ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる舞台ミュージカルを中心とした、ミュージカル映画、演劇、オペラに関するブログ

『艦隊を追って(1936)』Follow the Fleet

「follow the fleet」の画像検索結果

『艦隊を追って(1936)』とは

1936年のRKOミュージカル映画

フレッド・アステアジンジャー・ロジャースのコンビ共演作としては5作目。

作詞・作曲はともにアーヴィング・バーリンであり、スタンダードナンバー化した「I'm Putting all My Eggs in One Basket」「Let's Face the Music and Dance」などがある。

原作はヒューバート・オズボーンによる戯曲。

監督はマーク・サンドリッチ

若き日のベティ・グレイブルルシル・ボールも端役で出演している。

あらすじ

水兵のベイカーと踊り子のシェリーはかつてダンスのパートナーだったが、ベイカーが海軍入りしたことで、サンフランシスコのダンスホールで働くシェリーとは疎遠になっていた。

休暇中、ベイカーは同じく水兵のビルジと一緒にそのダンスホールを訪れ、シェリーとよりを戻そうとするが、ベイカーのせいでダンスホールの職を失ってしまう。

一方、ビルジはシェリーの姉であるコニーに惹かれるが、コニーが結婚をほのめかすような話をしだすと突然距離を置くようになり、その後、シェリーの友人のアイリスと交際するようになる。

イカーはシェリーのために、ブロードウェイのショーに出られるように、プロデューサーに依頼するが、誤解や行き違いがあり、上手くいかない。

コニーは父親の船のためにお金を工面しようとしていた。

イカーはショーを企画してその売り上げをその船のために使おうと言い出す。

さらに、ビルジとコニーの仲を取り持とうと、ある作戦を思いつくのだが。

キャスト

ベイク・ベイカー フレッド・アステア

シェリー・マーティン ジンジャー・ロジャース

ビルジ・スミス ランドルフ・スコット

コニー・マーティン ハリエット・ヒリアード

アイリス・マニング アストリッド・アルウィン

ノーラン ラッセル・ヒックス

感想

水兵服姿のアステアと、この頃はまだシンプルなドレスを着たロジャースの、若き日の共演5作目です。

この年代は世相を反映して、水兵が歌い踊るものが多いですね。

映画でのアステアは移り気な役回りが多い印象がありますが、本作ではロジャースを一途に思い続ける健気なベイカーを演じています。

ロジャースは派手ですが、対照的な地味な姉コニー想いの優しい妹役を演じています。

その地味な姉のコニー役のヒリアードは、なかなか恋が思い通りにいかない悲しみをソロで何度か歌っています。

まるで月と太陽のような姉妹です。

▼trailerです。


Follow The Fleet---Trailer

本作でもアステア&ロジャースのダンスシーンを堪能することができます。

ダンスの途中でコミカルなシーンを取り入れながら、単なるダンサーとしての卓越性だけでなくコメディアン&コメディエンヌとしての一面も垣間見ることができました。

音楽については、「ホワイトクリスマス」などを作曲したアーヴィング・バーリンが手がけたキャッチーなナンバーを楽しめます。

確かに曲数は少ないのですが、実際に歌われるシーン以外にも冒頭でBGMとして流れていたり、知らず知らずのうちに何度も耳に入るので、終わる頃には誰しもハミングしてしまうようになっているはずです。

艦隊を追って THE RKO COLLECTION [Blu-ray]

艦隊を追って THE RKO COLLECTION [Blu-ray]