ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『メイム(1979)』Mame

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61CI2ClJ42L.jpg

『メイム』とは

1979年のミュージカル映画
1964年初演のブロードウェイ・ミュージカルの映画化。
舞台版は、アンジェラ・ランズベリーのデビュー作となりました。
楽曲は、ジェリー・ハーマン。

あらすじ
父親と死別したパトリックは、ニューヨークに住む風変りで朗らかなメイム叔母さんの家に預けられる。
当時(1930年前後)のアメリカは世界大恐慌の最中で、
株にたよって生活していた叔母さんは無収入になってしまう。
友人の女優ベラからの紹介で舞台の仕事をもらったり、百貨店に勤めたり、
仕事に挑むもしくじってしまう。
そんな中で、百貨店で出会った大富豪に見初められ、玉の輿に。
しかし、世界旅行の途中で大富豪は不幸に遭い、未亡人となってしまう。。。
どんな困難にも明るく立ち向かうメイムの影響を受けて、パトリックは成長していく。

キャスト・スタッフ

監督…ジーン・サックス

メイム…ルシル・ボール
ボーレガード…ロバート・プレストン
ヴェラ…ベアトリス・アーサー
パトリック…カービー・ファーロング(幼少期)、ブルース・デイヴィソン
アグネス・グーチ…ジェーン・コンネル
イトー…ジョージ・チャン

感想

古き良きミュージカル、という感じ。
『ハロー・ドーリー』などを作曲したジェリー・ハーマンの音楽が輝いていました。
「Open a New Window」「Mame」「We Need a Little Christmas」など。

メイムは、陽気で強いおばちゃん。
ホストマザーと重ねてしまいました。
舞台女優(男優?)のヴェラや日本人召使のイトーなど、面白いキャラの登場人物たちに囲まれて、メイムの人柄がさらに生きていました。
ストーリーは、自伝を元にしているからか、なんとなくまとまりがないけれど、
観た後は、不思議と楽しい気分になれました。

1979年にもなってしまうと、
こういうコテコテのミュージカル映画はあまり受けなくなっていたらしくて、
公開当時はそれほど好評じゃなかったらしいです。
アメリカでも長いことDVD化されなかったくらいなので、日本でDVD化される見込みはほぼ無いんでしょう。


Mame (1974) – Mame