ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『有頂天時代(1936)』Swing Time

f:id:urara1989:20180213192402j:image

『有頂天時代』とは

1936年公開のアメリカのミュージカル映画

アステア&ロジャースコンビの第6作目。

音楽は「煙が目にしみる」などのジェローム・カーン

「The Way You Look Tonight 」はアカデミー歌曲賞を受賞した。


Swing Time (1936) "Trailer"

あらすじ

ダンサーのラッキーは、ダンサーの夢を諦め、マーガレットと結婚しようとするが、同僚のダンサーたちに邪魔されて結婚式に遅刻してしまう。

激怒した花嫁の父親から、2万5千ドル稼ぐまで結婚は許さないと言われ、一獲千金を狙い、一路ニューヨークに向かう。

道ばたで偶然出会ったダンス教師のペニーとダンスのパートナーになり、恋が芽生えるが、婚約中のラッキーはペニーとの恋を進めることがなかなかできず。

キャスト

ラッキー  フレッド・アステア

ペニー  ジンジャー・ロジャース

ポップ・カルデッティ  ヴィクター・ムーア

メイベル  ヘレン・ブロデリック

感想 

アステア&ロジャースコンビの作品で、一番プロットが好きなのは本作です。

少ない元手からギャンブルで徐々に成り上がっていく様子や、最後の爆笑シーンなどから、有頂天時代なんていう粋な邦題をよく考えられたなと思いました。

婚約者がいるけれど、目の前の女性への気持ちを抑えられない、微妙な立場を演じるアステアと、そんなつれない対応をするアステアに拗ねるロジャースがなんとも可愛らしいのです。

「Fine Romance 」という一曲がこの2人の付かず離れずの様子をうまく表していました。

なんというか、この映画は80年以上前の映画ですが、男女の仲って時代は移り変わっても本質的には変わらないのだなと、このシーンを見ると苦笑いしてしまいます。


Fred Astaire & Ginger Rogers - A Fine Romance (1936)

また、音楽といえば、なんといっても、スタンダードナンバーになっている「The Way You Look Tonight 」を語らずにいられません。

ため息が出るほどロマンチックですね。

シャンプー中のペニーが思わず恍惚となる気持ちもわかります。


The Way You Look Tonight

本作には、アステアにしては珍しく、というか唯一かしら、黒塗りでのミンストレルショー風のダンスシーンがあります。

アステアが巨大な3つの黒い大きな影をバックに踊る様子が印象に残っています。


Astaire Swing Time Bojangels

Never Gonna Dance」は、文字通り、「僕が踊る相手は君だけ。だからもう僕が踊ることはないから、帽子も燕尾服も捨てよう」というナンバー。

切なくて胸が苦しくなりました。

このシーンは、アステアがこだわり、40テイク以上撮影されたそうです。

婚約者の元へ向かおうとするペニーを引き止めるような形で、階段から大広間とかなり広いスペースにわたって踊るため、撮影終了時には足から血が流れていたという話もあるほどだったそうです。


Never Gonna Dance

アステア&ロジャースのダンスと歌を楽しめ、かつ、筋書きもなかなかおもしろいので、アステア作品に興味のある方にはおすすめです。

『ブロードウェイと銃弾』2018.2.12.ma

f:id:urara1989:20180212181544j:image

『ブロードウェイと銃弾』とは

ウディ・アレン監督による1994年公開の同名映画をミュージカル化したもの。

2014年ブロードウェイ初演時は、ミュージカル『コンタクト』振付や映画『プロデューサーズ』監督などのスーザン・ストローマンが演出した。

今回が日本初演

演出は福田雄一

↓ブロードウェイ公演の様子


BULLETS OVER BROADWAY: First Look

あらすじ

舞台は1920年代、禁酒法時代のニューヨーク。

劇作家のデビットは、かねてからの念願が叶い、自分の戯曲をブロードウェイにかけることになり張り切っている。

しかし、プロデューサーが見つけてきた出資者はギャングの親玉ニック。

しかもキンキン声でろくに台詞も言えない愛人のオリーブを主演に据えるよう要求し、部下のチーチを監視役として送り込んできた。

さらにプライドの高い主演女優ヘレンは脚本を書きかえろと色仕掛けで要求し、名優だが過食症で女癖の悪いワーナーはオリーブと怪しい関係を持っている。

そんな状況に、芸術至上主義でまめなデビットは困惑する。

そこになぜか、てんやわんやの稽古の様子をずっと観察してきたチーチまでが脚本や演出に口を挟んでくる。

舞台を完成させたい一心のデビットは、数々の妥協を余儀なくされ、その都度頭を抱えてしまうが、チーチの提案は芸術に程遠いと思っていたが、的確な意見ばかりであることに気づく。

