシュフォールに楽譜店を開店させたばかりだった。
ダムを訪ねてやってきた著名な作曲家アンディは、ソランジュと一目で恋に落ちてしまう。
新たな恋の予感と、かつての恋の再燃のなか、ロシュフォールは祭り独特の活気に満ちていく。。。

キャスト(歌の吹き替え)・スタッフ

監督…ジャック・ドゥミ

ソランジュ…フランソワーズ・ドルレアック(クロード・パロン)
デルフィーヌ…カトリーヌ・ドヌーヴ(アンヌ・ジェルマン)
アンディ・ミラー…ジーン・ケリー(ドナルド・バーク)
エチエンヌ…ジョージ・チャキリス
マクサンス…ジャック・ペラン(ジャック・ルヴォー)
イヴォンヌ…ダニエル・ダリュー
シモン・ダム…ミシェル・ピコリ
ビル…グローヴァー・デイル

感想

デジタル・リマスター化されたものを映画館で観ました。

とても鮮やかなミュージカル映画でした。
それは、双子姉妹の衣装のデザインと色合いが鮮やかだったからかもしれません。
色違いの衣装を着た姉妹は、歌って踊る人形のようでした。
冒頭の双子姉妹の歌う歌からして、本当に素晴らしかったです。
カトリーヌ・ドヌーヴは『シェルブールの雨傘』でおなじみですが、
姉のドルレアックは、どことなく影のある美人というか、水森亜土さんの描く女の子みたいだな、と思ってしまいました。

前作『シェルブールの雨傘』が完全な悲劇だったことによる反動でか、
この作品は全編通して、極めて明るいタッチで描かれています。
ストーリーは、正直、あってないようなものです。
ところどころ、突っ込みたくなる部分もありましたが、そっとしておきましょう(笑)

全編明るいタッチで描かれていると書きましたが、
私が違和感を覚えたのは、残虐な殺人事件が起きた場面でも、人々がそれほどショックを受けていない様子だったことです。
この殺人事件は、映画の中でどういう位置づけだったのか、まだよく整理がついていません。


鮮やかな衣装、ミシェル・ルグランの素晴らしい音楽、豪華なキャストだけでも、
この映画は一見の価値ありだと思いました。

シェルブールの雨傘』での成功で、キャストもスタッフも気持に余裕が出ていたのでしょう。
どことなく、皆、清々しい表情をしていて、観ている側もなんだかホッとしてしまいました。


Michel Legrand - Nous voyageons de ville en ville