ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『イントゥ・ザ・ウッズ(2014)』Into the Woods

f:id:urara1989:20180630053658j:image

『イントゥ・ザ・ウッズ』とは

2014年公開のディズニーによるミュージカル映画

1987年ブロードウェイ初演の、スティーヴン・ソンドハイム作詞・作曲による同名の舞台ミュージカルを映画化したもの。

グリム童話シャルル・ペローによる童話を繋ぎ合わせるようにつくられており、メインキャラクターは『赤ずきん』、『ジャックと豆の木』、『シンデレラ』、『ラプンツェル』から採られている。

あらすじ

パン屋の夫婦は子供が授からないことを悩んでいたが、それは隣に住む魔女の呪いによるものだった。

昔、魔女の家の庭にある畑の野菜を食べたいと言う妻の願いを聞き入れ、パン屋の主人の父親は真夜中に畑に忍び込み盗んだ。

魔女は見て見ぬ振りをしていたが、彼が立ち去るときに豆を一掴み取ると、魔女はたちまち醜い老婆になってしまうのだった。

その豆は庭の外には持ち出してはならない、魔法の豆だったのだ。

その事件を機に、魔女はパン屋を呪い続け、3晩のうちに、森の中で「ミルクのように白い雌牛」、「血のように赤いずきん」、「トウモロコシのように黄色い髪」、「金色に輝く靴」を持ってくれば子どもを授けようと、夫婦に言い渡すのだった…


Into The Woods Trailer - Now Playing In Theaters!

キャスト

魔女  メリル・ストリープ

パン屋  ジェームズ・コーデン

パン屋の妻  エミリー・ブラント

シンデレラ  アナ・ケンドリック

シンデレラの王子  クリス・パイン

シンデレラの継母  クリスティーン・バランスキー

赤ずきん  リラ・クロフォード

ジャック  ダニエル・ハッスルストーン

ジャックの母  トレイシー・ウルマ

ラプンツェル  マッケンジーマウジー

ラプンツェルの王子  ビリー・マグヌッセン

オオカミ  ジョニー・デップ

感想

この作品の日本での口コミを読むと、 日本では元々の舞台ミュージカルをご存知ない方も多いのだろうなと感じました。

私自身もliveで舞台を見たわけではなく、liveを録画したDVDを観たことがあるだけなので、大したことは言えないのですが。

ディズニーによる映画化ですが、元々はブロードウェイの巨匠ソンドハイムの代表作とも言える作品です。

舞台との違いですが、まず、ディズニーの魔法がかかることにより、暴力的な場面や性的描写が緩和されて表現されています。(ジャックの母の最期や不倫シーンなど)

また、舞台では多くの場合、シンデレラの王子とオオカミは同じ俳優が一人二役で演じますが、映画版では異なる二人の俳優がそれぞれ演じています。

上述の複数の童話が‘、境界が曖昧な森’という場所で不思議に結びつきます。

オープニングナンバーにある通り、「I wish...」登場人物たちはそれぞれ何か希望を胸にし、「Into the woods」森の中へ入っていきます。

そして、最終的に、それぞれの希望は叶えられるのですが、それは想像していたような甘く素晴らしい結果ばかりではないのです。

赤ずきんはおばあさんにパンを届けに行くけれど、オオカミに食べられてしまい、

ジャックは親友の牛を売らずに済んだけれど、母親が巨人に踏まれてしまい、

シンデレラは望み通り舞踏会に行けたけれど、王子に時めくことはなく、

ラプンツェルは望んだ外の世界に出られたけれど、王子はイバラで失明してしまい、

パン屋は待望の自分の赤ん坊を腕に抱くけれど、妻は不倫した上、亡くなってしまい、

魔女は元の美貌を取り戻すけれど、娘ラプンツェルは恋人と駆け落ちしてしまう。

おとぎ話の世界では、ハッピーエンド、と片付けられているけれど、実際はどうなのだろうという考察を、森という舞台で繰り広げています。

この作品を観手から再度それぞれの童話を読み直すと、また味わいが違うものになるかもしれません。

本作は、盛り込む内容が多く、とにかく展開が早く、息つく暇がない、という印象でした。

ただ、キャスティングが的確で、皆さん素晴らしかったですね。

特に、ストリープとブラントの歌と演技力に大拍手でした。

子役ちゃんたちも素晴らしかったですね。

ジャックは『レミゼ』のガブローシュ役の子と説明した方が手っ取り早いでしょうか。

赤ずきんはつい最近のブロードウェイでの『アニー』にタイトルロールでオリジナルキャストに名前を刻んだリラちゃん。

やはり上手い。。。

オープニングから圧巻でしたね。

これぞ映画の醍醐味と見せつけるかのようなシーンカットの数々、ミュージカル映画の魅力と言えます。


Prologue - Into the Woods 2014 movie (HQ) w/ lyrics

一般評ではつまらないという意見が多いのですが、私はなかなか面白く最後まで拝見しました。

よくもまあこんな脚本を思いつくなと思いましたね。

この作品で、作者は何を言わんとしているのか、色々考えたこともありました。

個人的な考えですが、「子どもに童話を読み聞かせることで大人たちは夢見ることの素晴らしさなどを伝えようとするけれど、実際に人生で起こる種々の問題には童話は触れていない。子どもを教育するのは難しい」というところなのかなと。

最後に、舞台ミュージカルのトニー賞授賞式でのパフォーマンスを載せておきます。


INTO THE WOODS 1988 Tony Awards