デビットとチーチは一緒に脚本を書き直し、舞台は見事成功を収めるが、それが引き金となり思わぬ大騒動に。

キャスト

デビット  浦井健治

チーチ  城田優

エレン  愛加あゆ

イーデン  保坂知寿

オリーブ  平野綾

ヘレン  前田美波里

ワーナー  鈴木綜馬

ニック  ブラザートム

シェルドン  青山航士

ジュリアン  加地将樹

感想

今日は『ブロードウェイと銃弾』を観に、日生劇場まで行ってまいりました。

全体的にコメディで、何度も笑わせてもらいました。

私はいつも1階席の入り口から劇場に入って雰囲気を感じてから、着席するのですが、今回は舞台上のタイムズスクエアを彷彿とさせるネオンサインに気分が沸き立ちました。

とにかくキャストの個性が強くて、適役だったと思いますが、やはり前田美波里さんのパワフルな存在感は圧巻でした。

失礼ですが、ご年齢を考えるととても想像できない、ダンスや歌、容姿に、プロフェッショナリズムを感じました。

また、去年の『レディ・ベス』からは程遠いキャラクターを演じた平野綾さん。

このキャラを見て、まず最初に映画『雨に唄えば』のキンキン声の女優役を思い浮かべてしまいました。

少々お下劣なシーンも突き抜けていて、コミカルに演じられている様子は脱帽です。

声優をされているだけあり、声の幅の広さに驚かされました。

城田優さんは、背の高いギャングの手下役で、一見怖そうだけれど実は芝居に熱いという役どころでした。

今回が初タップだったそうですが、タップの群舞に混じり、タイムステップやターンなどをされていましたね。

タップが好きで今も続けている私からしますと、これからも練習を続け、また別の舞台でも披露してくださると嬉しいななんて思います。

チーチという役名にかけて、自分の名前をトートと聞き違えるシーンなど、ミュージカルファンを喜ばせるようなシーンもありました。


『ブロードウェイと銃弾』歌唱披露/城田 優

浦井健治さんは売れない劇作家役でしたが、強烈な個性の役者陣に囲まれて、唯一ふつうのキャラをそつなく演じられていました。


『ブロードウェイと銃弾』歌唱披露/浦井健治

保坂知寿さん、鈴木綜馬さんはじめとした元四季さんも脇を固められていましたね。

難しいことを考えず、古き良きアメリカの音楽やダンスに酔いしれて、当時の雰囲気を楽しめる類の舞台裏ものミュージカルは久しぶりだったので、満喫しました。

『トップ・ハット(1935)』Top Hat

f:id:urara1989:20180211130948j:image

『トップ・ハット』とは

1935年公開のアメリカのミュージカル映画。 

アステア&ロジャースコンビの4作目。

音楽は「ホワイトクリスマス」などを手がけたアーヴィング・バーリン

舞台化され、2012年ウエストエンド で初演し、オリヴィエ賞を作品賞を含む3部門で受賞。

日本では宝塚歌劇団により2015年初演。

あらすじ

公演のためにロンドンを訪れていたブロードウェイダンサーのジェリーは、同じホテルに滞在していたモデルのデールに一目惚れしてしまう。

一時は心を通わせる2人だったが、ジェリーのことを友人の夫だと勘違いしたデールはベニスに逃れ、当てつけにデザイナーのアルベルトと結婚してしまう。

ジェリーは慌てて後を追うが…

キャスト

ジェリー  フレッド・アステア

デール  ジンジャー・ロジャース

ホレース  エドワード・エヴェレット・ホートン

アルベルト  エリック・ローズ

マージ  ヘレン・ブロデリック

ベイツ  エリック・ブロア

感想

ミュージカル映画黄金期の代名詞になるような作品で、アステア&ロジャースコンビの作品で一番評価が高いですが、お話の内容は『コンチネンタル』と瓜二つです。

音楽は、アーヴィング・バーリンによる秀逸な楽曲ばかりですが、なかでも「Cheek to Cheek 」は有名。


Fred Astaire - Cheek to Cheek

「Top Hat, White ties and Tails 」という曲がありますが、この作品でアステアのポートレイトでよく用いられる、シルクハットに黒燕尾のスタイルが定着したと言われています。

