ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『晴れた日に永遠が見える(1970)』On A Clear Day You Can See Forever

『晴れた日に永遠が見える』とは

1970年のミュージカル映画
同名の1965年に開幕したブロードウェイ・ミュージカルを映画化したもの。
舞台版さえ曲数が少ないのに、映画ではさらに曲が削られていて、ミュージカル色は薄いです。
ほとんどの歌は、バーブラ・ストライサンド演じるデイジーが歌います。
ヴィンセント・ミネリ監督なので、美術や背景がとても美しいです。
ダンスシーンは全くありません。

あらすじ
デイジーは、ニューヨークに住む明るい大学生。
医学部での講義中に、マルク博士が行っていた催眠術の実験にかかってしまう。
今まで誰もかからなかった催眠術が成功したことに、マルク博士は驚く。
デイジーは、婚約者ウォーレンの就職のために、自身のタバコ中毒を克服しようとしていたので、催眠術で禁煙できないか、マルク博士に頼み込む。
マルク博士は、デイジーに催眠術をかけるが、催眠術をかけられたデイジーは妙なことを話し始める。
話を聴くうちに、デイジーの意識は、18世紀のイギリスに生きたメリンダという公爵夫人に移行したことがわかる。
つまり、それは彼女の前世の姿だった。
その他も、予知能力や花を速く成長させるなど、デイジーの超能力が明らかになる。
何度もデイジーと面会し、催眠術をかけ、彼女の前世であるメリンダに会ううちに、
マルク博士は現代に存在しない、高貴なメリンダに恋していることに気づく。
デイジーは、超能力で、博士が自分のことを想っていると感じとり、博士の存在が気になりだす。
しかし、ある日、催眠術にかけられた自分と博士の会話が録音されたテープを偶然聞いてしまい、博士が恋しているのは自分の前世であるメリンダであり、現在の自分自身ではないことを悟ってしまう。。。

キャスト・スタッフ

監督…ヴィンセント・ミネリ

デイジー・ギャンブル/メリンダ…バーブラ・ストライサンド
マルク・シャボー博士…イヴ・モンタン
ウォーレン…ラリー・ブライデン
タッド…ジャック・ニコルソン
ヒューム博士…ボブ・ニューハート
ロバート・テントリース…ジョン・リチャードソン

感想

最初にこの映画を観たのは、単にタイトルに惹かれたからです。
『晴れた日に永遠が見える』なんて、とても素敵な響きですよね・・・。

実際観てみて、バーブラ・ストライサンドの演技、歌が、とても輝いています。
明るくタバコ好きな今時の大学生と、イギリスの気高い貴婦人を、うまく演じ分けていました。
タイトル曲「♪晴れた日に永遠が見える」は、とてもシンプルなメロディラインなので、歌唱力がないと悲惨なことになりそうなのですが、彼女の力強い歌声はこの曲にとても合っていました。
特に良かった「♪What Did I Have That I Don't Have」という曲は、前世の自分と現世の自分との違いに困惑し、思い悩むデイジーが歌うナンバーでした。

 

ストライサンドは、本当に多彩な人で、歌手、女優、作曲家、映画監督と、この後も様々な才能を開花させています。

また、マルク博士役のモンタンも、素敵な歌声を披露していました。


あと、ヴィンセント・ミネリ監督らしい、というか、背景や美術、色彩感覚や構成がとても素敵。
お花がたくさん出てきたり、デイジーの寝室の壁紙も可愛いし。
デイジーのファッションも、また面白いのです。

ミュージカル映画としては、ダンスがないせいか、とても落ち着いている(笑)のですが、
なぜか後引く魅力を持っています。
不思議な映画です。
ボーイ・ミーツ・ガールの一般的なミュージカル・コメディに飽きてしまった方に、おすすめです☆