ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる舞台ミュージカルを中心とした、ミュージカル映画、演劇、オペラに関するブログ

『Sea Wall / A Life』2019.9.21.14:00 @Hudson Theatre

f:id:urara1989:20191102182520j:image

『Sea Wall/ A Life』とは

2018年ロンドンで上演され、2019年にはオフブロードウェイのパプリックシアターで上演され好評を博し、同年8月から9月までオンブロードウェイに場所を移して上演された。

1幕がSimon Stephens作の『Sea Wall』、2幕がNick Payne作の『A Life』という2つのストレートプレイから構成される。

ともにモノローグ形式。

演出はCarrie Crackwell。

あらすじ

『Sea Wall』(防波堤)

アレックスには、愛する妻と娘がいる。

義父とは最初は距離があったものの、海でダイビングを教えてもらうようになってから、徐々に親しみを覚えるようになる。

しかし、ある日、義父と娘とともに海へ行った際、アレックスが泳ぎに行っている間、読書をしていた義父が目を離した隙に、娘が崖から落ちてしまう。

『A Life』(生命)

エイブは妻に妊娠したことを告げられる。

また、同じ時期に、実父の死期が近いことを知る。

新たな生命の誕生と、父との永遠の別れを目前にしたエイブは、複雑な気持ちで自身の人生を振り返る。

f:id:urara1989:20191102182609j:image

キャスト

Alex    Tom Sturridge

Abe    Jake Gyllenhaal

感想

今年の夏のオンブロードウェイは、気になるプレイが多く、ウエストエンドからトランスファーした舞台がmarqueeを多く飾っていました。

その中で、選んだのが一作目がこちらです。

▼trailer


Sea Wall / A Life on Broadway

先の通り、2つの異なるプレイが1幕と2幕で、同じ無機質なセットで上演されます。

両者ともに始まり方が非常にspontaneousで、いつのまにか役者が舞台上にいて、開演時間を知らせるブザーが鳴ることもなく、観客のざわつきが収まるのを待って自然に芝居が始まります。

無機質なセットですが、その分、シンプルな照明が映えました。

2つの悲劇は非常に身近な存在である家族を失う内容で、どのような方が観てもrelatableだと感じられる作品だと感じました。

plotを字面だけ読むとあまりにtragicですが、部分的にコメディー調の部分があって爆笑の渦が起きる場面もありました。

▼観劇後の感想

ノローグなのですが、役者の演技に呼応する観客の泣き笑い、時に掛け声も大切な作品の一部になっているように感じました。

トム・スタリッジは突然やさぐれた雰囲気で登場し、舞台上で何か飲み始めるのですが、観客が「何飲んでるの?」と尋ねると「ビールだよ」と。

こういった会話が開演前に繰り広げられ、こちらは「この人何があったのかしら」と面白おかしく想像を膨らませるわけですが、後でシリアスな展開を知り胸が締め付けられました。

ジェイク・ギレンホールはハリウッド大作にも出演され、有名な方なのに、私は今回の舞台まで全く知りませんでしたが、素晴らしかったですね。

コメディー調から淡々とした語り、そしてシリアスな語りへと、複雑な感情の流れを見事に表現していました。

英語が母国語でない私にとっては、プレイ鑑賞はかなり集中力を要するものですが、なかなか興味深い!と今回の観劇で味をしめてしまったのでした。

▼劇場のエントランスの壁に展示されているもの

f:id:urara1989:20191102182837j:image

▼劇場の外観

f:id:urara1989:20191102182720j:image