ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『アンデルセン物語(1952)』Hans Christian Andersen

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/b/b5/Hans_Christian_Andersen_FilmPoster.jpeg

アンデルセン物語』とは

1952年公開のハリウッドミュージカル映画

音楽は『野郎どもと女たち』や『努力しないで出世する方法』などのブロードウェイミュージカルを手がけたフランク・レッサーによる。

童話作家として有名なハンス・クリスチャン・アンデルセンを題材としたマイルズ・コノリーの小説を基にしている。

日本では、劇団四季によって、この映画を基にした舞台版ミュージカルが不定期に公演されている。

あらすじ

1805年、デンマーク、オーデンスに、ハンス・クリスチャン・アンデルセンという人のいい靴屋が弟子のピーターと住んでいた。彼はいつも子供を集めて面白い童話を語って聞かせる人気者だったが、これが町の人々は気に入らず、町を追い出されてしまう。ピーターとともにコペンハーゲンに引っ越したハンスは、間違いで牢獄に投げ込まれるが、あるバレエ劇団でトウシューズが急に必要ということで釈放される。そこで、美しいバレリーナ、ドーロに出会い、ハンスは一目惚れする。ドーロは演出家ニールスの妻だったが、たまたまニールスがドーロを叩く場面を目撃したハンスはドーロを思いつめ、恋心を託した『人魚姫』を書き上げるのだった。

https://3.bp.blogspot.com/-LXfq-HjWuAs/VxHLpbcmoyI/AAAAAAAAD_c/cZwI-ol6BP8Vh3YiPuPF0m5FQd6HROhRwCLcB/s1600/ak%2Bandersen.jpg

キャスト

ハンス・クリスチャン・アンデルセン ダニー・ケイ

ニールス ファーリー・グレンジャー

ドーロ ジジ・ジャンメール

ピーター ジョセフ・ウォルシュ

http://images4.static-bluray.com/reviews/7472_4.jpg

感想

アンデルセン童話の作者として有名なハンス・クリスチャン・アンデルセンの人生を振り返りながら、ダニー・ケイのエンターテイナーぶりを満喫できる作品です。

ダニー・ケイの出演作はこの映画が初めてでしたが、歌の入りが非常に自然で、とってつけたような演技は全くなく、違和感なくミュージカルシーンを楽しめました。

人がよく、子どもたちから愛され、ドーロへ切ない恋心を抱くハンスを見事に演じていました。

また、フランク・レッサーによる音楽が素晴らしいです。

「Wonderful Copenhagen」をはじめ「I'm Hans Christian Andersen」「Thumbelina」「Anywhere I wander」「No Two People」など、少数ながらキャッチーな曲が全体に散りばめられています。

以前、劇団四季による「アンデルセン」を観た帰り道、「ワーンダフルワーンダフルコーペンハーゲン♪」と口ずさまずにはいられなかったのを思い出しました。

大人でも子どもでも一度聞いたら思わず口ずさんでしまうというのは、ミュージカル作品として良質であることを示す一つの指標ですね。

みどころのひとつとして、バレエのシーンがあります。

特殊効果を使わず、丁寧に手をかけて映画を作った時代の雰囲気を感じました。

この機会にハンス・クリスチャン・アンデルセン自身のwikiを見てみましたが、オペラ歌手になろうとして挫折したり、王立バレエ学校に在籍したりと、波乱万丈の生涯を送ったようですが、生涯未婚だったそうです。

ドーロとのエピソードはおそらく原作の小説の中に出てくるフィクションでしょうが、とても切なくなりました。


Hans Christian Andersen Trailer 1952

『ハッピー フィート(2006)』Happy Feet

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51DROToyhtL._SY445_.jpg

ハッピー フィート』とは

2006年公開のアメリカのフルCGアニメーション映画。

アカデミー長編アニメーション賞受賞作。

あらすじ

コウテイペンギンの父メンフィス、母ノーマ・ジーンの間に生まれたマンブルは、ひどい音痴で、歌で求愛するペンギンの世界では一人浮いた存在だった。

さらに、マンブルには足をタップダンスのように動かす癖があった。

ノーマ・ジーンは個性的な我が子を受け入れたが、メンフィスは”普通の”ペンギンとは違うマンブルを快く思わなかった。

魚の捕獲量が減りつつある現状を受け、長老ノアコウテイペンギンの伝統をますます重んじるようになり、ダンスで和を乱す者として、マンブルをコウテイペンギン界から追放する。

