ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる舞台ミュージカルを中心とした、ミュージカル映画、演劇、オペラに関するブログ

『王様と私(1956)』The King and I

f:id:urara1989:20190110180901j:image

王様と私(1956)』とは

1951年初演の同名のブロードウェイミュージカルを基にした1956年公開のミュージカル映画

舞台版は、実話に着想を得た1944年の小説『アンナとシャム王』を基にしている。

アカデミー賞5部門受賞。

音楽はリチャード・ロジャースとオスカー・ハマースタインⅡ世による。

監督はウォルター・ラング

あらすじ

未亡人のイギリス人教師アンナは息子のルイスとともに、シャム王の子どもたちの家庭教師として赴任する。

アンナは王の妻たちに幅広い知識を教え、彼らも一生懸命に勉強する。

しかし、アンナは王に対して、使用人として扱われることを拒み、衝突してばかりしてしまう。

ある日、アンナは、王がイギリスを脅威に感じていることを知り、励ますうちに次第に打ち解け心を通わせて行く。

一方、ビルマから貢物として送られてきたタプティムは、密かに使者のランタと恋仲になっており、結ばれることのない2人をアンナは度々助ける。

ある日、イギリス特使ラムゼイ卿一行が突然、王宮を訪れるという知らせが届く。

シャム植民地化のための視察ではと苦慮する国王に、アンナは西欧式の晩餐会でラムゼイ卿を歓迎し、シャムが近代的な国のように見せるよう提案する。

王はアンナの提案を受け入れ、それが功を奏する。

そんな次第に親しくなる2人にも別れの時が近づいていた。

キャスト

アンナ・レオノーウェンズ デボラ・カー(歌:マーニ・ニクソン

王 ユル・ブリンナー

タプティム リタ・モレノ(歌:リオナ・ゴードン)

チャン王妃 テリー・サウンダース

クララホム首相 マーティン・ベンソン

ルイス・レオノーウェンズ レックス・トンプソン

チュラロンコーン王子 パトリック・アディアート

ランタ カルロス・リヴァス(歌:ルーベン・フェンテス)

感想

「祝・Kelli O'hara主演『The King and I』2019年来日」ということで、映画版を改めて観てみました。

「Shall We Dance」「I Whistle a Happy Tune」「Getting to Know You」「Hello, Young Lovers」などのロジャース&ハマースタインによる名曲が全編を彩っており、音楽から楽しめました。

歌声については、ユル・ブリンナー以外はほとんど吹き替えで、アンナ役のデボラ・カーはかの有名なマーニ・ニクソン*1ですね。

↓iconicなシーン「Shall We Dance」


Yul Brynner and Deborah Kerr perform "Shall We Dance" from The King and I

この作品が時代を経ても愛され続けている理由の一つに、王とアンナの踏み込みすぎない、淡い恋愛関係にあるのではないでしょうか。

キスシーンもありませんし、思いを打ち明け合うこともありません。

でも互いに好意を感じていて、そのプラトニックな激情は「Shall We Dance」で絶頂を迎えます。

未亡人の女性と一夫多妻制に則っている男性が、文化・慣習や言語の違いを超えて理解し合い、惹かれあい、結局、結末を見るまで目が離せません。

時代背景もあり、女性蔑視や民族蔑視のセリフも出てくるので、きっとタイ国内では議論を呼ぶ内容かと思いますが、個人的にはアメリカ人のアジアに対するイメージを垣間見られ興味深かったです。

ロジャース&ハマースタインのミュージカルではアメリカ人が1人も登場しない、珍しい作品でもあります。

 

 

 

 

*1:マイ・フェア・レディ』のオードリー・ヘップバーンや『ウエストサイド物語』のナタリー・ウッドなどの歌の吹き替えで有名。『サウンド・オブ・ミュージック』ではシスター役として出演している。