ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる舞台ミュージカルを中心とした、ミュージカル映画、演劇、オペラに関するブログ

『ロッキーの春風(1942)』Springtime in the Rockies

Image result for springtime in the rockies 1942

『ロッキーの春風(1942)』とは

1942年の20世紀フォックスによるミュージカル映画

フィリップ・ワイリーによる短編小説「Second Honeymoon」を基にしている。

主演のベティ・グレイブルは、本作で出会ったハリー・ジェイムズ(トランペット奏者)とのちに2度目の結婚をした。

監督はアーヴィング・カミングス。

あらすじ

ブロードウェイの舞台に立つヴィッキーとダンは恋人同士だが、ダンの浮気癖のせいで喧嘩ばかりしている。

ある日、愛想を尽かしたヴィッキーはかつてのダンスパートナーであるヴィクターとともに、ロッキーの山麓にあるルイーズ湖のリゾート地での仕事を始めてしまう。

3ヶ月経ち、ダンは新作のショーの出資者がおらず窮地に陥っていた。

そんな折、紹介されたビッケル氏とブラウン氏が出資に名乗りをあげるが、それにはヴィッキーの出演が必須だという。

ヴィッキーとヴィクターの噂を聞いていたダンは諦めかけるが、ヴィッキーとまた恋をすれば、ヴィッキーは必ず出演するとけしかけられ、ダンもヴィッキーの元に向かう。

その道中、ダンは泥酔のため飛行機の中で熟睡していたが、実は酔っている最中に、その場にいる見知らぬ人をスカウトし秘書にしていた。

そのうちの一人のロジータと一緒にいるところをヴィッキーに見られてしまい、ヴィッキーはダンを嫌っているはずなのにロジータに嫉妬してしまうのだった。

キャスト

ヴィッキー・レーン ベティ・グレイブル

ダン・クリスティ ジョン・ペイン

ロジータ・マーフィー カルメンミラン

ヴィクター・プライス シーザー・ロメオ

フィービー・グレイ シャーロット・グリーンウッド

マクタヴィッシュ エドワード・エヴェレット・ホートン

ハリー・ジェームズ 本人

感想

上記の通り、はちゃめちゃな筋書きなのですが、ベティ・グレイブルの艶やかな美しさ、カルメンミランダの陽気さに癒されるミュージカル映画となっていました。

どこまでフィリップ・ワイリーの原作小説に忠実なのかはわかりません。

それにしても、ジョン・ペインは失脚した色男の雰囲気がたまらなく似合います。

ミュージカルシーンはカルメンミランダによるもの以外は、残念ながら舞台シーンのみでした。

ベティ・グレイブルジョン・ペインによるミュージカルシーン


Springtime in the Rockies (Betty Grable Musical Number)

また、本作でもカルメンミランダによる陽気なラテン音楽を楽しむことができました。

カルメンミランダとベティ・グレイブルの共演は『遥かなるアルゼンチン(1940)』に続き2作目です。

カルメンミランダによるナンバー


Carmen Miranda - Chattanooga Choo Choo (1942)

その他ですが、フィービー役のシャーロット・グリーンウッドはのちに『オクラホマ!』の映画版でエラーおばさん役で出演しています。

女性の道化役をカルメンミランダに取られ、本作では影に隠れていますが、彼女のコミカルなダンスシーンもおもしろかったです。