読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『マンマ・ミーア!(2008)』Mamma Mia!

f:id:urara1989:20170129104214j:image
マンマ・ミーア!』とは

1999年ロンドン初演のミュージカルを映画化したもの。
楽曲は、ABBA(アバ)によって発表されたものを使用しています。
このように、もともとある曲を使ってつくられたミュージカルを「ジュークボックス・ミュージカル」や「カタログ・ミュージカル」と言いますが、この作品はその成功作として有名です。
ちなみに、「マンマ・ミーア!」という言葉の意味は、「おや、まあ!」という驚きを表わすものです。

あらすじ
エーゲ海に浮かぶ孤島で小さなホテルを経営するドナ。
彼女が女手一つで育てた愛娘・ソフィは、まもなくスカイと結婚式を挙げる。
ソフィは、自分の本当の父親が誰なのか知らなかった。
バージン・ロードを父親にエスコートしてもらうために、父親探しを始める。
ドナの昔の日記から父親候補を3人絞り出し、ドナには秘密で母親名義で結婚式への招待状を出すことに。。。

キャスト・スタッフ

監督…フィリダ・ロイド

ドナ・シェリダンメリル・ストリープ
ソフィ・シェリダンアマンダ・セイフライド
ロージー…ジュリー・ウォルターズ
ターニャ…クリスティーン・バランスキー
サム…ピアース・ブロスナン
ハリー…コリン・ファース
ビル…ステラン・スカルスガイド
スカイ…ドミニク・クーパー

感想

映画館で観ました。
ロンドンキャスト盤はi Podに入っているけれど、
まだ舞台は観ていないので、舞台と映画の比較はできませんでしたが、
率直な感想として、とても楽しめましたo(^^)o

舞台の映画化だと、楽曲が削除されて、代わりに芝居の量が増えるんですが、
この『マンマ・ミーア!』はそういったことがなく、終始ずーっと歌い続けている印象を受けました。
削除された楽曲でも、instrumentalでところどころに流れていました。

歌は、前奏があまりなくて、突然バンッ!と始まる感じが多かったです。
時間短縮の関係上、仕方なかったかもしれないけれど、少し違和感がありました。

ダンス・シーンも、多かったですね。
すごくミュージカル色が強くて、私はかなりハッピーだったけれど、
ミュージカル苦手の人は引いちゃうだろうな~、という場面も正直いくつかありました。

キャストについて。
個人的には、ドナのストリープさんが案外いい印象を受けました。
前に心配していた、『プラダを着た悪魔』の怖い編集長のおばさまのイメージが吹っ飛んで、
すっかり良いお母さんドナに。
歌も意外と歌えて、ドナ&ダイナモスのシーンでもノリノリで踊っていました。
さすが、女優さんですね。


アバのファンの方はもちろんだけれど、
私のように、このミュージカルでアバの素晴らしさを知る人も多いだろうなぁ、と思います。
奇跡的にストーリーと楽曲が一体化した、素敵なジュークボックス・ミュージカルなので、
多くの人に観てもらいたいです(^^)