ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる舞台ミュージカルを中心とした、ミュージカル映画、演劇、オペラに関するブログ

『ブルー・スカイ(1946)』Blue Skies

f:id:urara1989:20190726092646j:image

『ブルー・スカイ(1946)』とは

1946年のアメリカのミュージカル映画

音楽はアーヴィング・バーリンによるものであり、過去に発表された楽曲を寄せ集めたかたちになっている。

ヒロインを演じたジョーン・コールフィールドは、元々監督を務める予定だったサンドリッチのお気に入りだったが、サンドリッチの急死により降板させられそうになるものの、当時関係のあったビング・クロスビーが彼女をかばったという裏話がある。

監督はスチュアート・ヘイスラー。

あらすじ

ラジオ番組でジェドが過去を振り返る形で物語は進んでいく。

ラジオの司会をしているジェド・ポッターは、昔はブロードウェイの花形スターで、同じショーに出演していたメアリーに想いを寄せていた。

メアリーに主演舞台に立って欲しいと願うジェドだが、メアリーは旅興行に出ると言い張りジェドに冷たい。

何とかメアリーを説き伏せたいジェドは、2人で昔馴染みのジョニーのレストランを訪れる。

メアリーはジョニーに一目惚れし、ジョニーのためにニューヨークにとどまり、主演舞台に立つ覚悟を決める。

しかし、ジョニーは一つの場所にとどまれない性分だった。

キャスト

ジョニー・アダムス  ビング・クロスビー

ジェド・ポッター  フレッド・アステア

メアリー・オハラ  ジョーン・コールフィールド

トニー  ビリー・デ・ウォルフ

ニータ・ノヴァ  オルガ・サン・フアン

メアリー・エリザベス・アダムス  カロリン・グライムズ

感想

『ホワイトクリスマス』のように、アーヴィング・バーリンの名曲の数々を楽しめる作品です。

フレッド・アステアビング・クロスビーの共演するミュージカル映画には他に『ホリデイ・イン』があります。

コールフィールドとクロスビーの間に当時関係があったと考えながら観ると、クロスビーの何気ない視線を深読みしてしまいました。

フレッド・アステアビング・クロスビーの共演シーン


Astaire Crosby Blue Skies Duo Technicolor

▼タイトルナンバー「Blue Skies」


Bing Sings "Blue Skies"

また、フレッド・アステアの見せ場として、『イースター・パレード』でも披露している「Puttin' On the Ritz」、その他に「Heat Wave」があり、いずれも見事なダンスを披露しています。

ビング・クロスビーは低く響く歌声、フレッド・アステアは優雅なダンスで、お互いに競い合っているようでした。