ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる舞台ミュージカルを中心とした、ミュージカル映画、演劇、オペラに関するブログ

『スイート・チャリティ(1969)』Sweet Charity

http://www.thedigitalbits.com/images/columns/coate_history/sweetcharity_halfsheet.jpg

『スイート・チャリティ(1969)』とは

1969年のミュージカル映画

1966年初演のブロードウェイ・ミュージカルを映画化したもの。
『シカゴ』などの振付師ボブ・フォッシーが監督・振付を務めた。
原作は、ニール・サイモンによるものだが、それは映画『カリビアの夜』に着想を得たもの。
音楽は「If they could see me now」や「Big Spender」、サミー・デイビス・ジュニアによる「Rythm of Life」などが有名。
振付はボブ・フォッシーによる。

あらすじ

チャリティ・ホープ・ヴァレンタインは、ダンスホールに勤めるホステス。
名前を刺青するほど愛していた恋人に、全財産を持ち逃げされるなど、男運がとことん無い。
ある日、映画俳優のヴィトリオの家に偶然行くことになるが、彼の恋人が戻って来て、結局帰されてしまう。
そんな折、もっとまともな仕事を探すことを思いついた彼女は、職業紹介所へ。
故障で止まってしまったエレベーターで、閉所恐怖症の真面目人間、オスカーと出会う。
しぶしぶ、オスカーと付き合うことにしたが、次第にオスカーの優しさに好意を抱くようになる。
しかし、チャリティは、自分がホステスだと知られて嫌われるのを恐れ、銀行に勤めていると嘘をついてしまう。

キャスト

チャリティ シャーリー・マクレーン
オスカー ジョン・マクマーティン
ビッグ・ダディ サミー・デイビス・ジュニア
ヴィトリオ リカルド・モンタルバン
ニッキー チタ・リベラ
ヘレン ポーラ・ケリー

感想

最初に観た時、ラストで「なんで~~~!!!???」と叫んでしまうくらい、納得できなかったんですが(笑)、
二度目に観た時、やっぱりこれで良かったな、と思えました。
そんなラストシーンです(笑)
シャーリー・マクレーンが、バカでお人好しな女の子を、好演しています。
彼女なしでは成り立たないというくらい、素敵な演技。


sweet charity, somebody loves me/ I'm a brass band

 音楽も、素晴らしいですが、舞台版での音楽がけっこう削られていたり、変更されていたので、その点、残念でした。(「Dream Your Dream」とかね)
ダンスシーンは、フォッシー独特のダンスで、感じ方は人それぞれかな、と。
私は好きなんですけれど、やっぱり独創的な世界ですね。
コスチュームも、凝っていて、面白かったです。
印象に残ったシーンは、サミー・デイビス・ジュニアの歌う「Rythm of Life」。
場面としては、一種のキリスト教信者の集まり??らしいのですが、一見、謎の集団のよう。
一度聴くと、メロディがループして、頭から離れなくなります。


Sammy Davis Jr. Sweet Charity

気になったところと言えば、時々、映像が止まったり、写真(静止している)を使ったりしていたところでしょうか。
映画の、なにか効果を狙ったものなんでしょうが、漫画的になってしまった感があったように思いました。

最後になりますが、映画『有頂天ホテル』の中で、Youさんが「If they could see me now」を歌っています。
ちなみに、聴衆の中にいる戸田恵子さんは、劇団薔薇座時代に、『スイート・チャリティ』の日本初演で、主演チャリティ役を務められています。