読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『四十二番街(1933)』42nd Street

四十二番街とは

1933年ワーナー・ブラザーズ製作のミュージカル映画
1980年初演のブロードウェイ・ミュージカルはこれを舞台化したもので、
舞台版はロングランを記録しました。

あらすじ
有名な演出家ジュリアンは、新作ミュージカル『Pretty Lady』に全財産を賭けていた。
しかし、フィラデルフィアでのトライアウト前日に、主演女優のドロシーが足を怪我してしまう。
ドロシーの代役として、コーラスガールのペギーが抜擢されるが、本番まではあと1日しかない。。。

 キャスト・スタッフ

監督…ロイド・ベーコン

ジュリアン…ウォーナー・バクスター
ドロシー…ビーブ・ダニエルズ
パット…ジョージ・ブレント
ペギー…ルビー・キラー
アブナー…ガイ・キビー
ビリー…ディック・パウエル
アニー…ジンジャー・ロジャース

感想

『ブロードウェイ・メロディ』から数年後の作品で、同じバックステージものだから、
それと同じようなものだろうと、それほど期待していなかったのですが、
『ブロードウェイ・メロディ』と比較すると、
ストーリーにしても、ダンスにしても、数段見ごたえがありました。

特に、ラストの長いナンバーは当時とすれば画期的なものだったろうと思います。
今観ても、圧巻です。