f:id:urara1989:20180211133501j:image

この映画では冒頭からアステアの華麗なタップダンスを楽しめます。

最初は、ホテルで自由気ままに踊ってしまう迷惑な客なのですが。

眠れない階下の彼女を思って、砂を撒いてその上でタップを踊るsand danceはロマンチックだなぁと思ってしまいました。

アステア&ロジャースは前回までの作品の成功で気持ちに余裕が出て、しかしその人気に驕ることなく、さらにダンスや歌、演技に磨きがかかったように思いました。

雨宿りしながらダンスする「Isn’t it a Lovely Day」もとてもチャーミングな一曲。


Top Hat: Isn't This a Lovely Day (To Be Caught in the Rain)

アステア&ロジャースは本当にevergreenですね。

 

『ファン・ホーム ーある家族の悲喜劇ー』2018.2.10.so

f:id:urara1989:20180210213121j:image

『ファン・ホーム ーある家族の悲喜劇ー』とは 

2013年オフブロードウェイ初演、2015年ブロードウェイ初演のミュージカル。

原作はアリソン・ベグダルによる同名漫画。

作品賞を含め、5部門でトニー賞を受賞した。

今回が日本初演

レズビアンを主人公にした、初めてのブロードウェイミュージカルと言われる。

↓Bwayでの公演の様子。現在Bwayはclose、West endでは上演中。


Longer Fun Home Highlights

あらすじ

漫画家として活躍するアリソンは今、43歳。

アメリカの小さな町ペンシルベニアで生まれた彼女の家族は、父ブルース、母ヘレン、弟のクリスチャンとジョン。

ブルースは高校教師をしながら家業の葬儀屋を営んでいたが、彼が最も愛情を注いでいたのは“家”だった。

古い家を改築してアンティークの家具を修理し、完璧に整理整頓された室内。

家はブルースの美意識そのものだった。

文学や芸術を愛するアリソンとブルースには、いろいろな共通点があった。

一番は、アリソンはレズビアンで、ブルースはゲイだったこと。

そしてアリソンはそれを受け入れ、父は隠し通す道を選び、自らの命を絶ったのだ。

ブルースがなくなったのと同じ年齢に差し掛かったアリソンは、迷いの中にいた。

なぜ父は自らの命を絶たなければいけなかったのだろうか。

父との飛行機ごっこ、ベビーシッターのロイ、カウンセリングに向かう父、大学で出会った恋人ジョーン、車のなかでの父との二人きりの会話。

幼少期から大学時代までの記憶を辿りながら、アリソンが迫っていく父の本当の想いとは。

キャスト

アリソン  瀬奈じゅん

ブルース  吉原光夫

大学時代のアリソン  大原櫻子

ヘレン  紺野まひる

ロイ/ピート/マーク/ボビー・ジェレミー  上口耕平

ジョーン/スーザン・デイ  横田美紀

小学生のアリソン  龍杏美

クリスチャン  若林大空

ジョン  大河原爽介

f:id:urara1989:20180210214657j:image

 感想

去年から首を長くして待っていた、『ファン・ホーム』を観にクリエまで行ってまいりました。

一幕もので上演時間2時間弱、大人のキャスト6名と、こじんまりした作品かなと思っていたら、相当な見応え、さらに深い余韻を残す作品でした。

前述の通り、実在するアリソンさんという漫画家が、ご自身の経験をもとに書いた同名漫画が原作のミュージカル。

漫画がミュージカルになるというのは、日本の2.5次元ものを別にして、海外では珍しいケースなのではないかなと思います。

(たまたまお隣の東京宝塚劇場でまもなく萩尾望都の同名漫画が原作の『ポーの一族』が上演されますが、残念ながらチケット取れませんでした。行きたかった…涙)

