読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージカルは終わらない Musicals won't be over.

ミューオタるんによる純粋なミュージカルブログ

『ヘアスプレー(2007)』Hairspray

f:id:urara1989:20170129104647j:image
『ヘアスプレー』とは

2007年のミュージカル映画
2002年初演、2003年のトニー賞最多受賞のブロードウェイ・ミュージカルを映画化したもの。
この舞台の原作は、同名の1988年のカルト映画。
暗めのカルト映画を、楽しい音楽とダンスを散りばめて極めて明るいタッチに仕上げているところが、素晴らしい点のひとつ。
主演は、今作で映画デビューを飾ったシンデレラ・ガール、ニッキー・ブロンスキーちゃん。
相手役のザック・エフロンは、『ハイ・スクール・ミュージカル』と今作のヒットで、アイドル路線まっしぐら、といったところ。
20代には二枚目俳優として有名だった、ジョン・トラヴォルタが女装して、ヒロインの母親役を演じているのも、見もの。
舞台版の「Mama,I'm a Big Girl Now」は、「トレーシーとアンバーが同じ悩みを抱えているのはおかしい」という監督の意向で、カットされている。
スタッフは映画『シカゴ』の制作を手がけたチームで、クイーン・ラティファは『シカゴ』にも出演しています。


あらすじ
62年、人種差別が根強く、白人と黒人がともにテレビに出演することも許されていなかった頃のボルチモアが舞台。
トレーシーは、ダンスとおしゃれを愛する、ふくよかな体型の女子高生。
ローカルのダンス番組「コーニー・コリンズ・ショー」に出演するリンクは憧れの存在であり、番組に一緒に出演することが彼女の夢だった。
ある時、その番組の出演オーディションに、トレーシーは学校をさぼって受験する。
一度は不合格になるも、ダンスの実力が認められ、番組のレギュラー・メンバーとなり、番組主催のミスコンテストであるミス・ヘアスプレーの候補に挙がる。
しかし、番組を取り仕切るヴェルマは、娘のアンバーにミス・ヘアスプレーを取らせたいため、トレーシーをよく思わない。
そんな折、月一度の黒人が出演できる番組が取りやめになることが決まり、トレーシーは抗議デモを発案する。
しかし、白人が黒人の抗議デモに参加することを世間は許さなかった。。。

キャスト・スタッフ

監督…アダム・シャンクマン

トレーシー・ターンブラッド…ニッキー・ブロンスキー
エドナ・ターンブラッド…ジョン・トラヴォルタ
ウィルバー・ターンブラッド…クリストファー・ウォーケン
ヴェルマ・フォン・タッスル…ミシェル・ファイファー
モーターマウス・メイベル…クイーン・ラティファ
リンク・ラーキン…ザック・エフロン
ペニー・ピングルトン…アマンダ・バインズ
スィーウィード…イライジャ・ケリー
コーニー・コリンズ…ジェームズ・マースデン
アンバー・フォン・タッスル…ブリタニー・スノウ

感想

この作品は、公開初日の朝一に、まだガラガラの映画館で観ました。
内容をよく知らずに観はじめたので、今でもあの時観たオープニングの「Good Morning,Baltimore」を聴いた時の感動は、強烈に覚えています(笑)。
その後、ブロードウェイでも観劇しました。

まず、音楽がノリノリで、印象的な楽曲が多いです。
好きな曲はたくさんあるんですけれど、やっぱりオープニングの「Good Morning,Baltimore」。
それに、「I Can Hear the Bell」、四重唱の「Without Love」…挙げればキリがないですね。
ミュージカル的に秀逸なのは、「Timeless to Me」。
言葉遊びが楽しいし、よく上手くまとめられているなぁと思います。

舞台版との比較をすると、アマンダ・バインズ演じるペニー。
舞台版のペニーは、普段メガネっ子の真面目ちゃんキャラなんです。
なので、フィナーレでメガネを取り、セクシーな衣装に着替えると、客席から歓声が上がるんですが、
アマンダちゃんは、最初から可愛らしいので(?)、最後着替えても、それほどの感動は無かったですね。


