読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ(1986)』Little Shop Of Horrors

 f:id:urara1989:20170129105307p:image
『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』とは

1986年のミュージカル映画
1982年初演のオフ・ブロードウェイ・ミュージカルを映画化したもの。
この舞台の原作は、1960年制作の同名のカルト映画。
音楽は、アラン・メンケン&ハワード・アッシュマンのコンビ。
タイトル曲や「Skid Row」「Suddenly, Seymour」など曲が素晴らしいです。
彼らは、この作品の成功により、ディズニーからのオファーを受け、
のちに『美女と野獣』や『リトル・マーメイド』などの名曲で、ディズニーの一時代を築きます。
舞台版の映画化に際し、ラストシーンが悲劇からハッピーエンドに書きかえられています。
ホラーで、しかもカルト中のカルト映画と言われるミュージカル化することは、前代未聞だったらしいです。
舞台のオリジナルキャストは、オードリー役のエレン・グリーンのみ。
怪物植物“オードリー�”は、CGなどではなく、全てスタッフの手作りで、
1トンもあるこのオブジェを、十数人で動かしています。


あらすじ
アル中が徘徊するような貧民街(スキッド・ロウ)で生まれ育ったシーモアは、
閑古鳥の鳴く、花屋の店員として雇われていた。
皆既日食の起こった日に、偶然手に入れた不思議な花に、
片思いの女性の名前にちなんで“オードリー�”と名づける。
それを花屋のショーケースに出すと、みるみるうちに客が押し寄せ、店は大繁盛。
新聞やTVの取材など、シーモアの人生は一転し、一躍有名人になる。
しかし、“オードリー�”の大好物は、なんとヒトの生血だったのだ。
シーモアは自身の血を与えるが、それだけでは足りない。
そこで、オードリーの恋人で、暴力ばかり振るうS気質の歯医者・オリンを“オードリー�”に与える。
オリンの消失により、シーモアはオードリーと恋仲になるが、
“オードリー�”の食欲は衰えず、その矛先はオードリーに向かう。。。

キャスト・スタッフ

監督…フランク・オズ

シーモア・クレルボーン…リック・モラニ
オードリー…エレン・グリーン
花屋の店長・マシュニク…ヴィンセント・ガーディニア
オリン・スクリヴェロ…スティーブ・マーティン

あらすじ

以前日本でも公演されて、その時のオードリーの声を和田アキ子さんが演じられたことを覚えています。

私は、ホラーは苦手なんです。
ですが、これはホラー・ミュージカルなんて言っていて、コメディっぽいです(笑)。
魅力的なオープニング・ナンバーからして、ホラーという印象は全く受けませんよね。

3人の女の子達は、舞台の進行役で、物語の登場人物に直接関わりません。
構成的に、ドリーム・ガールズっぽいですね(^^;


この映画は、一時かなりハマって、何度も観ました。
何より、アラン・メンケンの音楽が素晴らしいんです!!
この奇想天外な作品と、ディズニーのプリンセス・ストーリーを手がける人が同じなんて、ちょっと信じられないですけれどね(笑)。
サドの歯医者の役者さんのユーモアも面白いし(ショッキングな場面なので動画は載せませんでした)、
謎の怪物植物“オードリー”の声もカッコいいですし、口の動きの精巧さなど、美術さんの腕が光っています!

このオードリー、今でもたまに夢に出てきます笑。

f:id:urara1989:20170129105223j:image
貧民街から抜け出したい気持ちを歌うナンバー「♪スキッド・ロウ」。
この曲の盛り上がり方が、ミュージカルというジャンルの醍醐味のひとつじゃないかな、と、観るたびに思ってしまうんです。