読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『若草の頃(1944)』Meet Me in St. Louis

若草の頃』とは

若草の頃』(英名:Meet Me In St. Louis)は、1944年MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)制作のミュージカル映画
主演は、『オズの魔法使い('39)』のドロシー役でおなじみのジュディ・ガーランド
当時22歳のジュディ・ガーランドがとても生き生きと好演しています。
この映画をきっかけに、ジュディは監督のヴィンセント・ミネリと生涯2度目の結婚をしています。
(かれらの娘が、のちの大女優ライザ・ミネリ
「Have Yourself A Merry Litle Christmas」など、印象的な楽曲が多いです。
これらの楽曲は、プロデューサーであるアーサー・フリードによるもので、彼はこの後も、MGMのミュージカル映画と深く関わっていきます。

あらすじ
万国博覧会を翌年に控えたセントルイスに住む、祖父と両親、1男4女の中流家庭が舞台。
長女や次女はお年頃で、次女のエスターは隣の家のジョンに夢中。
万博への期待感が高まりつつあるクリスマスのこと、父親の仕事の都合で、一家はニューヨークに移住することが決まる。
地元での万博開催を前にし、しかも何より、セントルイスという地に慣れ過ぎてしまっている一家にとっては、とてもつらい出来事だった。
エスターは、ジョンと離れ離れになってしまう。
家族の深い悲しみを知った父は…

キャスト・スタッフ

監督…ヴィンセント・ミネリ

次女・エスター…ジュディ・ガーランド
四女・トゥーティ…マーガレット・オブライエン
長女・ローズ…ルシル・ブレマー
三女・アグネス…ジョーン・キャロル
母・アンナ…メアリー・アスター
ジョン…トム・ドレイク

感想

ジュディ・ガーランドのための映画、という印象。
美しいし、演技も面白いし、歌も上手い。
この映画中に出てくる楽曲のほとんどをジュディが歌っています。
さすがです。

今から60年も前の作品とは、とても思えないほど、演出が凝っていました。
前に載せた動画にあるように、路面電車で陽気に歌う場面や、その時代の華やかな衣装の数々、そして、美しい四季の移り変わりなど。
制作は60年前ですが、作品の中の時代は、今から100年前(1903年くらい)なので、
確かに、万博を楽しみに待つ様子というのは、交通網の発達した現代では、よくわからない感覚です。

その他は、四女役の子役のマーガレット・オブライエンの演技が、予想以上に素晴らしかったです。
ローウィンで怖そうなオジサンに睨まれて一目散に逃げてくる場面や、
ニューヨーク行きが決まり、庭に雪だるまを残していくのが惜しくなり、狂乱的に雪だるまをぶち壊したりする様は、とても7歳とは思えない迫真の演技でした。
あとで調べてみたところ、やはり、この映画でアカデミー子役賞を受賞していました。