ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『ソウルガールズ(2012)』The Sapphires

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/thumb/7/74/The_Sapphires_poster.jpg/220px-The_Sapphires_poster.jpg

ソウルガールズ』とは

2012年のオーストラリアのミュージカル映画

2004年にメルボルンで初演されたトニー・ブリングスの同名の舞台を基にしている。

あらすじ

1960年代のオーストラリア。アボリジニの居住区に暮らすゲイル、シンシア、ジュリーの三姉妹は歌唱コンテストに出場するが、先住民であることから差別を受け、歌の実力はあるのにコンテストで勝利することができない。そんなところ、そのコンテストの司会をしていたデイヴと出会い、いところで同化政策によりアボリジニの家族から引き離され白人として育てられていたケイも加わり、ソウルを歌う4人のガール・グループ「ザ・サファイアズ」としてベトナムのアメリカ軍を慰問する仕事に就くことになる。

キャスト

クリス・ラブレイス オダウド

ゲイル デボラ・メールマン

ジュリー ジェシカ・モーボイ

ケイ シャリ・セベンス

シンシア ミランダ・タプセル

感想

アボリジニとして差別を受け、悔しい気持ちを胸にベトナムに乗り込む女性音楽グループのお話。

冒頭曲以外は、ステージでの歌唱なので、spontaneousなミュージカルシーンはありません。

オーストラリアでのアボリジニへの差別がこんなに残酷なものだったのかと、映像で見せられるとゾッとしました。

オーストラリアの歴史には全く詳しくないのですが、あまりに無知なのでいくつか本を読んでみようと思いました。

彼女たちは、1960年代に実在したアボリジニの女性音楽グループ、ザ・サファイアズをモデルにしているということですが、結構脚色してあるので内容は事実とは異なる点が多いようです。

実在する彼女たちの姿がこちらです。(おそらく2012年に撮影したもの)

http://www.smh.com.au/content/dam/images/2/3/l/2/9/image.related.articleLeadwide.620x349.23ksm.png/1344013200000.jpg

確か映画の最後に、脚本はそのメンバーのうちのどなたかの子孫の方が書かれたような記述がありました。

邦題しかり、『ドリームガールズ』と比較されることが多いようなのですが、製作者は全く異なる作品であると強調しているようです。

無名の女性音楽グループがスターダムに昇っていくところや、プロデューサーとメンバーの一人ができちゃうところなど、確かに似ているといえば似ているかしら。

残念ながら、本作の歌唱は、『ドリームガールズ』のジェニファー・ハドソンの歌声を耳にした時の衝撃とは全く比べ物になりません。

さらに、既存曲が多いので、ミュージカル映画として何回も見たいと言う類のものではありませんが、アボリジニの社会背景やオーストラリアの歴史を垣間見るには真面目に作られた良い作品だと思いました。


The Sapphires - clip: Audition