ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『アニー(1982)』Annie

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/M/MV5BNDc2ZTNhYzQtYzNiMy00NWMxLTllMWItYjM1YjYyMWVmZTUyXkEyXkFqcGdeQXVyMTEwODg2MDY@._V1_SY1000_CR0,0,740,1000_AL_.jpg

『アニー』とは

1982年のミュージカル映画
1977年初演のブロードウェイミュージカルを映画化したもの。
アニーのモデルは、新聞に連載されていた漫画。
特に「トゥモロー」は名曲と言われ、スタンダードナンバー化しています。
舞台版は現在でも、世界各国で上演が繰り返されています。

あらすじ
孤児院で暮らす少女アニーは、いつの日か両親が迎えに来てくれることを夢見ていた。
そんなある日、秘書のグレースによって、億万長者のウォーバックス宅に引き取られることになる。
当初、男の子を望んでいたウォーバックスだったが、快活なアニーと過ごすうちに、考え方を変える。
ウォーバックスはアニーの両親さがしに乗り出し、報奨金まで用意するが、
孤児院長のハニガンはそれを悪用することを思いつく。。。

キャスト・スタッフ

監督…ジョン・ヒューストン

アニー…アイリーン・クイン
ウォーバックス…アルバート・フィニー
ハニガン…キャロル・バーネット
グレース…アン・ラインキング
ルースター…ティム・カリー
リリー…バーナデット・ピータース
プンジャブ…ジェフリー・ホールダー
ルーズベルト大統領…エドワード・ハーマン

感想

言うまでもなく、楽しいミュージカル映画です。

世界大恐慌で失業してしまい、泣く泣く娘を孤児院に預けたアニーの両親。

ルーズベルト大統領に、ニューディール政策の元手を渡すウォーバックス。

などなど、1930年代のアメリカが、世界大恐慌から立ち直る過程が背景にあります。


とにかく楽曲が素晴らしいです!!

「トゥモロー」が知名度は高いですが、冒頭の「メイビー」も私のお気に入りです♪


俳優陣では、アン・ラインキングやバーナデット・ピータースなど、

ブロードウェイで、かなーり有名な女優が出演していたりします。(出演時は無名だったかもしれないけれど)

また、アニー役の子役・アイリーンちゃんが何とも愛くるしいです(^^)

うちには20周年記念版DVDがあって、特典映像にアイリーンちゃんの現在の姿が映されているのですが。。。

すっかり素敵な大人の女性になっていましたww


Annie (1982) - Maybe