ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『メリー・ポピンズ(1964)』Mary Poppins

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/thumb/7/78/Marypoppins.jpg/220px-Marypoppins.jpg

メリー・ポピンズ』とは

トラヴァースによる『メアリー・ポピンズ』を基にした1964年公開のディズニーによるミュージカル映画

実写とアニメーションが合成されている。

トラヴァースはこの映画の製作をなかなか承諾しなかったが、ディズニーによる必死の説得で最終的には了承した様子は、トム・ハンクス主演の『ディズニーの約束』に描かれている。

ジュリー・アンドリュースは本作でアカデミー主演女優賞を受賞しており、現在に至ってもディズニー映画で唯一アカデミー主演女優賞のノミネートされた人物である。

http://assets.nydailynews.com/polopoly_fs/1.2360777.1442320564!/img/httpImage/image.jpg_gen/derivatives/article_750/julie-andrews.jpg

あらすじ

1910年、ロンドンに住むバンクスは厳格な銀行家、またその妻は女性参政権運動に夢中で、子育ては全てナニー任せだった。

新しいナニーを探すバンクスのところに、2人の子どもたちジェーンとマイケルがやってきて、優しくて親切で面白いナニー募集の広告を書いて見せるが、バンクスはその広告を暖炉に放り込んでしまう。

広告は風とともに煙突を上り、空を舞い、メリー・ポピンズの元に届くのだった。。。

https://ewedit.files.wordpress.com/2017/06/mary-poppins.jpg?w=2000

キャスト

メリー・ポピンズ ジュリー・アンドリュース

バート ディック・ヴァン・ダイク

ジョージ・バンクス デヴィット・トムリンソン

ウィニフレッド・バンクス グリニス・ジョンズ

ジェーン・バンクス カレン・ドートリス

マイケル・バンクス マシュウ・ガーバー

https://pmcvariety.files.wordpress.com/2013/12/marypoppins.jpg?w=1000&h=750&crop=1

感想

言わずもがな、大好きな作品です。

ディズニーによるアニメーションと実写の合成による色褪せないファンタジックな世界観、シャーマン兄弟による愉快な楽曲、ジュリー・アンドリュースディック・ヴァン・ダイクの秀逸の歌と演技。

絵本の中から飛び出してきたとは、まさにこのこと。

どの角度から切っても一級品です。

かえすがえす思うのは、この作品を子どものことに見ていたなぁということ。

私が初めて見たのが中学入学後だったので、きっと幼い頃に見ていたら、ジュリーアンドリュースにナニーしてほしい!と真剣に思っていたはず。

ジュリー・アンドリュースが可愛い!そして美しい歌声!さらに衣装がお似合い!

「Chim Chim Cherrie」「Spoonful of Sugar」「Supercalifragilisticexpialidocious」「Feed the Birds」など印象に残る楽曲は、ディズニーランドでよく耳にするものが多いです。

特に「Supercali〜」は中学時代、大好きで全部英語歌詞を暗記して歌っていました。

この曲で-ociousの単語をたくさん覚えたなぁ。

奇遇にも、『マイ・フェア・レディ』と同じ年の公開。

マイ・フェア・レディ』はジュリーがブロードウェイで主演して大ヒットした作品でしたが、映画化にあたっては、オードリー・ヘップバーンが主演することに。

これに対してジュリーは相当悔しがったといいます。

しかし、その悔しさをバネに本作ではアカデミー主演女優賞を受賞するに値する素晴らしい演技を披露しました。

思い入れの強い作品なので、これからも随時感想を更新していきたいと思います。


Mary Poppins (1964): Trailer HQ