ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『My Fair Lady』『マイ・フェア・レディ』2018.9.15.ma

f:id:urara1989:20181004225918j:image

『My Fair Lady』『マイ・フェア・レディ』とは

1956年ブロードウェイ初演のミュージカル。

原作は、バーナード・ショーの戯曲『ピグマリオン』。

作詞はアラン・ジェイ・ラーナー、作曲はフレデリック・ロウ。

ブロードウェイ初演時のイライザはジュリー・アンドリュース

初演時にはトニー賞6部門を受賞している。

「I Could Have Danced All Night」や「With a Little Bit of Luck」などスタンダードナンバー化している楽曲も多い。

日本でも繰り返し上演されており、2010年まで大地真央が20年間にわたってイライザ役を務めていた。

あらすじ

コヴェントガーデンで花売り娘をしているイライザは、音声学者のヒギンズ教授に出会う。

ヒギンズが「どんなに下世話な花売り娘でも、自分の手にかかれば半年で舞踏会でも通用するレディに仕立て上げられる」というのを聞き、イライザは興味を示す。

翌朝、イライザはヒギンズの家に赴き、自身を一人前のレディに仕立てるように頼み、ヒギンズの友人ピッカリング大佐がもし成功したら授業料を全額負担すると応じたこともあり、ヒギンズはイライザの申し出を引き受ける。

数日後、イライザの父アルフレッドが、ヒギンズに金をせびりに来るのだが、そこでヒギンズとアルフレッドは打ち解け、最終的にアルフレッドに6ポンド渡した挙句、アメリカの投資家への推薦状もしたためてしまう。

イライザの訓練は困難の連続だったが、何とか克服し、身分を隠してアスコット競馬場に乗り込む。

しかし、言葉の訛りはうまく直せても、話の内容は花売り娘のままだったイライザは大恥をかく。

またその社交場で貴族の令息フレディはイライザに一目惚れしてしまう。

競馬場での失態から6週間後、雪辱を期すため、イライザはトランシルヴァニア大使館の舞踏会に出席することになるのだが。

キャスト

Eliza Doolittle    Kerstin Anderson

Professor Henry Higgins    Harry Hadden-Paton

Alfred P. Doolittle    Norbert Leo Butz

Freddy    Jordan Donica

Mrs. Higgins    Rosemary Harris

Colonel Pickering    Allan Corduner

感想

この作品をブロードウェイで観ようかどうしようか直前まで迷っていました。

舞台がイギリスなので、ウエストエンドで上演されるとあれば是が非でも観たいと思っていたのですが、今回ブロードウェイでのあまりの人気を聞きつけ、マチネ公演を観劇しました。

マチネ公演だったので、主演はunderstudyの方で、Lauren Ambroseではなくちょっと拍子抜けしましたが、とはいえブロードウェイ公演に出演するだけのことはある素晴らしいイライザを演じていらっしゃいました。

「なるべく安くたくさん観る!」がモットーの私ですが、実は今回の遠征で唯一、100ドル以上チケットに対して払った公演となりました。

しかし、オーケストラ席のやや左の最前列でしたし、その値の価値のある有意義な観劇となりました。


This is My Fair Lady | 2018 Tony Awards

今回のMFLの演出は、“イライザの自立”がテーマ。

日本版などで描かれていたイライザとヒギンズの恋愛の占める割合は少なくなっていました。

どちらのバージョンも好きですが、恋愛なしでも女性の自立をしっかり描くことでまた作品の意味合いが変わり、何度も見直したくなりました。

一番楽しかったシーンは、やはりイライザの父親のナンバー、つまり「運が良けりゃ」など。

一部の隙間なく、陽気さを絵に描いたようなおじさんが歌い踊る場面には瞬きをしたくないほどで、鳥肌が止まりませんでした。

ヒギンズの学者風情も名演でした。

ヒギンズ家の場面では、舞台の回転とともに家のセットも回る構造で、非常に観やすかったです。

セットの細工の細かいことといったら!

最前列にいても、オペラグラスを使って隅々までよく観察してしまったほど、本や実験装置がてんこもりのヒギンズの書斎がよく再現されていました。

そして、最後に付記しておきたいのが、唯一の日本人キャストである由水南さんが出演されていたこと。

冒頭シーンの花売り娘や競馬場での貴婦人など様々な場面でアンサンブルとして参加されていました。

途中、帽子が外れてしまうハプニングにも冷静に対応されていました。

高良結香さんに続き、ブロードウェイのショーで活躍されている日本人を見かけると、非常に励まされるとともに大きなエールを送りたくなりますね。

 

↓イライザが話すコツを掴んだ感動をヒギンズらと分かち合うシーン。


MY FAIR LADY - "The Rain in Spain"

↓言わずもがなの名ナンバーは圧巻。


MY FAIR LADY - "I Could Have Danced All Night"

 

↓この曲で一幕は閉じますが、休憩中のトイレで誰かしらがハミングで歌うことになるキャッチーなナンバーですね。


MY FAIR LADY - "On the Street Where You Live"

リンカーンセンターの外観より。
f:id:urara1989:20181004225923j:image
f:id:urara1989:20181004225941j:image
f:id:urara1989:20181004225931j:image
f:id:urara1989:20181004225935j:image
f:id:urara1989:20181004225914j:image