ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『星くず兄弟の新たな伝説(2018)』

 

f:id:urara1989:20180201222844j:image

星くず兄弟の新たな伝説』とは

2018年公開の手塚眞監督によるロックミュージカル映画

1980年の『星くず兄弟の伝説』の続編。

前作のキャスト、スタッフが多く参加しているが、ストーリーに直接の繋がりはない。

あらすじ

近未来、東京の下町。

かつて「スターダスト・ブラザーズ」として一斉を風靡したカンとシンゴ。

東京の下町でバーのオヤジになったシンゴは過去の栄光を夢見、「地球がダメなら月でもう一度スターに」との思いで、売れっ子DJとして活躍するカンを誘ってリエイジングスタジオで若返り、月へと旅立つ。

月世界で彼らを迎えたのは、どうしようもなくダメな芸能プロダクション「アストロ・プロモーション」。

意気消沈した二人に酔っ払いの老人が「スターになりたかったらロックの魂を探せ」と声をかける。

一方、月の芸能界を支配する組織「フラッシュバブル」の女ボス、ベタール卑美子と片腕のチェザーレ伊東は、星くず兄弟の活躍を封じるために刺客を送り込む。

はたして、星くず兄弟はロックの魂を手に入れ、スターになれるのか。

キャスト

カン(カンコ)  三浦涼介/高木完/谷村奈南

シンゴ(シンコ)  武田航平/久保田慎吾/田野アサミ

ウサコ  荒川ちか

チェザーレ伊東  ISSAY

チェリー喜美雄  藤谷慶太朗

ドクター雅智  ラサール石井

ラン  板野友美

スペースポートスタッフ  野宮真貴

クリスト  浅野忠信

ベタール卑美子  夏木マリ

アストロ南北  井上順

ロックの神様  内田裕也

感想

テアトル新宿にて。

久しぶりに面白い日本映画に出会いました。

名作と言われる作品はよく複数のジャンルにわたっていると言われますが、本作はまさにその典型。

ミュージカル、青春アドベンチャーラブロマンス、西部劇風、SF…

 3人の守護天使かしら、天使たちが主人公たちを見守っているのですが、これは『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』の進行役を担った3人の黒人コーラスガールズに相当するものなのか、と思ったり…考えすぎですね。

時々、制作サイドが映って監督が登場し、グダグダな撮影風景が作品に緩急をつけていました。

中年オヤジの主人公が美容形成外科医によって、イケメン青年や女性に変わるため、長めですが飽きません。

主要キャストも豪華ですが、特別出演もすごすぎて吹き出しました。

庵野秀明犬童一心リリーフランキーなどがちょい役で出演されていました。

主要キャストは適材適所という感じでしたが、やはり夏木マリさんの存在感は圧倒的でした。

帰り道、星くず兄弟のライブ曲がしばらく耳の奥で鳴っていました。


『星くず兄弟の新たな伝説』予告編