ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『ジプシー(1962)』Gypsy

f:id:urara1989:20180628015337j:image

『ジプシー』とは

1962年公開のミュージカル映画

実在のストリッパー、ジプシー・ローズ・リーの自伝を原作とする、1959年初演のブロードウェイミュージカルを基に作られた。

音楽は、スティーヴン・ソンドハイム作詞、ジューン・スタイン作曲。

基の舞台ミュージカルは、初演時、エセル・マーマンがローズを演じ、その後もアンジェラ・ランズベリー、タイン・デイリー、バーナデッド・ピーターズ、パティ・ルポン、イメルダ・スタウントンといった、世代ごとの名女優たちがこぞって演じ続け、今でも再演を繰り返されている人気演目のひとつ。

また、1993年にベット・ミドラー主演でテレビ放送のために再映像化されており、近年ではバーブラ・ストライザンド主演で映画のリメイクの話が持ち上がっている。

あらすじ

ローズは、父のような平凡で退屈な人生を嫌い、2人の娘たちルイーズとジューンをショウビジネスの世界で活躍させようと躍起になる、ステージママ。

オーディションで知り合ったハービーと組み、あちこちの地域の劇場へ娘たちを売り込んでまわるその姿は、まるで‘ジプシー’のよう。

やがて、ハービーがスカウトしてきた4人の少年たちを入れ、「ベイビージューンと新聞売り」の名で舞台に立つと、ローズの狙い通り、娘のジューンのダンスが評判となって瞬く間に人気者に。

劇場関係者に多くの伝手(つて)を持つハービーと、ショウビジネスに人生を懸けるローズは、次第に心惹かれ合うが、早く結婚して持ち家に落ち着きたいハービーと、娘たちのブロードウェイデビューまで放浪の旅を続けたいローズの間には溝があった。

やがて、成長した少年たちが一座を抜け、ジューンは駆け落ちし、一座はバラバラになってしまう。

それでも諦めず、ルイーズと再起を図るローズだったが、ジューンの持つ歌唱力やダンスの技術はルイーズにはなかった。

さらに、時代はトーキー映画全盛で、ボードヴィル業界は斜陽の一途をたどり、一家の生活は厳しくなる一方だった。

そんな時、ある手違いでストリップ劇場の仕事を受けてしまう。

ローズは抵抗するが、お金のためにルイーズは舞台に立つと宣言するのだった・・・


Gypsy (Original Theatrical Trailer)

キャスト

ローズ・ホヴィック ロザリンド・ラッセル

ルイーズ・ホヴィック ナタリー・ウッド

ハービー・サマーズ カール・マルデン

タルサ ポール・ウォレス

ベイビー・ジューン スザンヌ・キュピト

デインティー・ジューン アン・ジリアン

ベイビー・ルイーズ ダイアン・ペイス

感想

ようやくこの映画について書く日がやってきて、心から嬉しい気持ちでいっぱいです。

私がミュージカル『ジプシー』について知ったのは、2008年のブロードウェイでのリバイバルトニー賞授賞式でのパフォーマンスをたまたま観た時のことです。

私が最も好きなブロードウェイスターである、パティ・ルポンが演じるローズの存在感に圧倒され、急いでこの作品について調べてみると、あの『ウエストサイド物語』でマリアを演じたナタリー・ウッドが出演している映画版があるではないですか。

しかし、アメリカでのメジャー感とは対照的に、当時日本ではDVD化されておらず、アメリカ留学時代に図書館で借りて、ようやく初めてこの映画を観ることができました。

(朗報:2018年、復刻シネマライブラリーとして日本でもDVD化されましたよ!)