このミュージカルは、シンデレラ物語であるのと同時に、マイノリティへの差別を描いた作品。
ブロードウェイでの公演は、今年2009年1月4日に終わりましたが、
6年以上もロングランできた一因は、観客が、今日存在する種々の差別を、この作品のなかに見るからなのかもしれませんよね。

この映画を観て、「現実そんな上手くいかないよ」という意見を持たれるのは、ごもっとも!
だからこそ、この作品の意味があると思うんです!!
何も深く考えずに、楽しい音楽に身をゆだねれば、もうそれだけで十分楽しめる作品だと思います。F

『嫌われ松子の一生(2006)』Memories of Matsuko

f:id:urara1989:20170129104753j:image
嫌われ松子の一生』とは

2006年公開の、ミュージカル仕立ての日本映画。
原作は、山田宗樹の同名小説。
中谷美紀主演で、数多くのアーティストも出演し、歌声を披露しています。

あらすじ
53歳の女性の変死体が河川敷で発見された。
彼女の名前は川尻松子。
元中学校教師の彼女は、思いもよらない転落人生を歩んできたのだった。
愛を求める松子の前には様々な男たちが現れるが、
彼女の選択はことごとく不幸へとつながってしまう。
そんな松子の人生を、彼女と関わった人物との出会いの中で、甥の笙が紐解いていく。

キャスト・スタッフ

監督…中島哲也

川尻松子…中谷美紀
川尻笙…瑛太
龍洋一…伊勢谷友介
川尻紀夫…香川照之
川尻久美…市川実日子
川尻恒造…柄本明
沢村めぐみ…黒沢あすか
渡辺明日香柴咲コウ
佐伯俊二…谷川章介
八女川徹也…宮藤官九郎
綾乃…BONNIE PINK
などなどなど。。

感想

本ブログ、初の日本映画です(^^)

この映画は、日本映画では大変珍しい、ミュージカルシーンが登場する映画ということで、記事にしました。

初めて観た時は、衝撃的でしたね\(@o@)/

この映画において、ミュージカル・シーンは、複雑な内容の場面を簡潔にわかりやすく伝える働きをしていました。

ディズニー的で、レトロな雰囲気のカラフルな世界で中谷さんが歌い踊る「♪Happy Wedensday」、

水商売での盛衰をBONNY PINKが歌う「♪Love is Bubble」とか、

刑務所から、昔の男が待っていることを信じて美容師の資格を取る場面では、AIが女囚として「♪What is a Life」を歌っていたり。。。

驚くのは、使われている音楽のジャンルが多岐にわたっていること!

R&B系が来たかと思えば、懐かしの昭和の歌(天地真理さんの「水色の恋」とか)が出てきたり、と。

思わずサントラを買いたくなってしまいました♪♪

 

松子の人生はまさに波乱万丈なのですが、

人生のアップダウンが音楽によって、より強調されていたように感じました。

また、もしもこの作品がミュージカル的に描かれなかったら、

それはそれは重苦しい作品になっていたでしょう。

日本の映画には、あまり興味がなかったのですが、、、

この映画で、久々に泣いてしまいました。

俳優さんについてですが、やはり、主演の中谷さんの演技。

「この作品のために女優を続けてきた」と言うとおり、熱のこもった素晴らしいものでした。

『プラハ!(2001)』Rebelove

f:id:urara1989:20170129104935j:image
プラハ!』とは

2001年のチェコミュージカル映画
チェコでは20人に1人が観たと言われるほどヒットした。

あらすじ
舞台は1968年。
女子高生のテレザ、ブギナ、ユルチャの3人は卒業を目前に控えていた。
ある日、テレザは通りすがりのシモンに一目ぼれしてしまう。
しかし、実はシモンは脱走兵で警察に追われる身だった。。。

キャスト・スタッフ

監督…Filip Renc

テレザ…Zuzana Norisova
シモン…Jan Revai
ボブ…Jaromir Nosek
ブギナ…Alzbeta Stankova
ユルチャ…Anna Vesela
エマン…Lubo Kostelny
オルダ…Martin Kubacak

感想

シーンがレトロでポップで可愛いのは、なんともチェコらしい。
ロシュフォールの恋人たち』的な可愛さがあります。
小物とか細かいところが、いちいち可愛い。
そういうカラフルな世界を楽しみたいなら、この映画はいいのかなと思います。

