ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『ミュージック・マン(1962)』The Music Man

『ミュージック・マン』とは

1957年初演の同名ブロードウェイ・ミュージカルを映画化したもの。
舞台版オリジナル・キャストのロバート・プレストンが同作でも主演。

あらすじ
アイオワ州のリヴァーシティという田舎町に、音楽教授ヒルと名乗る詐欺師がやってきた。
彼は、学生たちによるブラスバンドを立ち上げようと人々に吹き込み、
楽器やユニフォームの代金を持ち逃げしようと考えていた。
しかし、司書でピアノ教師のマリアンだけは、彼の話を疑っていた。
ハワードはそんなマリアンに惹かれ、得意の話術で口説こうとするが。。。

キャスト・スタッフ

監督…モートン・ダコスタ

ハワード・ヒル…ロバート・プレストン
マリアン…シャーリー・ジョーンズ
マーセラス…バディ・ハケット
パロー夫人…パート・ケルト

感想

アメリカにいた時に観ました。

とにかく楽しい60年代のミュージカル映画でした。
元々の舞台版がトニー賞を取っていて良い出来だったので、
その映画化となってもその音楽の輝きは顕在でした。
お話は…さておきー。楽曲が素晴らしいです。

特に、印象的だったのが、冒頭のRock Island。
通常、オープニングって、「ようこそ劇場へ~」みたいな曲が多いのですが、
この作品では、なんと伴奏なし。
汽車に乗っているシーンで歌うナンバーなので、汽車の揺れに合わせて歌っているのですが、
これが、どことなく、ラップっぽく聞こえたり…とにかくユニークなんです↓
この一曲で、物語が始まるにあたっての説明がなされているのが、すごいなと思いました。

この他にも、「Till There Was You」「Seventy Six Trombones」「You Gotta Troubles」などなど、
"神曲"の宝庫。

また、配役がやはり的確だったと思いました。
詐欺師と生真面目な司書の対比が面白みなのですが、私の中でシャーリー・ジョーンズは『回転木馬』のジュリーのイメージだったので、まさにこれは適役と感じました。
2000年代にテレビ用にリメイクされたらしいのですが、こちらだと『プロデューサーズ』のマシュー・ブロデリックと、舞台版『ウィキッド』のクリスティン・チェノウェスの組み合わせで、全然イメージに合わないのです。(すごく個人的な意見ですけど。ブロデリックは悪いことできない坊や、チェノウェスは小悪魔的なイメージがどうしてもある)

瑣末なことばかり書いてしまいましたが、話はともかく、楽しい音楽で気持ちを明るくしてくれるミュージカル映画には違いありません。