ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『踊る大紐育(1949)』On the Town

『踊る大紐育』とは

1949年のMGM製作のミュージカル映画
1944年の同名ブロードウェイミュージカルを映画化したもの。
音楽は、『ウェストサイド物語』などで有名なレナード・バーンスタイン


あらすじ
ニューヨークに寄港した際、1日だけの休暇をもらった水兵、ゲイビー、チップ、オジーの3人。
ゲイビーはミス地下鉄と、チップはタクシー運転手と、オジーは人類学者と、それぞれ恋に落ちる。
たった1日のニューヨークを、彼らはどのように過ごすのだろうか。。。

キャスト・スタッフ

監督…ジーン・ケリー、スタンリー・ドーネン

ゲイビー…ジーン・ケリー
チップ…フランク・シナトラ
オジー…ジュールス・マンシュイン
ブランヒルド…ベティ・ギャレット
クレア…アン・ミラー
アイヴィー…ヴェラ=エレン
ルーシー…アリス・ピアース

感想

なんといっても、音楽がレナード・バーンスタインということで、観てみました。

この映画は舞台を映画化したもので、原作の舞台の方は全然分かりませんが、

映画自体は、歌にダンスにと、MGMらしい明るく楽しいミュージカル映画でした。

ストーリーは、「3人の水兵がそれぞれ恋して、1日経って再び船に戻る」というシンプルな筋書きなのに、

歌とダンスと、その構成で、これだけ楽しい作品になるんだぁ!と感動しました。

これは観てみる価値あり、の作品ですよ!!

 

ケリー、シナトラ、マンシュインのトリオと言えば、

私を野球に連れてって』でも共演していました。

また、シナトラとベティ・ギャレットのカップルは、

他に『私を野球に連れてって』『錨を上げて』でもカップル役。

こうして観てくると、メインの俳優さんの名前は覚えてしまって、

それぞれの俳優さんのだいたいのポジションがわかってきたような気がしますww