けれど、それ以外は、かなりチープで低俗な青春映画という印象しか残りませんでした。
確かに、背景にあるのは当時の社会情勢や戦争があるけれど、
それにしてはストーリーが安すぎる感じが否めないですね…

『サラフィナ!』Sarafina!

f:id:urara1989:20170129105037j:image
サラフィナ』とは

1992年のミュージカル映画
1988年初演の同名のブロードウェイ・ミュージカルを映画化したもの。
南アフリカ共和国での反アパルトヘイト運動を描いた、社会派ミュージカルとしてロングランされました。
タイトルロールであるサラフィナ役のクマロは、ブロードウェイ初演でも同役を演じていて、
この作品でトニー賞助演女優賞にノミネートされました。
また、『天使にラブソングを』シリーズでおなじみの、ウーピー・ゴールドバーグが出演しています。
サラフィナとは、ズールー語で、小さな天使という意味。


あらすじ
1968年。南アフリカ共和国ヨハネスブルグ
黒人居住区ソウェトに住むサラフィナは、学校の人気者だった。
彼女が通う高校にも人種隔離政策が影を落とし、校庭を白人兵が見回ることが日常化していた。
その中で、歴史を教えるメリー先生は、政府指導のカリキュラムに従わず、アフリカの本当の歴史を生徒たちに教えた。
啓蒙された生徒たちは、文化祭で、釈放される指導者マンデラを主人公にしたミュージカルを上演することを決める。
しかし、そんなある日、メリー先生が子供たちに危険思想を植えつけたという理由から警察に連行されてしまう。
生徒たちは抗議を起こしたが、対抗して兵士たちは生徒たちに銃口を向けるのだった。。。

キャスト・スタッフ

監督…ダレル・ジェームス・ルート

サラフィナ…レレティ・クマロ
メリー先生…ウーピー・ゴールドバーグ
サラフィナの母…ミリアム・マケバ
サベラ…ボンゲニ・ンゲマ
校長…ジョン・カニー

感想

この作品は、昔観たきりで、私の中では怖い映画に分類されてしまっています(^^;

やはり、アパルトヘイトの現実を伝えるために、暴力シーンがリアルに描かれているので。

しかし、今一度、思い返しながら、この作品について感想を書いてみたいと思います。

 

まず、この『サラフィナ』というミュージカルについてなのですが、

すごいと思うのは、この作品のブロードウェイ初演1988年当時は、

現地・南アでは、まだアパルトヘイトへの反対運動の最中だったということです。

後に大統領となるマンデラの釈放は、1990年に入ってからです。

つまり、このミュージカル自体が、リアルタイムで行われた反アパルトヘイト運動とも言えるのです!!

これ、すごくないですか!!??

ミュージカルが社会を動かした、ものすごく具体的な例と言えると思います。

 

やはり、アフリカ系アメリカ人のウーピーにとっても、この作品は特別なものであったらしく、

この作品に出演できなければ、『天使にラブソングを2』には出ないと言ったほどだったそうです。

 

ロケは、まさに作品の舞台である南アのソウェトで行われていて、

砂の色とか、家並みなどから、現地の風が感じられました。

ただ、舞台ミュージカルの映画化にしては、ミュージカルシーンが少ない印象を受けました。

ナンバーの数々は、全てアフリカンミュージック色が強く、聴きごたえがあるものばかりで、素晴らしかったです。

「Freedom is Coming」は、人種隔離政策による苦境から自由を勝ち取ろうという、熱い思いがあふれていて、非常に感動的です。

これだけの群舞を、liveで観られたら、どんなにか鳥肌ものだろう!と思いました。

 

アパルトヘイト政策については、文面でしか読んだことがなかったのですが、

この映画を観ることで、政策の虚しさと、肌の色で差別する無意味さを思い知らされます。

アパルトヘイト後、南アの国民が必ずしも幸福になったわけではありません。

しかし、一つの時代が終わり、新しい自分たちの時代が訪れた喜びが、この作品には溢れていて、

現在でも、南アの人々の最も愛する作品の代表になっているそうです。


(最後に、黒人に対するアパルトヘイト政策が有名ですが、これは有色人種に対して行われたのであって、
実際、日本人も差別対象になり、差別を受けた日本人もいたという事実を、書き添えておきたいと思います。)