愛しいグローリアや両親と別れたマンブルは、魚が獲れなくなった原因を調べるべく、陽気なアデリーペンギン5人組アミーゴや教祖ラブレイスと一緒に旅立つのだった。。。

キャスト

マンブル イライジャ・ウッド

グローリア ブリタニー・マーフィ

メンフィス ヒュー・ジャックマン

ノーマ・ジーン ニコール・キッドマン

ノア ヒューゴ・ウィービング

アミーゴス

 ラモン ロビン・ウィルアムズ

 ラウル ロンバルト・ボヤー

 ネスター カルロス・アラズラキ

 ロンバルト ジョニーサンチェスⅢ世

 リナルド ジェフ・ガルシア

ラブレイス ロビン・ウィリアムズ

感想

タップダンスを踊るとっても可愛いペンギンの物語。

私もタップダンスを習っているので、とても楽しく見ました。

まず、映像美にびっくり。

CGといって侮るなかれ、とても画が綺麗です。

海の中をスイスイ泳いでいく場面や、氷上を腹ばいで滑り降りるシーンは、きっと映画館の大きなスクリーンで見たら一種のアトラクションになるのではないかと思うくらい、臨場感があります。

マンブルのタップダンスですが、なんとあのサビアン・グローバーが踊ったものを映像化しているそうです。

一体どうやっているのかと思いましたが、これを聞いて納得です。

手を横に広げてよたよた歩いたり、氷上でコケたり、ペンギンの一挙手一投足に癒されました。

また、環境問題を扱っており、おそらく日本をはじめとするアジア圏の魚食文化を批判しているのでしょうかね。(南極周辺での漁業禁止の場面で反対するシーンで”プロミス”の看板が目に入りました。)

ペンギンの食べる魚が少ないから南極周辺の漁業禁止というのは単純化しすぎという気もします。

捕鯨問題をはじめ、アジア圏の魚食文化について、なかなか西洋人とは理解し合えないですね。


Happy Feet (Trailer 2006 )

『ソウルガールズ(2012)』The Sapphires

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/thumb/7/74/The_Sapphires_poster.jpg/220px-The_Sapphires_poster.jpg

ソウルガールズ』とは

2012年のオーストラリアのミュージカル映画

2004年にメルボルンで初演されたトニー・ブリングスの同名の舞台を基にしている。

あらすじ

1960年代のオーストラリア。アボリジニの居住区に暮らすゲイル、シンシア、ジュリーの三姉妹は歌唱コンテストに出場するが、先住民であることから差別を受け、歌の実力はあるのにコンテストで勝利することができない。そんなところ、そのコンテストの司会をしていたデイヴと出会い、いところで同化政策によりアボリジニの家族から引き離され白人として育てられていたケイも加わり、ソウルを歌う4人のガール・グループ「ザ・サファイアズ」としてベトナムのアメリカ軍を慰問する仕事に就くことになる。

キャスト

クリス・ラブレイス オダウド

ゲイル デボラ・メールマン

ジュリー ジェシカ・モーボイ

ケイ シャリ・セベンス

シンシア ミランダ・タプセル

感想

アボリジニとして差別を受け、悔しい気持ちを胸にベトナムに乗り込む女性音楽グループのお話。

冒頭曲以外は、ステージでの歌唱なので、spontaneousなミュージカルシーンはありません。

オーストラリアでのアボリジニへの差別がこんなに残酷なものだったのかと、映像で見せられるとゾッとしました。

オーストラリアの歴史には全く詳しくないのですが、あまりに無知なのでいくつか本を読んでみようと思いました。

彼女たちは、1960年代に実在したアボリジニの女性音楽グループ、ザ・サファイアズをモデルにしているということですが、結構脚色してあるので内容は事実とは異なる点が多いようです。

実在する彼女たちの姿がこちらです。(おそらく2012年に撮影したもの)

http://www.smh.com.au/content/dam/images/2/3/l/2/9/image.related.articleLeadwide.620x349.23ksm.png/1344013200000.jpg