『Fun Home』のfunは、家業であるfuneral葬儀屋を表しており、楽しいという意味の形容詞と掛けて、ある意味皮肉っています。

さて、アリソンは父親が自殺した年齢に自身も近づき、過去を振り返りますが、舞台上には、現在、大学時代、幼少期の3人のアリソンが登場します。

瀬名さん演じる現在のアリソンはほとんど舞台上におり、過去の自身の姿を時に恥ずかしげに、時に懐かしみながら見つめています。

時系列はバラバラになっており、最初は少し戸惑いましたが徐々に慣れました。

終演後のトークセッションでみなさん異口同音におっしゃっていましたが、アリソンが初めてレズビアンを見た時に自分と何か似ていると感じる場面、また、アリソンが大学で出会った恋人との初体験の場面は、非常に印象的でした。

前者については、私はLGBTではないのでわからないですが、幼いながらも直感的にセクシャリティを自覚した感動が朗々とした歌声から伝わってきました。

ここは、子役ちゃんの一番美味しいところでしたね。

後者については、性的バックグラウンドは関係なく、ドキドキした気持ちが台詞混じりで昂揚感を伴って大原櫻子さんが歌われている様子に、こちら側もドギマギしてしまいました。

ゲイであることを公にしなかった父、レズビアンであることを両親に伝えるアリソン、男性の恋人がいることを知りながらも「それでもロマンチックな時間はあったわ」と語る母。

過去を振り返りながら、アリソンはもっと違う展開があってもよかったはず、と、父との時間を思い出しますが、このあたり終盤の解釈は少し難しかったですね。

今日は終演後に、瀬奈じゅんさん、LGBTへの理解を呼びかける活動をされている増原裕子さん、原作漫画を日本語に翻訳された椎名ゆかりさんによるトークセッションが行われました。

椎名さんのお話では、実はアリソンさんのご両親は演劇を通して知り合われたそうで、お母様は大の演劇ファンでニューヨークタイムズの演劇評を信頼してよく読んでいたそうです。

お母様は当初この漫画の発売にもミュージカル化にも反対だったそうですが、ブロードウェイ初演の数ヶ月前に亡くなられたそうです。

ブロードウェイ初演翌日のニューヨークタイムズの演劇評での絶賛っぷりを母が読んだらどんなに喜んだだろう…とアリソンさんは思われたそうです。

また、ご両親は亡くなられましたが、演劇の縁で知り合い一緒になった2人が、紆余曲折あった後、再びミュージカル作品として舞台で半永久的に上演され続けることになる、というとても感動的なお話を伺うことができました。


『FUN HOME』稽古場映像

『リトル・マーメイド(1989)』The Little Mermaid

f:id:urara1989:20180209181215j:image

『リトル・マーメイド』とは 

1989年公開のディズニーによるミュージカルアニメ映画。

原作は、アンデルセンによる『人魚姫』。

ディズニールネサンスを代表する作品であり、音楽はアラン・メンケンが担当し、アカデミー作曲賞を受賞した。

「Under the Sea」がアカデミー歌曲賞を受賞した。

後に、舞台化され、2008年にブロードウェイ初演、劇団四季により日本でも公演されている。

あらすじ

地上の世界に憧れる16歳の人魚姫アリエルは、ある日、好奇心を抑えられず、航海している船を覗き込み、王子エリックに一目惚れしてしまう。

船は嵐に襲われ沈没してしまい、ア エリックを抱えて必死に浜辺まで泳いだアリエルであったが、歌を口ずさみながら介抱しているうちに、他人のやってくる気配を察してすぐに姿を消す。

父である海の王トリトンらの反対を受けながら、地上の世界への憧れとエリックへの恋心を募らせるアリエルに、海の魔女アースラが近づく。

アースラは「アリエルの美声と引き換えに3日間だけ人間にする」間に、「アリエルがエリックとキスを交わす」という賭けを持ちかけるのだった。

キャスト

アリエル  ジョディ・ベンソン

セバスチャン  サミュエル・E・ライト

アースラ  パット・キャロル

エリック  クリストファー・ダニエル・バー

フランダー  ジェイソン・マリン

トリトン  ケネス・マース

スカットル  バディ・ハケット

感想

幼稚園に上がる前から、このVHSを観ていた記憶が朧げにあります。

ミュージカルへの導入がディズニーだったという日本人の皆さんは多いと思いますが、その代表作のような一本かと思います。

「Part of Your World 」やアカデミー歌曲賞を受賞した「Under the Sea 」といったアラン・メンケンによる秀逸な音楽たちが本作でも楽しめます。

