ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる舞台ミュージカルを中心とした、ミュージカル映画、演劇、オペラに関するブログ

『ジーザス・クライスト・スーパースター ライブ・イン・コンサート(2018)』Jesus Christ Superstar Live in Concert

Image result for jesus christ superstar live

ジーザス・クライスト・スーパースター ライブ・イン・コンサート(2018)』とは

2018年4月1日にNBCで生中継された、ミュージカル『ジーザス・クライスト・スーパースター』をモチーフにしたミュージカルスペシャル番組。

元のミュージカルは、イエス・キリストの最期の7日間をモデルにしている。

アンドリュー・ロイド・ウェバー作曲、ティム・ライス作詞。

1070年にコンセプトアルバムから生まれ、1971年ブロードウェイ初演(トニー賞は受賞していない)。

以来、3度のブロードウェイにおけるリヴァイヴァル公演、2度の映画化、2度のコンサート形式の映像化をされている。

あらすじ

ローマ帝国領のパレスチナ

大工の息子であるジーザスは、人々に新しい教えを説き、数々の奇跡を起こしているという。

圧政に苦しんでいた民衆たちは、たちまちジーザスの言葉に耳を傾けるようになり、彼こそ「救い主」「神の子」と讃える。

弟子の一人、イスカリオテのユダにとってジーザスは「神の子」ではなかった。

ジーザスを愛するユダには「全て御心のまま」という師の真意が理解できなかった。

マグダラのマリアもまたジーザスを愛していた。

彼女はかげりのない純粋で献身的な愛をジーザスに注ぐ。

ジーザスが「ただの人」だと露見した時、人々はそれを許すはずがない。

彼らの怒りによってジーザスは押しつぶされてしまうだろう。

そう予感したユダは、師であるジーザスを裏切る決意をする。

弟子との最後の食事でジーザスはこの中に裏切り者がいると指摘する。

同様する弟子たちをよそに、ジーザスは独りゲッセマネの園で父なる神に問いかける。

銀貨30枚と引き替えにユダは師の居場所を教え、ついにジーザスは捕らえられる。

支配者たちの間をたらい回しにされ、侮辱され、嘲笑されても、ジーザスは抵抗しない。

あまりにも無力に見える彼の姿に民衆は失望し、「彼を殺せ、十字架にかけろ」と叫び続ける。

ユダ、マリア、シモン、ペテロといった弟子たち、ユダヤ教の司教、ローマ帝国総督、そして民衆。

様々な思いが交錯する。

キャスト

ジーザス・クライスト ジョン・レジェンド

マグダラのマリア サラ・バレリス

イスカリオテのユダ ブランドン・ヴィクター・ディクソン

ヘロデ王 アリス・クーパー

ピラト総督 ベン・ダニエル

カヤパ ノーム・ルイス

ペテロ ジェイソン・タム

アンナス ジン・ハー

シモン エリック・グレンウォル

感想

Amazonのprimeビデオで観ることができました。

ジーザス・クライスト・スーパースター』(以下、JCS)は映画化もされていますが、それについては別記事にします。

今回は、NBC版のコンサートについて書きたいと思います。

コンサートと名前はついていますが、元々がロックオペラで台詞がほとんどないこともあり、ほぼJCSの舞台そのものをliveで観ているという印象でした。

▼出演者たちが語る本作への思い


'Jesus Christ Superstar Live in Concert' First Look

JCSはその演出によって大きく印象が変わってきます。

ブロードウェイ公演はリバイバルやツアーを含めて観たことがないのですが、劇団四季による公演では、今までに「エルサレムバージョン」と「ジャポネスクバージョン」の2種類を何度か観たことがあり、同じ作品でもそれぞれ全く違う印象を受けました。

演出家の自由度が高いからこそ、何度も再演が繰り返されてきたのでしょう。

本作の舞台セットは、むき出しの鉄骨の骨組みや打ちっ放しのコンクリートでつくられており、あたかも高架橋や高速道路の下のようでした。

出演者たちはジーンズにTシャツのようなラフな出で立ちで、ジーザスも上の動画にあるようにシャツにグレーのロングカーディガンという格好で、現代の街中にいる若者のようです。

一方、カヤパや総督などはいかついコートを着て、一目でそれとわかるようになっていました。

演奏者の一部(ヴァイオリン奏者など)はキャストたちを先導するように、一緒に入場してきました。

また、ジーザスであるレジェンドは客席に手を差し出し、それに観客たちは喜んで握手していましたが、こうして観客たちをジーザスを崇拝する民衆に見立てることで、immersive theater感を増幅させているのかなと感じました。

夢のような奇跡のキャスト出演

今回はやはりキャストが豪華でした。

ジーザスは高音が多いので、ジョン・レジェンドはやや苦しそうな場面もありましたが、それもジーザスの苦悩に見えて、胸が震えました。

ユダにはブランドン・ヴィクター・ディクソン。

この方はこの映像作品で初めて拝見しましたが、特に彼の歌う「I Don't Know How to Love Him(reprise)」は彼なりのアレンジがされていて、非常に感動的でした。

ユダの「JESUS~~~!!!」というシャウトも良かったです。

ジーザスを思う気持ちが強すぎるあまり、裏切る、苦悩に満ちた様子を演じきっていました。

2019年5月に日本で行われるブロードウェイ・コンサートに、ギャヴィン・クリールの代わりに、このブランドンが来日することになり、それも今から楽しみです。

そして、最近『ウェイトレス』のクリエイティブやトニー賞授賞式のホストなど、ブロードウェイとの関係が強くなっているサラ・バレリス。

最初は、「このタイミングでありがちなキャスティングだわ」と思ったのですが、観た後では、個人的には今回のメインの中で一番役のイメージに適していると感じました。

「I Don't Know How to Love Him」や「Could We Start Again Please」の神々しさといったらもう。

ヘロデ王アリス・クーパーは、道化的で剽軽で、小気味好いあのナンバーを歌っていました。

この陽気なナンバーがシリアスな流れの中で登場すると、ふっと気持ちが軽くなりますね。

カヤパを演じたのはノーム・ルイス。

レ・ミゼラブル コンサート』でジャヴェールを演じたことで知り、以来フォローしています。

今回も怖い役ですが、実際は笑顔の愛くるしいおじちゃんなのです。

カヤパのノームのバリトンヴォイスは本当に素晴らしかったです。

また、ペテロを演じたジェイソン・タムについても一言。

ペテロはジーザスを知らないと言い張る役どころ。

最後の晩餐でジーザスがそのことを予言するけれど、ペテロは必死で否定し、結果的にジーザスの予言通りになります。

彼と出会ったのは『コーラスライン』の再演のポール役だったかと思います。

最近では『ビー・モア・チル』のスクィップ役でオリジナルキャストとして出演していて、おそらく間も無くまた舞台でお目にかかるであろうと思います。

陰ながら応援している俳優さんの一人です。

▼舞台裏について


Jesus Christ Superstar Live in Concert - Bringing Jesus Christ Superstar to Live TV

ジーザス・クライスト・スーパースター・ライブ・イン・コンサート (字幕版)