ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『ビクター/ビクトリア(1982)』Victor Victoria

f:id:urara1989:20180215222437j:image

『ビクター/ビクトリア』とは

1982年公開のアメリカのミュージカル映画

 監督は、主演のジュリー・アンドリュースの夫ブレイク・エドワーズ

アカデミー賞歌曲賞を受賞した。

舞台化されたものは、1995年にブロードウェイで初演された。

あらすじ

売れないソプラノ歌手のビクトリアは、ひょんなことからゲイの芸人トディーと手を組み、ドラッグクィーンの歌手ビクターとして売り出されることとなる。

最初は疑心暗鬼のビクトリアだったが、これが大ブレイクし、一躍時の人となる。

シカゴのギャングであるキングも彼女に魅せられる。

そんなキングにビクトリアもいつしか心惹かれていくが…


Victor/Victoria - Original Theatrical Trailer

キャスト

ビクトリア・グラント/ビクター・グラジンスキー伯爵  ジュリー・アンドリュース

キング  ジェームズ・ガーナー

トディー  ロバート・プレストン

ノーマ  レスリー・アン・ウォーレン

スクワッシュ  アレックス・カラス

アンドレ  ジョン・リス=デイヴィス

感想

サウンド・オブ・ミュージック』のマリア役や『メリー・ポピンズ』のメリー役でお馴染みのジュリー・アンドリュースが、中性的な役柄に挑戦しています。

それまで清純な優等生の役柄が多かったジュリーにとってはかなりの挑戦だったのではないかと思いますが、ご主人である監督の妻ジュリーへの愛情の深さを感じました。

ところどころ、少し長すぎる印象を受けることはありましたが、プロットがなかなかおもしろく、最後まで飽きずに観られました。

ドラマ『グリー』などでもカバーされている「Le Jazz Hot」は何度も繰り返して聴きたくなってしまう一曲。

とても楽しくて、もう本当に大好きです。


JULIE ANDREWS – Le Jazz Hot (1982, HD)

やはり、ジュリーはどう見ても女性にしか見えないのですが…

トディー役は、トニー賞を2度受賞しているロバート・プレストン、やはり名優です。

西部劇で活躍された、どちらかというと硬派な方がドラッグクィーンを演じるのには抵抗があったと思いますが、果敢に挑戦しています。

1995年には舞台化され、ジュリーはトニー賞主演女優賞にノミネートされますが、自分だけが目立ってはいけないと、これを辞退しています。

また、1997年に非腫瘍性の声帯結節の手術を受けた後、以前のような伸びやかな歌声を失ってしまったため、2018年現在、これが最後のブロードウェイ出演となっています。