ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『イエロー・サブマリン(1968)』 Yellow Submarine

https://i.pinimg.com/originals/ae/16/72/ae16727539b2ff9efe2a371294039cec.jpg

『イエロー・サブマリン』とは

1968年公開の音楽映画。

ビートルズ初のアニメ映画である。

楽曲は全てビートルズが既に発売しているものである。

劇中に登場する4人の本人役は全て別の声優が出演しているが、歌の部分はビートルズ本人によるものである。

http://allofcinema.com/wp-content/uploads/2015/11/Luchshie-filmyi-v-retsenziyah-ZHyoltaya-podvodnaya-lodka-Yellow-Submarine-1968-3.jpg

あらすじ

昔々、海の底にある平和な国ペパー・ランドの人気楽団サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドがコンサートを開いていると、音楽が大嫌いなブルー・ミーニーズが現れ、ペパー・ランドへの侵略を始め、王国からは愛や音楽が失われてしまう。そこで、指揮者のフレッドは司令官に任ぜられ、潜水艦「イエロー・サブマリン」に乗って外界へ助けを求めることになった。リヴァプールに辿り着いたフレッドはリンゴ・スターに出会い、事情を話す。ペパー・ランドの危機を聞き、リンゴ・スタービートルズの仲間であるジョン・レノンジョージ・ハリスンポール・マッカートニーと共に、ペパー・ランドを救うため、イエロー・サブマリンに乗って海の底へと出発した。

https://i.ytimg.com/vi/LP8cv58SQqY/maxresdefault.jpg

キャスト

ジョン・レノン ジョン・クライブ

ポール・マッカートニー ジェフリー・ヒューズ

ジョージ・ハリスン ピーター・バトン

リンゴ・スター ポール・アンジェラス

大将 ディック・エメリー

フレッド ランス・パーシヴァル

ジェレミー ディック・エメリー

マックス ディック・エメリー

ナレーター ポール・アンジェラス

https://i.ytimg.com/vi/nh7WloRdkls/maxresdefault.jpg

感想

ビートルズの作品である『イエロー・サブマリン』について書いてみます。

一応、歌とストーリーが同時に進行するので、ミュージカル映画のくくりに入れさせていただきました。

この作品を初めて観た時の衝撃は今でも鮮明に覚えています。

サイケデリック”とはまさにこのことを言うのかと思いました。

画がとても鮮やかでポップでとっても可愛いです。

でも、ちょっと目がチカチカする時も。

音楽は、ビートルズの楽曲なので、どれもどこかで耳にしたことがあるものばかり。

「Yellow Submarine」「Eleanor Rigby」「All Together Now」「When I'm Sixty-four」「Nowhere Man」「Lucy In the Sky With Diamond」「All You Need Is Love」など。

family-friendlyな作品でもあるので、お子さんの英語学習にも適しているかもしれません。

ブルーミーニーズという謎の生き物(ウィキでは青鬼と訳されていました)に音楽を奪われたペパーランドを蘇らせることはできるのでしょうか。


The Beatles Yellow Submarine

1968年製作とは思えない、現代的なポップアートという印象を受けました。

音楽同様、芸術全般でも、時代に依らないセンスを持ったアーティストだったんですね。

多くあるビートルズ製作の映画の中で一番好きな映画です。