ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『ライオンキング』2019.1.12.13:00@四季劇場夏

f:id:urara1989:20190114225253j:image

『ライオンキング』とは / あらすじ

前記事を参照してください。

nyny1121.hatenadiary.com

キャスト

ラフィキ 井上智映子

ムファサ 宇龍真吾

ザズ 明戸信吾

スカー 道口瑞之

ヤングシンバ 勝田朝陽

ヤングナラ 若山桜子

シェンジ 川良美由紀

バンザイ 松尾篤

エド 川野翔

ティモン 近藤聡明

プンバァ 福島武臣

シンバ 鈴木智

ナラ 木内志奈

サラビ 川原晶絵

感想

2019年の観劇初めに行ってまいりました。

約5ヶ月ぶりの『ライオンキング』。

日本での公演は先月2018年12月に20周年を迎えました。

おめでとうございます。

何度も観ていると、この役はこう歌ってほしいなど色々希望が出てきてしまうものですが、今回はラフィキとザズは残念ながらちょっと受け付けませんでした。

ラフィキはオープニングの第一声からして期待はずれでした。

ラフィキの第一声の伸びや安定性やpitchがその回のキャスト陣の宣誓みたいなもので、これが少しでも期待に逸れるとそのあと観る気が半減してしまいます。

ザズはもう言うまでもなく、声の高さがもう少し高めでキャラ感を出そうという感じをほとんど感じられませんでした。

ムファサの威厳を示す低い声に対して、ザズはあの小さい体なのだからもっと高い声でしょうと思ってしまいます。

唯一の救いはヤングシンバでした。

13日の公演を観るついでに行くことにした公演なので、それにしては楽しめました。

今回はそれ以上加えることはありません。