この作品をミュージカル映画にする意義は、王子エリックのアリエルについての記憶が、容姿というより歌声としての方が強く焼き付いているという点にあります。

王子の歌声の微かな記憶、歌声と引き換えに人間になるアリエル、アリエルの歌声を悪用しようとするアースラ。

アースラの日本語吹き替えは森公美子さんですが、本当に適役でした。

地上の世界への憧れを歌う「Part of Your World 」は、その後も様々な形でrepriseされ、アリエルの象徴的な一曲です。


The Little Mermaid Part Of Your World HD 1080p

アリエル役はジョディ・ベンソンで、2018年現在もディズニーテーマパークでのアリエルの声を担当しています。

彼女はブロードウェイでの活躍でも有名で、ブロードウェイミュージカル『スマイル』で「Disneyland 」という曲を歌っていますが、この曲は個人的に大好きなミュージカルナンバーです。

お節介なセバスチャンは「Under the Sea」「Kiss the Girl」などで美声を披露していますが、美味しいところばかり持っていくなぁと思ってしまいました。


Under the Sea


The Little Mermaid kiss the girl HD.wmv

アンデルセンの原作では悲しいエンディングですが、本作ではハッピーエンドになっています。

エンディングに関しては、父親の娘を思う愛に、今でも観る度に感涙してしまいます。


The Little Mermaid - 1989 Original Theatrical Trailer

『ピッチパーフェクト2(2015)』Pitch Perfect 2

f:id:urara1989:20180207150817j:image

ピッチ・パーフェクト2』とは

2012年公開の『ピッチ・パーフェクト』の続編。

原作はミッキー・ラプキンによる『The Quest for Collegiate A Cappella Glory』。

あらすじ

オバマ大統領の生誕記念式典で、バーデン・ベラーズがパフォーマンス中に、太っちょエイミーがエアリフティングのソロ中に吊り下がって下半身を露出してしまう失態を犯し、どのア・カペラ大会にも出場できなくなってしまう。

ベラーズのリーダー、レベッカは、もし世界大会でベラーズが優勝すれば復活を認めるという条件を受ける一方、隠れてレコーディングスタジオでインターンを始めていた。

世界大会でライバルとなるドイツ代表のダス・サウンド・マシンとの攻防、夢とベラーズの間で揺れるレベッカベンジーと新入部員エミリーの恋模様…

ベラーズは世界大会で優勝を勝ち取り、汚名を払拭することはできるのか。

 キャスト

レベッカ  アナ・ケンドリック

パトリシア(ファット・エイミー)  レベル・ウィルソン

エミリー  ヘイリー・ステインフェルド

クロエ・ベル  ブリタニー・スノウ

ステイシー  アレクシス・ナップ

リリー  ハナ・マエ・リー

シンシア=ローズ  エスター・ディーン

フロレンシア  クリッシー・フィット

ジェシー  スカイラー・アスティン

バンパー  アダム・ディヴァイン

オーブリー  アンナ・キャンプ

ベンジー  ベン・プラット

コムミッサー  ビルヒッテ・ヒオート・ソレンセン

感想

今回のピッチ・パーフェクトは、すでに全米アカペラ大会3連覇した後の世界大会前の出来事からお話が始まります。

スタートからして、相変わらずちょっとお下劣な内容に苦笑しながら、しかし圧倒的なパフォーマンスに感動しながら、最後まで観てしまいました。

監督は前作に引き続き、エリザベス・バンクス

アカペラ大会のコメンターとして出演しています。

今回は、カバーのアカペラではなく、オリジナル曲を歌うことから、音楽はDevo創設者のマーク・マザーズボーが担当しています。

前回から引き続き、アカペラ合戦のシーンは圧巻です。

もちろんアドリブであんなことができないことはわかっていますが、やはり圧巻です。

お下劣なシーンについても、このシリーズ恒例の流れになっており、冗長になりがちなミュージカルシーンの程よい息抜きになっているように思いました。


Pitch Perfect 2 - Official Trailer 2 (HD)