確か映画の最後に、脚本はそのメンバーのうちのどなたかの子孫の方が書かれたような記述がありました。

邦題しかり、『ドリームガールズ』と比較されることが多いようなのですが、製作者は全く異なる作品であると強調しているようです。

無名の女性音楽グループがスターダムに昇っていくところや、プロデューサーとメンバーの一人ができちゃうところなど、確かに似ているといえば似ているかしら。

残念ながら、本作の歌唱は、『ドリームガールズ』のジェニファー・ハドソンの歌声を耳にした時の衝撃とは全く比べ物になりません。

さらに、既存曲が多いので、ミュージカル映画として何回も見たいと言う類のものではありませんが、アボリジニの社会背景やオーストラリアの歴史を垣間見るには真面目に作られた良い作品だと思いました。


The Sapphires - clip: Audition

『プロデューサーズ(2005)』The Producers

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/4/49/The_Producers_%282005%29.jpg

プロデューサーズ』とは

2005年に公開されたアメリカのミュージカル映画

2001年初演のメル・ブルックスによる同名のブロードウェイミュージカルを基にしており、脚本の一部と作詞作曲はメル・ブルックスによる。

ブロードウェイミュージカルは1968年の同名映画(ミュージカル映画ではない)を基にしており、その1968年の映画はメル・ブルックスが監督している。

本作は、ブロードウェイミュージカル『コンタクト』の振り付けなどで有名なスーザン・ストローマンの映画監督デビュー作である。

主演のマックスとレオはオリジナルブロードウェイキャストの2人が演じており、音楽もほとんど舞台版のものを使用している。

http://cdn.theatermania.com/article/7188/1.jpg

あらすじ

かつてはブロードウェイの王と呼ばれるほどの名プロデューサーだったマックス・ビアリストックは、なかなかヒット作を出せずにいた。そんな時、マックスの事務所をたまたま訪れた会計士レオの「ヒット作を作るよりも、駄作を作った方が結果的に儲かる」というアイディアに飛びつき、史上最悪のショーを作る決心をする。違法であるため、ためらっていたレオだったが、単調な会計士としての仕事と縁を切り、密かに憧れていたブロードウェイプロデューサーを目指し、マックスと一緒に最悪の作家、最悪の演出家、最悪の役者を探し始めるのだった。こうして完成した『ヒトラーの春』は間違いなく失敗するはずだったのだが。。。

https://nypdecider.files.wordpress.com/2016/03/the-producers.jpg?quality=90&strip=all&w=646&h=335&crop=1

キャスト

マックス・ビアリストック ネイサン・レイン

レオ・ブルーム マシュー・ブロデリック

ウーラ ユマ・サーマン

フランツ・リープキン ウィル・フェレル

ロジャー・デ・ブリー ゲイリー・ビーチ

カルメン・ギア ロジャー・バート

http://www.ladyofthecake.com/mel/prod2/images/TheProducers5.jpg

感想

この作品以上に、ブロードウェイへの愛が詰まっている作品はないのではないでしょうか。

プロデューサーズ』はミュージカル通の方ほど、たくさんツッコメて笑える作品だと思います。

冒頭の『ファニー・ボーイ(ハムレットのミュージカル版)』から、笑いが止まりません。

ファニー・ブライスの人生を描いたミュージカル『ファニー・ガール』をもじっていますね。

実際のブロードウェイのオリジナルキャストの2人を主演に迎えているので、普段からミュージカルを見慣れていない日本人にとっては、少々大げさな表現だなと感じる場面もあるかもしれませんが、、、この機会に慣れましょう!笑

その2人というのが、ブロードウェイの芸達者俳優であるネイサン・レインと、『セックス・アンド・ザ・シティ』のキャリー役でおなじみのサラ・ジェシカ・パーカーの夫である、ベビーフェイスのマシュー・ブロデリック

このミュージカルは、この2人のために書かれたのではないかと思ってしまうほど、適役です。

それを「We Can Do It」の絶妙な掛け合いから見せてくれます。

さらに、レオの妄想が爆発する「I Wanna Be A Producer」は歴史に残るミュージカル映画のワンシーンでしょう。

マシュー・ブロデリックのダンサーの一面が垣間見られますし、豪華な演出、装置で非常に華やかです。

そして、周りにはbeautiful girls wearing nothing but pearlsがたくさん。(彼女たちは本当にシースルーのレオタードに真珠を縫い付けたものを着ています。)

