ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『エルコスの祈り』2017.3.26.so

『エルコスの祈り』

1984年初演の劇団四季のオリジナルミュージカル。

2002年までは『エルリックコスモスの239時間』というタイトルでした。

舞台は、50年後の未来。

落ちこぼれたちを再教育するユートピア学園に、ある一体のロボットがやって来た。

キャスト

エルコス     古田しおり

トーン博士   深水彰彦

ジョン      権頭雄太郎

ダニエラ     矢野侑子

パルタ      諏訪友靖

ダーリー     奥田直樹

理事長      田島康成

セールスマン   川島創

感想

日曜日、堂々と一人で、ファミリーミュージカルに行ってまいりました笑!

人の目なんて気にしません笑!

思い返せば、私のミュージカルとの出会いも劇団四季のファミリーミュージカルだったなぁなんて道すがら思い起こしていました。

たまたまつけたNHKで『ふたりのロッテ』をやっていたんです。

子どもの頃にこういった作品に触れると結構影響されますよね。

あの時に出会えて本当に良かったなと今でも思っています。

いつか子どもができたら、連れて行ってあげたいな。

さて、エルコスですが、脚本から完全に四季のオリジナルミュージカル!

元気で明るいエルコスに癒されっぱなしでした。

一点驚いたのは、正確にはロボットではありますが、人間が劇中で死ぬんですよね。

ファミリーミュージカルで殺人というのは意外だなと思ったのです。

魔法の薬を飲んで生き返る!なんてこともなく消えてしまう。

これは、命の尊さ、儚さを、あくまでフィクションの世界でロボットを通じて、子どもたちに伝えているのでしょうね。

『人間になりたがった猫』をはじめ、四季のファミリーミュージカルは、人間の残酷さをチャーミングによく描いていると思います。

周りにいた子どもたちも引き込まれていました。

思い出そう 素敵なこと

心込めて 語りかけよう

いつの間にか 忘れていた

愛の言葉 その温もりを

苦しみを分かち合う

素晴らしい仲間

微笑みが今蘇る

ありがとう

いつの日にも どんな時も

この手繋ぎ 生きていこうよ