ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる舞台ミュージカルを中心とした、ミュージカル映画、演劇、オペラに関するブログ

『カッスル夫妻(1939)』The Story of Vernon and Irene Castle

f:id:urara1989:20200429163004j:image

『カッスル夫妻(1939)』とは

実在の人物、ヴァーノン・カッスルとアイリーン・カッスルをモチーフにした伝記的ミュージカル映画

RKOでアステアとロジャースが共演した最後の作品。

監督はH・C・ポッター。

あらすじ

ヴァーノン・カッスルはニューヨークで舞台に出演しているが、本当はダンスが得意であるにも関わらず、スプラスティック・コメディばかり任されていた。

ある日、海辺で出会ったアイリーンと親しくなる。

ヴァーノンが俳優であり、ダンスが得意だと知ったアイリーンは、彼の舞台を観に行くが、ダンスとは関係のないコメディに失望する。

アイリーンにダンスをするべきと言われたヴァーノンは、アイリーンを相手に踊るようになる。

オーディションはなかなかうまくいかなかったが、マギーの計らいがあり、パリのカフェでのダンスが大成功を収める。

その後、アメリカ全国ツアーも成功を収め、人気を得た2人だったが、そんな彼らのもとにも徐々に戦争の影が迫ってくる。

キャスト

ヴァーノン・カッスル フレッド・アステア

アイリーン・カッスル ジンジャー・ロジャース

マギー・サットン エドナ・メイ・オリヴァー

ウォルター・アッシュ ウォルター・ブレナン

感想

フレッド・アステアジンジャー・ロジャースが主演するミュージカル映画の一作ですが、こちらの作品が彼らがコンビを解消するきっかけとなってしまいました。

彼らが共演で主演したのは10作品ありますが、本作は9作目。

実話をもとにしているため、他作品と違って悲劇に終わることから、観客動員数は伸び悩んだようです。

でも、本作でもいつものアステア&ロジャースのダンスを楽しむことができます。

フレッド・アステアのタップダンス


Fred Astaire - The Story of Vernon and Irene Castle - first dance

▼iconicなフレッド・アステアジンジャー・ロジャースのダンスシーン 


Too Much Mustard – Fred & Ginger in The Story of Vernon and Irene Castle 1939

ジンジャー・ロジャースは、ダンサーに憧れる箱入り娘アイリーンが偶然出会った俳優に憧れて、最終的には人生のパートナーになるまでを見事に演じています。

ラストで、帰らぬ夫と庭でダンスするシーンは悲しくも美しかったです。

本作の後、アステアは相手役をリタ・ヘイワースエレノア・パウエルジュディ・ガーランドなど次々と変えましたが、ロジャースほど長続きするダンスパートナーは現れませんでした。