「Guten Tag Hop Hop」「Keep It Gay」はもう、どうして笑わないでいられるでしょう。

面白すぎです。

まず、ゲイの演出家のロジャー・デ・ブリーのdebrisゴミとかクズっていう単語とかけている名前からして笑えます。しかも、ミドルネームはエリザベス。

また、この映画はブロードウェイのルールを教えてくれる一曲もあります。

それが「Never Say Good Luck On Opening Night」です。

これはブロードウェイ界隈では常識、マナーなので、知っておきたいところです。

舞台初日で「Good luck!」は縁起が良くないとされ、禁句になっています。

代わりに「Break a leg!」と言うことが縁起の良いこととされています。

おそらく時間の関係で、舞台版から削除された一曲が「King Of Broadway」です。

この曲は、過去の栄華を振り返るマックスの独白です。

DVDには未公開シーンとして入っていましたが、良い出来だったので、なぜ入れなかったのか少し残園です。


The Producers - Trailer

 

確かにこの映画の笑いは、なかなか日本人には通じにくいところもあるかもしれませんが、このミュージカルがブロードウェイで開幕した2001年はアメリカ同時多発テロ事件が起きた年でした。

マンハッタン全体がどんより暗い雰囲気になっていた時、この『プロデューサーズ』がブロードウェイの劇場街から、ニューヨーカーの疲弊した心を癒したのです。

『コーラスライン(1985)』A Chorus Line

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/M/MV5BMTYzOTIwOTA1NF5BMl5BanBnXkFtZTcwMDg4NzQzNA@@._V1_UY268_CR7,0,182,268_AL_.jpg

コーラスライン』とは

1985年公開のアメリカのミュージカル映画

1975年初演の同名のブロードウェイミュージカルを基にしたもの。

大団円で鏡を背景に歌われる「One」は圧巻。

舞台版に加えて新たな楽曲として「Surprise Surprise」と「Let Me Dance For You」がある。

http://2.bp.blogspot.com/_k6suasioVUU/SgumhOA0YqI/AAAAAAAAAec/MTwsup6ir7I/w1200-h630-p-k-no-nu/chorusline1.JPG

あらすじ

ニューヨーク、ブロードウェイのとある劇場では、新たな作品のコーラスダンサーを求めて、演出家のザックと演出補助のラリーはオーディションを行なっていた。多くの志願者の中から十数人を選出したところで、ザックは志願者ひとりひとりから、今までの人生について思うままに話すように指示する。最初は戸惑っていた彼らだったが、ダンスを始めるきっかけ、複雑な家庭環境、性の目覚め、整形手術など、徐々に自分をさらけ出していく。一方、往年のスターダンサーであるキャシーは仕事を求め、オーディション会場に向かっていた。ザックは昔の恋人だった。キャシーとザックの揺れ動く感情と、最終選考に残ったダンサーの様々な人生が交差しながらも、オーデションは進んでいく。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/M/MV5BNTcxOTg0ZTQtNzZhMC00NTgyLTg0ZjItODMzMDcxMjkwZmZjL2ltYWdlXkEyXkFqcGdeQXVyNTE4MzAyNDk@._V1_.jpg

キャスト

ザック マイケル・ダグラス

キャシー アリソン・リード

ラリー テレンス・マン

リッチー グレッグ・バージ

マーク マイケル・プレヴィンス

ダイアナ ヤミール・ボージェス

ポール キャメロン・イングリッシュ

アル トニー・フィールズ

クリスティン ニコール・フォッシー

シーラ ヴィッキー・フレデリック

コニー ジャン・ガン・ボイド

ビビ ミシェル・ジョンストン

ジュディ ジャネット・ジョーンズ

マギー パム・クリンガー

ヴァル オードリー・ランダース

マイク チャールズ・マクゴアン

グレッグ ジャスティン・ロス

ドン ブレイン・サヴェージ

https://i.ytimg.com/vi/WxEp8AquYXU/hqdefault.jpg

感想

コーラスライン』は私がブロードウェイで2番目に観たミュージカルで、ちょうどその頃、再演キャストのオーディションを追ったドキュメンタリー映画『ブロードウェイブロードウェイ コーラスラインにかける夢』を観たこともあり、とても思い出に残っている作品です。

