ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『私を野球に連れてって(1949)』Take Me Out to the Ball Game

私を野球に連れてって』とは

1949年MGM制作のミュージカル映画
野球ファンの同名の愛唱歌を基につくられた作品。
ジーン・ケリーフランク・シナトラの歌とダンスが楽しめます。
また、元水泳選手のエスター・ウィリアムズが、水中バレエ(?)を披露しています。

『踊る大紐育』や『錨を上げて』と同じく、
ジーン・ケリー=社交的で恋愛達者なキャラ
フランク・シナトラ=恋愛に関して奥手な純情キャラ
ジュールス・マンシュイン=おどけ者、コメディアン的キャラ
という役どころを演じています。


あらすじ
球団「ウルブルズ」の名選手・エディとデニスは、オフ・シーズンはボードヴィルショーに出演する旅芸人をやっていた。
ある年、オフが終わり、興行から戻ってみると、球団のオーナーが女性・ヒギンズに引き渡されていた。
ヒギンズは、選手たちの生活習慣を厳しく取り締まり、おかげで選手たちは夜遊びができなくなってしまう。
選手たちは、この方針に不満だったが、チームは優勝に向け、邁進する。
そんな時、エディに、ステージ出演のおいしい話が舞い込む。
しかし、これはチームの優勝を阻止しようとする人々による戦略だったのだ。。。

キャスト・スタッフ

監督…バスビー・ギ―クレイ

エディ・オブライエン…ジーン・ケリー
デニス・ライアン…フランク・シナトラ
K・C・ヒギンズ…エスター・ウィリアムズ
シャーリー・デルウィン…ベティ・ガレット
ジョー・ローガン…エドワード・アーノルド
ナット・ゴールドバーグ…ジュールス・マンシュイン

感想

『踊る大紐育』の二番煎じ的な作品です。
内容的に、ストーリーがハチャメチャといった感じなんですが、
(もともとミュージカル映画って、ストーリーが破滅的な感があるんですけれど笑、)
楽しいタイトル曲や、ジーン・ケリーフランク・シナトラの歌&ダンスシーンは、やっぱり圧巻です!!
特に、ジーン・ケリーダンス、この作品でも冴えてます!!!

ヒロインのエスター・ウィリアムズは、アメリカ代表として国際大会に出ちゃうほど有望な水泳選手!
選手を引退後、MGMのミュージカル映画に数多く出演していますが、この作品が代表作。
他の出演したミュージカル映画でも、必ず水泳シーンが盛り込まれています。
水泳シーンは、ちょっと無理やりな印象もありますが、
人間ってこんなに優雅に泳ぐことができるんだ!と思ってしまいましたねww

このタイトル曲は、この作品のためにつくられたわけではなくて、制作以前から歌われていたようです。
今でも、大リーグの7回の表裏の間に、スタジアムの観客が一斉に歌う習慣がありますよね。
これは、7回あたりになると、先発投手が疲れてきて、それを労い、励ますために歌われるそうです。

ミュージカル映画好きではないと、観るのが大変な映画かもしれません。。。
私は、この種の大っ好きなんですけどね。