ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ・スペシャルショー』2017.10.14 so

f:id:urara1989:20171015012231j:image

 f:id:urara1989:20171015012246j:image

待ちに待った、ジョン・キャメロン・ミッチェルが出演するヘドウィグに行ってきました。

映画ヘドウィグについてはこちらに書かせていただきました。

nyny1121.hatenadiary.com

今回のショーは、ジョン・キャメロン・ミッチェル中村中さんのお二方を主演に迎えた舞台でした。

ヘドウィグの歌唱を英語でミッチェルが熱唱し、ヘドウィグやその他の日本語のセリフやイツァークの英語の歌唱を中村中さんが担当しています。

お客さんの中にはヘドウィグのウィッグをつけられた方々が散見されました。

ハロウィンが近いこともあるのか、トミーノーシスの額のジーザスマークをペイントされた方も結構いらっしゃいました。

日本人は概して恥ずかしがりなのに、こういった扮装を見られると、皆さんの強いヘドウィグ愛を感じました。

突然の1階席からのミッチェルの登場で始まった舞台は、Tear me downの熱唱でいきなりスタンディンオベーションの嵐でした。

開演早々、涙が…もう止まりませんでした。

Tear me downでヘドウィグが身にまとうマントに、ちゃんとTokyoの文字が入っていて、とても嬉しかったです。

舞台は歌以外は基本的に日本語で進んで行き、英語の歌の際にはスクリーンに日本語字幕が出るようになっていました。

ミッチェルも所々日本語を挟みながらファンサービス。

「ヨッコイショ」って言った時には笑いが止まらなかったです。

トミー・ノーシスは声のみの出演で、日本語でした。

基本的に、ブロードウェイでのショーをベースに作られたものなので、映画版では削除された楽曲も入っていました。

それが、イツァークのソロ曲である「Random Number Generation」です。

この曲は中村中さんが英語歌詞で、舞台上を飛び跳ねながらパワフルに歌われていました。

ライブで中村中さんを拝見したのは今回が初めてだったのですが、ものすごくおしとやかなイメージだったので、今回の演技は予想外の連続で、圧巻でした。

キャメロンのヘドウィグの勢いに負けないスピード感、パワフル感、凄まじかったです。

例のcar washされたのは、中央ブロック前方左通路側に座られていた方でした。

うらやましい…


ヘドウィグ2017年SPECIAL SHOW ジョン・キャメロン・ミッチェル メッセージ

生きている間に、まさかミッチェルのヘドウィグを見られるなんて思っていなかったので、今日は心底幸せを感じています。

本当にありがとうと心から言いたいです。