その時は十代で、夢を追ってニューヨークに集ったダンサーの鼓動に触れて、いつか私もこの街の一部になりたいと思って涙したのを覚えています。

さて、この映画は初演から10年後に作られました。

性の目覚めを歌う「Hello 12〜」は少しだけ冒頭が歌われますが、「Surprise Surprise」にほぼ差し替えられています。

リッチーを演じたグレゴリー・バージはタップダンス界では有名な方で、本当に素晴らしいパフォーマンスを披露していますが、個人的にはなぜこの曲に変えたのか不明です。

「Hello 12〜」が好きなので、少し残念。

もう一曲加えられたキャシーの「Let Me Dance For You」は素晴らしかったですね。

舞台版だと「Music and Mirror」のようなタイトルの曲で、この曲も好きなのですが、新曲の方が、よりキャシーとザックの関係を浮き彫りにしています。

キャシーがもう一曲歌っている「What I Did For Love」は、舞台版ではダイアナが歌います。

日本語では「愛した日々に悔いはない」。

オーディション中盤でポールが足をくじいて医師の元へ運ばれた後、ザックが「もし明日、踊れなくなったらどうする?」と志願者に問いかけます。

短いダンサー寿命、厳しい稽古、体重制限、激しい競争を勝ち抜いても給料はスズメの涙、家族に理解されない日々。

もっと他の道もあったはず。

でも、ダンスを、舞台が大好きだから、たとえ明日踊れなくなったとしても、今日まで踊ってきた日々に悔いはない、と歌うナンバーです。

この曲は大好きで毎回カラオケで歌います。

この作品を原案者であるマイケル・ベネットは、優れたダンサーですが、『コーラスライン』や『ドリームガールズ』などの優れた演出家、振付家でもあります。

彼もまたゲイで、AIDSの合併症で亡くなりました。

後半でポールが自分の初舞台での両親との対面について淡々と告白するシーンは、なぜかいつもマイケル・ベネットのことを思い出して泣いてしまいます。

コーラスライン』は、彼の舞台への愛が詰まった作品だと思います。

この映画を観るたびに、私は知らないうちに、オーディションに参加する一人になっており、最後番号が呼ばれる時は一緒にドキドキしてしまうのです。


A Chorus Line Movie Original Trailer [1985] #1

『掠奪された七人の花嫁(1954)』Seven Brides For Seven Brothers

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91BpThK+SZL._RI_.jpg

『掠奪された七人の花嫁』とは

1954年に公開されたMGMによるミュージカル映画

MGMによる大型のミュージカル映画としては最後の作品。

当初、並列で製作が進んでいた『ブリガドーン』の方が期待されており莫大な資金が投入されていたため、本作は低予算製作を強いられ、屋内セットで製作せざるを得ない部分が多くあった。

にも関わらず、興行的には本作の方が成功した。

http://schmoesknow.com/wp-content/uploads/2015/02/SevenBrides2.jpg

あらすじ

オレゴン州の山奥で農場を経営する7人の兄弟。

長男のアダムが美しい花嫁を連れて帰ってきたことから、騒動が始まった。

兄に続けとばかりに弟たちも街の娘たちに声をかけるが上手くいかないどころか乱闘騒ぎになってしまう。

落ち込む弟たちに、アダムは、古代ローマの「サビニの女たちの略奪」の話を聞かせるのだった。

https://mutantreviewers.files.wordpress.com/2010/08/7brides7bros3.jpg

キャスト

アダム ハワード・キール

ベンジャミン ジェフ・リチャード

カレブ マット・マトックス

ダニエル マーク・プラット

エフレム ジャック・ダンボアーズ

フランク(フラワー) トミー・ロール

ギデオン ラス・タンブリン

感想

タイトルを聞くと、少しギョッとしてまさかまさかと思いますが、まさにタイトル通りのあらすじです!笑

しかし、それをミュージカル的なあっけらかんとした明るさでやってのけるので、全く悲壮感とか女性蔑視とかはありません。

昔ながらのMGMのミュージカル映画の雰囲気を持ちながら、七兄弟によるアクロバティックなダンスの数々を楽しめます。

上述の通り、限られた予算の中で作らねばならなかったため、製作陣たちにとっては、後悔の残る作品となったようです。

監督は、『雨に唄えば』などMGMの名作ミュージカル映画を手がけたスタンリー・ドーネンですが、ドキュメンタリーで「目を当てられないシーンがたくさんある」と話していました。

