ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる舞台ミュージカルを中心とした、ミュージカル映画、演劇、オペラに関するブログ

『Beetlejuice』2019.9.28.14:00 @Winter Garden Theatre

f:id:urara1989:20191212214157j:image

『Beetlejuice』とは

2019年にブロードウェイで初演されたミュージカル。

1988年の同名の映画を基にしている。

作詞・作曲はオーストラリア出身で俳優でもあるEddie Perfectによる。

演出はAlex Timbers。

f:id:urara1989:20191212214317j:image

あらすじ

アダムとバーバラの夫婦は事故で死んでしまうが、死んだことをなかなか実感できずにいた。

やがて、2人の住む家にチャールズとデリアの夫婦がやってくる。

アダムたちはチャールズたちを追い出そうとするが、生きている者にアダムたちは見えないらしく、うまくいかない。

困っていると、ビートルジュースには相談しないほうがいいと忠告を受ける。

ビートルジュースは「ビートルジュースビートルジュースビートルジュース!」と3回名前を呼ぶと現れる、人間を追い出すバイオエクソシストであり、呼び出すとトラブルが起きるだけだという。

チャールズとデリア夫婦の一人娘であるリディアには、アダムたちが見え、彼らは仲良くなる。

その後、なんとかチャールズとデリアを脅かそうとするが、逆に幽霊屋敷として家を売り出そうとされてしまう。

困ったアダムたちは、ビートルジュースと3回唱えて呼び出すが。

f:id:urara1989:20191212214245j:image

キャスト

Beetlejuice    Alex Brightman

Lydia    Presley Ryan

Barbara    Kerry Butler

Adam    David Josefsberg

Charles    Adam Dannheisser

Delia    Leslie Kritzer

Priest    Danny Rutigliano

Movers    Abe Goldfarb, Kelvin Moon Loh

Maxine Dean    Jill Abramovitz

Maxie Dean    Danny Rutigliano

Otho    Kevin Moon Loh

Girl Scout    Dana Steingold

f:id:urara1989:20191212214349j:image

感想

昨シーズンの作品ですが、当日、TKTSで格安チケットを買って観てきました。

目当てはビートルジュース役のアレックス・ブライトマン

トニー賞で彼のパフォーマンスを観て、なんだか面白そうと思い、今回の観劇に至りました。

土曜日マチネ公演だったため、ビートルジュースと仲良くなるリディア役はオリジナルキャストのSophia Anne Carusoではなく、understudyのプレスリー・ライアンでした。

個人的にはドラマ「Smash」などに出演しているSophiaちゃんを観たかった気持ちもありましたが、プレスリーもなかなか良かったので満足です。

▼trailerです。


Beetlejuice Musical Broadway Trailer | First Look 

▼観劇後の感想です。

アレックス・ブライトマンビートルジュースは、もちろん際どい事も言うのですが、映画版のビートルジュースよりも清潔で可愛い感じがして、愛されるキャラクターになっていたように感じました。

脇を固めるケリー・バトラーなどのブロードウェイのベテラン勢もいいのですが、タイトルロールを演じるアレックスがショー全体を文字通り引っ張っていっている印象でした。

ものすごいエネルギーだと思います。

音楽はまとまっているけれど、キャッチーさに欠ける印象でした。

音楽を手がけたエディー・パーフェクトという方は、ブロードウェイを中心に活動している俳優兼クリエイターのようで、最近だとミュージカル『キングコング』の音楽も手がけています。

f:id:urara1989:20191212214534j:image
f:id:urara1989:20191212214529j:image

▼本作のiconicな一曲「Day-O」映画版でも用いられていた。元々はアフリカ系移民の歌だった。


Beetlejuice The Musical Performs 'Day-O,' 'That Beautiful Sound' | The View

スモークや巨大な人形、個性的な衣装デザインといい、魔法のような世界が様々な方法を駆使して表現されていて、息つく暇もありませんでした。

家族で楽しめる娯楽作品としていい作品だと思いました。

来年の6月6日に、劇場を退去しなければならないため、今のウィンターガーデン劇場でご覧になりたい方はお早めに。 

f:id:urara1989:20191212214433j:image