映画版は、舞台版をある程度、忠実に再現していると思います。

ナンバーの削除も少ないですが、残念なのは私が好きな「Together Wherever We Go」がない点。

そのシーンは実際作られたのですが、時間の都合で削除になったそうです。

ロザリンド・ラッセルのローズは、やはりブロードウェイの歴代のDivaたちと比較すると、歌声は劣っていますが、それを演技力と美貌でなんとか補っているように思いました。

ただ、ラッセルの歌う歌の編曲が、もう少しテンポとピッチを上げても良かったのではと全体的に思いました。

まあ、歌い手の問題が多分にあると思いますが、元々のナンバーが素晴らしすぎるだけに、その良さが全く活かしきれておらず、全体的に遅くだるくなってしまい、残念。

↓ショウビジネスの夢を父親に語る、ローズの決意表明のような一曲「Some People」


Gypsy - Some People - Rosalind Russell 's own voice

ハービーを演じているのは、映画『欲望という名の電車』に出演し、アカデミー賞を受賞したカール・マルデン

彼はまさにハービーらしさが全面に出ていて適役でしたね。

↓エンターテイナーとしての才能のある華やかな妹のジューンとは対照的に、ルイーズはこの時少年たちに混じって地味に舞台を支える「Baby June and Her Newsboys」


Gypsy - Baby June and Her Newsboys (1962)

『ウエストサイド物語』では泣く泣く歌声を吹き替えにしたナタリー・ウッド

歌がマーニ・ニクソンによる吹き替えになることを、本人は撮影終盤まで知らなかったそうです。

この件、本人は相当悔しかったそうで、『ウエストサイド物語』の次の本作の出演にあたり、「次こそ、絶対に自分の声で歌うもん!そうじゃないと、私、絶対に出ないからね!」(言いぶりは勝手な想像)と言ってきかなかったそうです。

そして、念願叶い、ローズの娘、ルイーズを熱演し、歌い、踊っています。

ルイーズはジューンと違い、歌やダンスの才能はないという役柄なので、ある意味、合っていたのかも。

↓可憐な歌声を披露するナタリー・ウッド「Little Lamb」


Little Lamb-Natalie Wood (Gypsy-1962)

 ↓フィナーレを飾る、大曲「Rose's Turn」

終演後のバーレスク劇場の舞台上で、今までの子育てに奮闘した日々、自分の人生を振り返り、独白する印象的なシーンです。


Rose's Turn - Rosalind Russell

 

 『ジプシー』はなぜここまで再演され続けるのでしょう。

父親を裏切り、好意を寄せてくれるパートナーとも言える男性を捨てる、猟奇的とも言えるローズのステージママぶりは、若い頃に叶えられなかった舞台女優の夢を娘たちに託しているから。

基軸は、母と娘、親子、家族の物語です。

そのプロットに、実に見事に音楽が収まっていますし、その繋ぎ方がまた秀逸です。

私のミュージカルを評価する基準に、ミュージカルナンバー中であってもストーリーが滞らずに進んでいくかどうかという点がありますが、この点でも本作は優れています。

実は、日本でも公演されていて、日本版キャストはローズが鳳蘭さん、ルイーズが宮沢りえさんだったそうです。

お母様がかなりのステージママだったそうなので、この時、宮沢りえさんはローズという女性像に既視感が強かったのではないでしょうか。

ニューヨークのミュージカルオタクたちと話すと必ず、my best roseは誰かという話になるのですが、やはりみんな初めて観たローズが一番印象に残り、best roseになることが多いようです。

私の場合も然り、パティ・ルポンです。

パティ・ルポンの歌声に出会った時、Divaってこういう人のことを言うのだなと思ったのを覚えています。

↓は映画ではありませんが、私が衝撃を受けたトニー賞授賞式でのパフォーマンスです。

「Everything's Coming Up Roses」は『ジプシー』を代表する一曲。

ジューンが駆け落ちをし、残されたルイーズ、ハービーとともに再起を誓うこの曲で、一幕が終わります。

(come up roses=バラ色になる、成功する、上手くいく で、Everything's coming up roses=万事うまくいっている という慣用句を、自身の名前ローズと掛けている。)


Gypsy