音楽とダンスが秀逸です。

男性曲は「Bless Your Beautiful Hide」「Lonesome Polecat」「Sobbin' Women」などハワード・キールの歌声に合う朗々と歌う楽曲が多く、また女性曲は「Wonderful,Wonderful Day」「June Bride」「Spring,Spring,Spring」などパウエルの小鳥のような声に合う可愛い楽曲が多い気がします。

ダンスシーンはこの映画のみどころの一つですが、納屋づくりのダンスシーンは一見の価値ありです。


Barn Raising Dance (7 Brides for 7 Brothers) - MGM Studio Orchestra (HD)

末っ子を演じたラス・タンブリンは、もともと曲芸や体操をやっていたこともあり、そういった才能をアクロバティックなダンスで発揮しています。

この作品が出世作となり、この後の『ウエストサイド物語』のリフ役につながっていくことになります。


Seven Brides for Seven Brothers (1954): Trailer HQ

『世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996)』Everyone Says I Love You

http://d.ratingmovies.com/servlet/Main/CoverDisplay/Everyone_Says_I_Love_You_%281996%29.jpg?film_rn=7328

『世界中がアイ・ラヴ・ユー』とは

ウディ・アレン監督による1996年公開のミュージカル映画

 

あらすじ

主人公は、ニューヨークのアップタウンに住むある家族。

父のボブ、妻のステフィ、ステフィと前夫のジョーとの娘のDJ、ボブと前妻との子どもがスカイラーとスコット、ボブとステフィの娘がレインとローラ。

誰もが誰かに恋している。

家族の住むニューヨーク、ジョーの住むパリを舞台にした恋愛奇想曲。

https://media.baselineresearch.com/images/81830/81830_full.jpg

キャスト

ジョーバーリン ウディ・アレン

ボブ・ダンドリッジ アラン・アルダ

ステフィ・ダンドリッジ フォールディ・ホーン

スカイラー・ダンドリッジ ドリュー・バリモア

D・J・バーリン ナターシャ・リオン

ホールデン・スペンス エドワード・ノートン

ローラ・ダンドリッジ ナタリー・ポートマン

フォン・シデール ジュリア・ロバーツ

チャールズ・フェリー ティム・ロス

スコット・ダンドリッジ ルーカス・ハース

レイン・ダンドリッジ ギャビー・ホフマン

http://3.bp.blogspot.com/-p7tPduvyCb4/Vc0bxW-5iFI/AAAAAAAARdE/sldK6MtsEoU/s1600/Billy-Crudup-Natasha-Lyone-Robert-Khakh-Everyone-Says-I-Love-You-1996.JPG

感想

ウディ・アレン作品の中で一番のお気に入りです。

ストーリーがあるようでないような。

登場人物それぞれが恋をしていて、そのエピソードが折り重なって一つの映画になっています。

若き頃のポートマン、バリモア、それにジュリア・ロバーツなど、キャストが大物ばかり。

バリモア以外は、みなさん頑張ってご自身の歌声でミュージカルシーンを演じています。

さらに、初めの方で登場するヴァイオリン奏者は、イツァーク・パールマンです。

ウディ・アレンが人脈を駆使してキャスティングした様子が窺えますね。

本作品の曲はほとんどオリジナルだと思います。

一曲だけ「My Baby just cares for me」は既存曲で、ジャズのスタンダードナンバーの一つです。

タップダンスも交えてとても楽しいミュージカルシーンとなっていました。


Everyone Says I Love You - My Baby Just Cares For Me (Edward Norton)

また、インド人のタクシーの運転手が歌い出すシーンや、おじいちゃんの幽霊とその仲間が「生きてるうちに楽しめよ」と歌うシーンなども、お気に入りのシーンです。

これを観ていると、ウディ・アレンはきっとフレッド・アステアなどが活躍したMGM黄金期のミュージカル映画が好きなんだろうなぁと感じます。

きっと、ミュージカル映画への憧れを詰め込んだんだろうなぁと。

ストーリーがあってないような作品ですが、たまに見直して幸せな気分に浸る一作です。