ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる舞台ミュージカルを中心とした、ミュージカル映画、演劇、オペラに関するブログ

『四月のパリ(1952)』April in Paris

f:id:urara1989:20200426222041j:image

『四月のパリ』とは

1952年のワーナー・ブラザーズによるミュージカル映画

タイトルナンバーはヴァーノン・デューク作曲、イップ・ハーバーグ作詞であり、1932年初演のミュージカル『Walk a Little Faster』のために書かれた。

監督はデイヴィッド・バトラー。

あらすじ

パリで国際芸術祭が開かれることになり、アメリカ政府も人を派遣することになった。

しかし、著名な俳優に送るべき招待状が、誤ってコーラスガールに届いてしまう。

これが大衆の共感を得たため、一行を引率するサムは彼女と共にフランスに旅立った。

意気投合した2人は船内のキッチンで派手に踊った挙句、結婚式まで挙げてしまう。

しかし、サムには別の婚約者がいた。

キャスト

エセル・S・ジャクソン ドリス・デイ

サム・ウィンスロップ・プトナム レイ・ボルジャー

フィリップ・フォーケット クロード・ドーフィン

マルシア・シャーマン イヴ・ミラー

フランソワ ジョージ・ジヴォ

ロバート・シャーマン ポール・ハーヴィー

感想

ドリス・デイと、『オズの魔法使』のかかし役で有名なレイ・ボルジャーが主演のミュージカル映画です。

おそらく1955年に開催されたパリ万博にむけて作られた作品ではないかと思われます。

▼trailer


April In Paris (1952) Official Trailer - Doris Day, Ray Bolger Musical Movie HD

ドリス・デイの陽気な歌声は本作でも健在ですが、レイ・ボルジャーが他に婚約者がいながら結婚してしまう、優柔不断な役人を演じていて、女性から見るとひどい男にしか映りませんでした。

彼のタップダンスシーンは貴重かもしれません。

アステアのような優雅さはありませんが、コメディアン的な仕草が彼らしくていいと思いました。

▼Ray Bolgerのタップダンス


Ray Bolger in April in Paris 1953

最後はハッピーエンディングではありますが、何となく煮え切らずに終焉を迎えている印象。

個人的には繰り返し観たいと思える作品ではありませんでしたが、ミュージカル映画好きであれば、一回見ておいて損はないかと思われます。

 

ドリス・デイ(1949~1952) 5枚組 [DVD]

ドリス・デイ(1949~1952) 5枚組 [DVD]

  • 発売日: 2019/12/25
  • メディア: DVD