『マタ・ハリ』2018.2.3.so

f:id:urara1989:20180203215136j:image

 f:id:urara1989:20180203215152j:image

マタ・ハリ』とは

2016年韓国にて初演されたミュージカル。

音楽はフランク・ワイルドホーン。

今回2018年、石丸さち子演出で日本初演

パリを中心に活躍したオランダ人ダンサーで、第一次世界大戦中にスパイ容疑で処刑された、マタ・ハリの人生がモチーフになっている。

あらすじ

1917年、第一次世界大戦の暗雲たれ込めるヨーロッパ。

オリエンタルな魅力と力強く美しいダンスでパリ市民の心をとらえて放さないダンサー、マタ・ハリ

彼女の人気はヨーロッパ中におよび、戦時下であっても国境を越えて活動する自由を手にしていた。

その稀有な存在に目をつけたフランス諜報局のラドゥー大佐は、彼女にフランスのスパイとなることを要求する。

もし断れば、人生を賭けて隠してきた秘密を暴くことになるとほのめかしながら。

自らの過去に戻ることを恐れ、怯えるマタ。

同じ頃、彼女は、偶然の出来事から運命の恋人に出会う。

戦闘パイロットのアルマンは、彼女の孤独な心を揺らし、二人は、ともに美しい夜明けのパリを眺め、人生を語り合う。

一方、ラドゥーの執拗な要求は続き、一度だけスパイをつとめる決心をしたマタ。

彼女の世話を続けてきた衣裳係のアンナの祈りの中、公演旅行でベルリンへ向かい、ドイツ将校ヴォン・ビッシング宅で、無事任務を遂行する。

しかし、謀略はすでにマタ・ハリの想像を超えて進み、アルマンへの愛に目覚めた彼女の運命を、大きく歪めようとしていた。

キャスト

マタ・ハリ  柚希礼音

ラドゥー  加藤和樹

アルマン  東啓介

ピエール  西川大貴

パンルヴェ  栗原英雄

アンナ  和音美桜

ヴォン・ビッシング  福井晶一

感想

マタ・ハリ日本初演の初日ソワレに行ってまいりました。

今回は、日本初演の未見作品であること、劇団四季時代に拝見していた大好きな栗原さんや福井さんが出演されることから、観劇することにしました。

国際フォーラムCホール、3階席後方から観劇しました。

音楽ですが、ワイルドホーンらしい叙情的な旋律を楽しめました。

人物の感情を吐露するシーンが情熱的な歌で表現されていましたね。

柚希礼音さんはお初にお目にかかりましたが、全身からpositive なパワーがあふれ出ていて、マタのセクシーな衣裳がよくお似合いでした。

マタの切ない恋心を歌いあげる場面には感動しました。

加藤和樹さんは、ますますミュージカル俳優が板についてきて、歌声も素晴らしかったです。

今回は主人公の敵役と恋人役の二役を演じ分けるという、なかなかハードなスケジュールですが、私がみた回ではラドゥーを熱演されていました。

加藤アルマンでも観てみたくなりました。

栗原さんと福井さんは、一幕は「どこだろう…?」と探してしまいましたが、途中から見つけられました笑。

やはり骨太の元四季さんがいらっしゃると安心感があります。

舞台全体の印象ですが、照明やカーテン、舞台装置を使い、大勢のキャストながらまとまりよく、非常に見応えのあるものに仕上がっていました。

 ラストシーンの青いベールが舞台全体を覆い尽くす場面が印象的で、ジャワ語で朝日という意味のマタ・ハリとは対照的な色合いで、彼女の最期を表したのかなと思いました。

マタ・ハリという人物は、この観劇を機に知りましたが、川島芳子とよく似た人生だなと思ってしまいました。

川島芳子といえば、四季の『李香蘭』、今年4月上演予定とのこと。

こちらも楽しみです。


ミュージカル「マタ・ハリ」舞台映像<ラドゥー加藤和樹、アルマン東啓介>