ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『シェルブールの雨傘(1964)』Les parapluies de Cherbourg

http://fr.web.img2.acsta.net/pictures/210/030/21003043_20130503122946122.jpg

シェルブールの雨傘』とは

1964年のフランスのミュージカル映画
主演のカトリーヌ・ドヌーヴを一躍有名にした作品。
ミシェル・ルグランによる悲しみに満ちた美しい音楽は、映画史に残る秀逸のサウンドトラックと言われる。
特徴的なことは、台詞が全てメロディーに乗せて綴られているということ。(オペラ的)
全編は三部構成になっていて、第一部・旅立ち、第二部・不在、第三部・帰還からなる。

あらすじ
シェルブールの傘屋の娘であるジュヌビエーヴは、自動車工のギイと恋仲だったが、ギイは兵役のために町を離れることになってしまう。
悲しみに暮れるジュヌビエーヴであったが、ギイの旅立ち後、ギイの子供を身ごもっていることに気づく。
そんな時、借金苦にあえいでいた傘店に救いの手を差しのべた、宝石商カサールから、ジュヌビエーヴは婚約を申し込まれる。
手紙が途絶えがちになっていたギイと、恩を感じずにはいられないカサールとの間で、ジュヌビエーヴは悩みぬいた結果・・・

キャスト・スタッフ

監督…ジャック・ドゥミ


ジュヌビエーヴ…カトリーヌ・ドヌーヴ
ギイ…ニーノ・カステルヌオーボ
カサール…マルク・ミシェル
ジュヌビエーヴの母…アンヌ・ヴェルノン
マドレーヌ…エレン・ファルナー

感想

デジタルリマスター版を、映画館で観ました。

冒頭の、傘を差す通行人を上から俯瞰する場面から、鳥肌が立ってしまいました。

さらに、ドヌーヴが美しくて、ルグランの音楽も美しくて、、、

なんて美しい映画なんだろうと単純に感激しました。

ロシュフォールの恋人たち』の方にも書きましたが、

アメリカにはないフランス映画ならではの優美さが、全篇通じて漂っています。

切ないラストですが、その優美さがあるからこそ、繰り返し見たくなる作品ですね。


観終わった後、猛烈にサントラが欲しくなりましたww


Love theme from "Les parapluies de Cherbourg" (1964)