『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ(1986)』Little Shop Of Horrors

 f:id:urara1989:20170129105307p:image
『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』とは

1986年のミュージカル映画
1982年初演のオフ・ブロードウェイ・ミュージカルを映画化したもの。
この舞台の原作は、1960年制作の同名のカルト映画。
音楽は、アラン・メンケン&ハワード・アッシュマンのコンビ。
タイトル曲や「Skid Row」「Suddenly, Seymour」など曲が素晴らしいです。
彼らは、この作品の成功により、ディズニーからのオファーを受け、
のちに『美女と野獣』や『リトル・マーメイド』などの名曲で、ディズニーの一時代を築きます。
舞台版の映画化に際し、ラストシーンが悲劇からハッピーエンドに書きかえられています。
ホラーで、しかもカルト中のカルト映画と言われるミュージカル化することは、前代未聞だったらしいです。
舞台のオリジナルキャストは、オードリー役のエレン・グリーンのみ。
怪物植物“オードリー�”は、CGなどではなく、全てスタッフの手作りで、
1トンもあるこのオブジェを、十数人で動かしています。


あらすじ
アル中が徘徊するような貧民街(スキッド・ロウ)で生まれ育ったシーモアは、
閑古鳥の鳴く、花屋の店員として雇われていた。
皆既日食の起こった日に、偶然手に入れた不思議な花に、
片思いの女性の名前にちなんで“オードリー�”と名づける。
それを花屋のショーケースに出すと、みるみるうちに客が押し寄せ、店は大繁盛。
新聞やTVの取材など、シーモアの人生は一転し、一躍有名人になる。
しかし、“オードリー�”の大好物は、なんとヒトの生血だったのだ。
シーモアは自身の血を与えるが、それだけでは足りない。
そこで、オードリーの恋人で、暴力ばかり振るうS気質の歯医者・オリンを“オードリー�”に与える。
オリンの消失により、シーモアはオードリーと恋仲になるが、
“オードリー�”の食欲は衰えず、その矛先はオードリーに向かう。。。

キャスト・スタッフ

監督…フランク・オズ

シーモア・クレルボーン…リック・モラニ
オードリー…エレン・グリーン
花屋の店長・マシュニク…ヴィンセント・ガーディニア
オリン・スクリヴェロ…スティーブ・マーティン

あらすじ

以前日本でも公演されて、その時のオードリーの声を和田アキ子さんが演じられたことを覚えています。

私は、ホラーは苦手なんです。
ですが、これはホラー・ミュージカルなんて言っていて、コメディっぽいです(笑)。
魅力的なオープニング・ナンバーからして、ホラーという印象は全く受けませんよね。

3人の女の子達は、舞台の進行役で、物語の登場人物に直接関わりません。
構成的に、ドリーム・ガールズっぽいですね(^^;


この映画は、一時かなりハマって、何度も観ました。
何より、アラン・メンケンの音楽が素晴らしいんです!!
この奇想天外な作品と、ディズニーのプリンセス・ストーリーを手がける人が同じなんて、ちょっと信じられないですけれどね(笑)。
サドの歯医者の役者さんのユーモアも面白いし(ショッキングな場面なので動画は載せませんでした)、
謎の怪物植物“オードリー”の声もカッコいいですし、口の動きの精巧さなど、美術さんの腕が光っています!

