ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『ドリームガールズ(2006)』Dreamgirls

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/M/MV5BMTY1MzIwNDQyNl5BMl5BanBnXkFtZTcwNDEwNzYyMw@@._V1_UX182_CR0,0,182,268_AL_.jpg

ドリームガールズ』とは

2006年のミュージカル映画

1981年ブロードウェイ初演の同名ミュージカルを映画化したもの。

ジェニファー・ハドソン出世作となった。

あらすじ

1960年代、デトロイト。とあるライブハウスに、ディーナ、エフィ、ローレルの3人からなる「ドリーメッツ」がライブハウスの出演を賭けてオーディションを受けていた。彼女たちに目をつけたのがジミーのプロデューサーのカーティスだった。ジミーの女癖の悪さから彼のバックコーラスを失い、新しいバックコーラスを探していた彼は、ドリーメッツをバックコーラスとして彼女たちを雇う。エフィの兄C.C.の作曲した"Cadillac Car"を聞き、これは売れると思ったカーティスは、レーベル「Rainbow Records」を立ち上げる。黒人局のみで流されたこの歌はR&Bランクで一ケタ台の順位をたたき出すなどヒットになったが白人によって曲を盗まれる。カーティスはこのことから「金を使って白人局にも流してもらおう」と、持っていた中古車を全て売り払い、ディーラーの跡地を本格的なスタジオにし、"Steppin' To The Bad Side"を発売する。しかしこの頃からエフィとその他のRainbow Recordsのメンバーの中に亀裂が走り始める。

キャスト

カーティス ジェイミー・フォックス

ディーナ ビヨンセ・ノウルズ

ジミー エディ・マーフィー

マーティー ダニー・グローヴァー

エフィ ジェニファー・ハドソン

ローレル アニカ・ノニ・ローズ

C.C. キース・ロビンソン

感想

この映画は、映画館で観ました。

とにかくジェニファー・ハドソンの歌声に圧倒された思い出があります。

未だに、彼女の「No way」を聴くと鳥肌が立ちますね。

「I'm changing」もことあるごとに聴いてしまいますし。

以前、『ソウルガールズ』と本作の類似点について述べましたが、やっぱりこの作品には歌唱力だけとってもとてもかないません。

ビヨンセやアニカ・ノニ・ローズの、8年という時間経過を表す、ウブな少女からグラマラスな修羅への変身ぶりも見事なもの。

元々のミュージカル自体は、1981年初演で、トニー賞6部門受賞作。

シュープリームスダイアナ・ロス、メアリー・ウィルソン、フローレンス・バラードがモデルになっています。

事実との対応としては、フローレンス・バラードがエフィ、ダイアナ・ロスがディーナ、メアリー・ウィルソンがローレルにおおよそのところなるのでしょうか。

セリフが歌になるようなミュージカル色の強い作品では決してありませんが、出演者の高い歌唱力を堪能するだけでも観る価値のある作品と言えると思います。


Dreamgirls - Official® Trailer [HD]