ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる舞台ミュージカルを中心とした、ミュージカル映画、演劇、オペラに関するブログ

『二人でお茶を(1950)』Tea for Two

f:id:urara1989:20200411215308j:image

『二人でお茶を(1950)』とは

1950年のアメリカのミュージカル映画

作中に登場する『No, No, Nanette』は本作制作のきっかけとなった舞台ミュージカルだが、あらすじは大きく異なる。

監督はデヴィッド・バトラー。

あらすじ

ブロードウェイのプロデューサーのラリーは新作の舞台の資金繰りに四苦八苦していた。

そこで、元恋人で億万長者の叔父がいるナネットに、新作への出資と引き換えに作品の主演を約束する。

女優志望のナネットは主演ができると喜び、叔父に出資の件を相談するが、不景気であることから最初は拒否されるが、24時間の間に受けた質問全てに「No.」とナネットが答えるという条件付きで出資を約束する。

新作の練習の間、ナネットは作曲家でピアニストのジミーと恋に落ちるが。

キャスト

ナネット ドリス・デイ

ジミー ゴードン・マクレー

トミー ジーン・ネルソン

ポーリーン イヴ・アーデン

ウィリアム ビリー・ドゥ・ウォルフ

感想

朗らかなドリス・デイが輝く、黄金期のミュージカル映画でした。

スタンダード・ナンバー化しているタイトル曲「二人でお茶を」をモチーフに、ミュージカルにありがちな舞台裏を描いている作品。

ドリス・デイの相手役は、ミュージカル映画回転木馬』や『オクラホマ!』などに主演したゴードン・マクレー

本作でもその美声を披露しています。

彼もハワード・キールらと共に主に歌い手としてミュージカル映画を彩ってきた俳優のひとりですが、たくましさや男らしさが際立つハワード・キールに対して、ゴードン・マクレーはどちらかというとmellowで甘美な歌声で、ずっと聴いていたいという気持ちになります。

▼「I Know That You Know」


Tea For Two (1950) – I Know That You Know

わきを固めるダンサーたちのパフォーマンスも見応えがありました。

特に「Charleston」の階段でのダンスは高い身体能力がないとできないシーン。

▼「Charleston」


Tea For Two (1950) – Charleston

映画全体の構成としては親戚のおじさんが子どもたちに「パパとママはこうやって出会ったんだよ」となりそめを語る形になっています。

この時代の作品にありがちなことですが、お話は正直あってないようなもので、深く考えずに歌とダンスを楽しむ娯楽作として素晴らしく、最後まで堪能できました。

▼タイトルナンバーである「Tea For Two」


Tea For Two (1950) – Tea For Two