このオードリー、今でもたまに夢に出てきます笑。

f:id:urara1989:20170129105223j:image
貧民街から抜け出したい気持ちを歌うナンバー「♪スキッド・ロウ」。
この曲の盛り上がり方が、ミュージカルというジャンルの醍醐味のひとつじゃないかな、と、観るたびに思ってしまうんです。

『アニー(1982)』Annie

『アニー』とは

1982年のミュージカル映画
1977年初演のブロードウェイミュージカルを映画化したもの。
アニーのモデルは、新聞に連載されていた漫画。
特に「トゥモロー」は名曲と言われ、スタンダードナンバー化しています。
舞台版は現在でも、世界各国で上演が繰り返されています。

あらすじ
孤児院で暮らす少女アニーは、いつの日か両親が迎えに来てくれることを夢見ていた。
そんなある日、秘書のグレースによって、億万長者のウォーバックス宅に引き取られることになる。
当初、男の子を望んでいたウォーバックスだったが、快活なアニーと過ごすうちに、考え方を変える。
ウォーバックスはアニーの両親さがしに乗り出し、報奨金まで用意するが、
孤児院長のハニガンはそれを悪用することを思いつく。。。

キャスト・スタッフ

監督…ジョン・ヒューストン

アニー…アイリーン・クイン
ウォーバックス…アルバート・フィニー
ハニガン…キャロル・バーネット
グレース…アン・ラインキング
ルースター…ティム・カリー
リリー…バーナデット・ピータース
プンジャブ…ジェフリー・ホールダー
ルーズベルト大統領…エドワード・ハーマン

感想

言うまでもなく、楽しいミュージカル映画です。

世界大恐慌で失業してしまい、泣く泣く娘を孤児院に預けたアニーの両親。

ルーズベルト大統領に、ニューディール政策の元手を渡すウォーバックス。

などなど、1930年代のアメリカが、世界大恐慌から立ち直る過程が背景にあります。


とにかく楽曲が素晴らしいです!!

「トゥモロー」が知名度は高いですが、冒頭の「メイビー」も私のお気に入りです♪


俳優陣では、アン・ラインキングやバーナデット・ピータースなど、

ブロードウェイで、かなーり有名な女優が出演していたりします。(出演時は無名だったかもしれないけれど)

また、アニー役の子役・アイリーンちゃんが何とも愛くるしいです(^^)

うちには20周年記念版DVDがあって、特典映像にアイリーンちゃんの現在の姿が映されているのですが。。。

すっかり素敵な大人の女性になっていましたww

『メイム(1979)』Mame

『メイム』とは

1979年のミュージカル映画
1964年初演のブロードウェイ・ミュージカルの映画化。
舞台版は、アンジェラ・ランズベリーのデビュー作となりました。
楽曲は、ジェリー・ハーマン。

あらすじ
父親と死別したパトリックは、ニューヨークに住む風変りで朗らかなメイム叔母さんの家に預けられる。
当時(1930年前後)のアメリカは世界大恐慌の最中で、
株にたよって生活していた叔母さんは無収入になってしまう。
友人の女優ベラからの紹介で舞台の仕事をもらったり、百貨店に勤めたり、
仕事に挑むもしくじってしまう。
そんな中で、百貨店で出会った大富豪に見初められ、玉の輿に。
しかし、世界旅行の途中で大富豪は不幸に遭い、未亡人となってしまう。。。
どんな困難にも明るく立ち向かうメイムの影響を受けて、パトリックは成長していく。

キャスト・スタッフ

監督…ジーン・サックス

メイム…ルシル・ボール
ボーレガード…ロバート・プレストン
ヴェラ…ベアトリス・アーサー
パトリック…カービー・ファーロング(幼少期)、ブルース・デイヴィソン
アグネス・グーチ…ジェーン・コンネル
イトー…ジョージ・チャン

感想

古き良きミュージカル、という感じ。
『ハロー・ドーリー』などを作曲したジェリー・ハーマンの音楽が輝いていました。
「Open a New Window」「Mame」「We Need a Little Christmas」など。

メイムは、陽気で強いおばちゃん。
ホストマザーと重ねてしまいました。
舞台女優(男優?)のヴェラや日本人召使のイトーなど、面白いキャラの登場人物たちに囲まれて、メイムの人柄がさらに生きていました。
ストーリーは、自伝を元にしているからか、なんとなくまとまりがないけれど、
観た後は、不思議と楽しい気分になれました。

1979年にもなってしまうと、
こういうコテコテのミュージカル映画はあまり受けなくなっていたらしくて、
公開当時はそれほど好評じゃなかったらしいです。
アメリカでも長いことDVD化されなかったくらいなので、日本でDVD化される見込みはほぼ無いんでしょう。