ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる舞台ミュージカルを中心とした、ミュージカル映画、演劇、オペラに関するブログ

『ロケットマン(2019)』Rocketman

 

Image result for rocket man 2019

ロケットマン(2019)』とは

2019年のイギリス・アメリカのミュージカル映画

楽家エルトン・ジョンの人生をモチーフにしており、彼が作曲を手がけた音楽がミュージカルナンバーとして使われています。

監督はデクスター・フレッチャー。

あらすじ

イギリス郊外ピナー。

家に寄りつかない厳格な父親と、子どもに無関心な母親の間で、孤独を感じて育った少年レジナルド・ドワイトは、天才的な音楽センスを見出され、王立音楽院に入学する。

その後、寂しさを紛らわすようにロックに傾倒する少年は、ミュージシャンになることを夢見て、古くさい自分の名前を捨てることを決意する。

レコード会社の公募広告を見て応募したエルトンは、同じく応募者の作詞をするバーニー・トーピンとともに曲作りに勤しむ。

彼の代表作として世界的に知られるスタンダードナンバー「ユア・ソング」がCうう目され、デビューが決まる。

LAの伝説的なライブハウス《トルバドール》でのパフォーマンスをきっかけにエルトンは一気にスターダムへ駆け上がっていく。

エルトンは、マネージャーのジョン・リードとは恋人同士でもあったが泥沼でもがくような関係を続け、いつも本当に必要とする相手から愛を得られないエルトンの心を深く傷つけた。

売れ続けるプレッシャーとの戦いの中で、約b通依存や過剰摂取に陥り、心身ともに追い詰められる。

成功と快楽に溺れ、堕落した生活を送るエルトンを前に、バーニーさえも彼の人生から遠ざかっていく。

キャスト

エルトン・ジョン タロン・エジャトン

バーニー・トーピン ジェイミー・ベル

シーラ・アイリーン ブライス・ダラス・ハワード

ジョン・リード リチャード・マッデン

ウィルソン ジェイソン・ペニークック

レイ・ウィリアムズ チャーリー・ロウ

アイヴィ ジェマ・ジョーンズ

スタンリー スティーヴン・マッキントッシュ

感想

公開日にレイトショーで観てきました。

エルトン・ジョン先生といえば、ミュージカルオタクの私にとっては、ミュージカル作品『ライオン・キング』、『アイーダ』、『ビリー・エリオット』の作曲家で、カラフルな出で立ちがお好きということしか知りませんでした。

「Your Song」が彼の作曲だったということも劇中で知ったほど、何も知らなかったのですが、不覚にも劇場で泣いてしまいました。

▼trailerです。


ROCKETMAN Extended Full Trailer

エルトン・ジョン役のタロン・エジャトンは、本作の撮影にあたり、エルトン・ジョン自身ととても親しくなり、エルトンの自宅に泊まってかなりの時間、腹を割って話をしたそうです。

その甲斐があってか、本人が憑依したようなパフォーマンスを披露しています。

公式サイト:

映画『ロケットマン』公式サイト