ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『野郎どもと女たち(1955)』Guys and Dolls

『野郎どもと女たち』とは

1955年のМGМ製作のミュージカル映画
デーモン・ラニョンの短編小説が原作の、1950年初演のブロードウェイミュージカルを映画化したもの。

あらすじ
1920年代のニューヨークの下町が舞台。
NY一の賭博師ネイサンは、ラスベガスから一儲けして帰ってきたばかりの賭博師スカイに賭けをしかける。
それはこれから指名する女をデートに誘えるか、というものだった。
スカイは自信満々で賭けに応じるが、口説く相手は「救世軍」の堅物軍曹だった。
最初は冷たくあしらわれるスカイだったが、閉鎖危機に陥った伝道所をうまく救う。
一方、ネイサンの方は、恋人アデレイドから博打から足を洗うことと、彼女との結婚を迫られていた。。。

 

 

キャスト・スタッフ

監督…ジョセフ・L・マンキーウィッツ

スカイ・マスターソン…マーロン・ブランド
ネイサン・デトロイトフランク・シナトラ
サラ・ブラウン…ジーン・シモンズ
アデレイド…ヴィヴィアン・ブレイン
ラニガン…ロバート・キース
ジョンソン…スタッビー・ケイ
ビッグ・ジュール…B・S・プリー

感想

賭博師スカイと、操正しき軍曹サラの恋愛模様は、とても微笑ましかったですね(^^)

徐々に心を開いていくサラをシモンズが好演していました。

シナトラは本作でも、ご自慢の歌声を存分に発揮していました。

お話の中心は、どちらかというとマーロン・ブランド演じるスカイの方なのですが、

シナトラは素敵な歌で魅了してくれます。

マーロン・ブランドは、ミュージカル畑の人ではなく、ミュージカル映画への出演は極めてレアなことなのですが、

「Luck Be a Lady」など、歌に演技に想像以上に圧倒されました。

他に、ネイサンの子分の2人、個人的にツボでしたww ナイスキャラです。

 


賭博の魅力は全く理解できませんでしたが、

自由を愛する男たちと、幸せな家庭を愛する女たちの、他愛無いラブストーリーとして楽しめました。

映画とは関係ないですが、ブロードウェイの劇場のトイレ。

MEN/WOMENではなく、GUYS/DOLLSという表示だということを聞いたことがあります。

何とも粋ですね(^^)

ブロードウェイで、とても愛されている作品のひとつなのだと分かります。