読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『巴里のアメリカ人(1951)』An American in Paris

Film
『巴里のアメリカ人』について

『巴里のアメリカ人(英名:An American in Paris)』は、1951年MGM制作のミュージカル映画
タイトルを見ればわかるとおり、アメリカの作曲家として有名なガーシュウィン兄弟(弟:ジョージと兄:アイラ)による音楽で全編が彩られた映画。
「パリのアメリカ人」、「スワンダフル S'WONDERFUL」、『クレイジー・フォー・ユー』でおなじみの「アイ・ガット・リズム」など、ガーシュウィン三昧の映画です。
主演はジーン・ケリーであり、また、主演女優のレスリー・キャロンがバレリーナ出身なので、バレエを踊るシーンが多いです。
この年のアカデミー賞6部門、ゴールデングロブ賞作品賞など、数々の賞を受賞していて、
傑作映画のひとつに数えられているようです。

あらすじ
パリで画家修業しに励むアメリカ人ジェリーの前に、ある日、ジェリーの支援者を申し出る未亡人ミロが現れる。
同じころ、ジェリーはカフェで見かけたレストランで見かけたリズに一目ぼれする。
内心ジェリーに好意を寄せていたミロは、これをよく思わない。
その後、同じアパートに住むピアニストのアダムを介して、ジェリーは有名な歌手であるアンリに出会い、友情を結ぶ。
が、実は、アンリはリズと結婚しようとしていた。
それを知ったジェリーは、自らをリズから遠ざける・・・

 

 

キャスト・スタッフ

監督:ヴィンセント・ミネリ

ジェリー…ジーン・ケリー
リズ…レスリー・キャロン
アダム…オスカー・レヴァンド
ミロ…ニナ・フォック
アンリ…ジョルジュ・ゲタリ

感想

花の都パリ、ということで、画がとても華やか。
また、この映画でもジーン・ケリーの素晴らしいダンスは顕在で、
バレリーナだったキャロンとのダンスシーンは、ユニークで素晴らしかったです。
ケリー演じるジェリーが、フランス人の子供たちに英語を教えながら「アイ・ガット・リズム」へ導入していく部分が、とても楽しかったです。
子どもたちにとって、いつもガムをくれる優しいお兄ちゃんという存在のジェリーの人柄がよく表れていました。

また、脇役であるアダム役のレヴァンドですが、
彼が妄想(?)の中で、ガーシュウィンのピアノ協奏曲を、指揮者兼ピアニスト兼その他として演奏する場面が、なかなか好きです。

終盤に、音楽「パリのアメリカ人」で大勢で踊る場面は、ジェリーの想像の世界での出来事ですが、
ここからラストまで一言もセリフがないのが、印象的でした。

結末は、書きませんが、、、
アンリは、人間的に素晴らしすぎます。アンリにブラボー!と言いたくなるラストでしたw

ガーシュウィンの音楽が楽しめ、かつ、数々のダンスシーン、さらにパリでミュージカルというちょっと他と違った雰囲気を満喫できます。